« 今イチオシです ホーリーランド | トップページ | バナー作りました »

祝・バガボンド第二部開始 蒼天航路はいよいよ佳境

今週号のモーニング。いよいよバガボンド、第二部開始でした。武蔵、精悍さ、それと得体の知れない狂気も身にまとって冒頭から早速登場。初期の美少年っぽさからだんだん肉付きの良いおっさん臭さもかもし出し始めて、なんだかとてもいい感じです。あー、小次郎編もわからなくはないけど、やっぱり武蔵が主人公だと読んでる時のテンション違うなあ! 燃えます。伝七郎、清十郎、又八、そして小次郎も早速登場し、たくさんの人物が絡み合う群像ドラマも期待させてくれて、もうわくわく。

今回からロゴも変え、はっきりと「第二部」という扱いになるようです。第二部は先週号のアナウンスによると「吉岡道場編」。一番血みどろの一番華のある部分だと思うので、どう盛り上げていくのか今から非常に楽しみです。そういえば第一部の武蔵編は、なんか「命のやり取り」と言いつつ人気キャラの命は落とさせない展開が微妙にジャンプ臭くて気になっていたのですが、今週は冒頭から重要キャラをバッサリ。殺しまくりの小次郎編を経て変なリミッターが解除されたようで、ちょっとホッとしてます。

そして、完結に向けてどんどん盛り上がってくる蒼天航路! 今週号、とうとうあの曹操が倒れた・・・!? 

漢中王宣言から関羽挙兵、そして魏国包囲網への展開は、曹操の死、そして連載終了に向けてこれ以上ないほどの最後の盛り上がりを見せてくれています。曹操最大の危機。史実を知っていても、「これひょっとして劉備が天下取っちゃうんじゃないの?」とドキドキしちゃうところが凄い。横山三国志や吉川三国志が軽く流してしまった「漢中王」と言う意味を、ここまでクローズアップしてくれたこの展開は、まさに「やってくれた」と言う感じです。痒いところに手が届く蒼天航路。連載終了はとても寂しいですが、ラスト、とても楽しみにしてます。

近々三国志と蒼天航路についてちょっと書くかも。書くことは決まっているんですが、長くなりそうな気もするんで後回し中。もし書いたら読んでね。

|

« 今イチオシです ホーリーランド | トップページ | バナー作りました »

☆蒼天航路・三国志」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106381/4220170

この記事へのトラックバック一覧です: 祝・バガボンド第二部開始 蒼天航路はいよいよ佳境:

» バガボンド [spider]
バガボンドが連作再開です。武蔵が冒頭から登場し、荒れ狂う狂気を内包したような、目つきで、清十郎とのやりとりもあり、清十郎はあいかわらず、そんなものをものともせず・・・。たくさんの人物が絡み合う群像ドラマも期待させてくれて、もうわくわく。 原作である、吉川... [続きを読む]

受信: 2005年5月22日 (日) 11時47分

» バガボンド [Nの鼓動]
つ、ついに・・・始まりました!!バガボンド VAGABOND今週号から連載再開!!いつかいつかと待ちましたよ!井上さん!!連載再開おめでとうございます。これからも頑張ってください!!舞台は京に移りましたね。そう、吉岡伝七郎との再決闘(?)をするために。吉岡清十郎も出てきた... [続きを読む]

受信: 2005年5月23日 (月) 00時07分

» バガボンド [マンガの知識館]
バガボンド『バガボンド』は井上雄彦による漫画作品。かの剣豪宮本武蔵を主人公として兵法家達の生き様と葛藤を描く。現在週刊モーニングでは休載中。*2002年、第6回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞。吉川英治の小説『宮本武蔵』が原作となっているが独自の解釈が加えられており、そのため表題は「宮本武蔵」ではなく「...... [続きを読む]

受信: 2005年6月 7日 (火) 06時58分

« 今イチオシです ホーリーランド | トップページ | バナー作りました »