« しつこく名劇話 | トップページ | カイサン »

太陽系第10番惑星

気分を変えて心はマロクールから一気に宇宙へ。宇宙の海は俺の海。

一応宇宙関連の記事はチェックしてるつもりだったんですが、スペースシャトルにかまけてなんだかちょっとした大事なニューススルーしちゃってましたよ。

みなさんは知ってましたか?

去る2005年7月29日、NASAがついに太陽系10番目の惑星発見発表したそうなんです。

イヤーすっかり乗り遅れた。

このまま行けば、1930年の冥王星の発見以来、実に75年ぶりの新惑星追加、と言う事になります。名前はなんになるんだろう。やはり「雷王星」「魔王星」がいいな。

……

って、以前にもこんなニュース、見たことありません?

そう、実はこういう「第10番惑星発見か!?」ってニュース、最近ではしょっちゅうありました。クワオワーとかセドナとか。が、これらの天体は冥王星より小さかったため、結局「小惑星」という扱いにとどまることで決着しました。このブログでも最初の方に、その事について書いた記事があります。 (2005年5月10日 セドナ を見ていただけると有難いです。) 

観測技術の発達により、今ではこの宙域には冥王星レベルの大きさの小惑星いくらでもあることが明らかになっていて、それらの小惑星群は「カイパーベルト天体」と呼ばれています。発見されたクワオワーやセドナもその一員、いや、分類的には、冥王星すらその一員と見るのが正しいようです。

じゃあ、今回は「クワオワー」「セドナ」のときと、何が違うのか?

いえ、今回の発見も、おそらく本質的にはまったく変わりません。

ただ、観測していた小惑星のうちの一つが、

「あ、この小惑星、なんか冥王星より大きいっぽ(´∀`)」

ってのがわかっただけなんです(笑)。

まあただそれだけのこととは言え、冥王星が「惑星」な以上、もしそうならこの新天体も「惑星」にするのがスジなんじゃアルマイカ!…と言うのが、今回のミソなのです。

でも正直、今回のもどうなるか、まだわかりません。それこそ冥王星も含めてこの「惑星」の扱い、専門家でもどうするか、意見の分かれるところなのですから。

さて、最近騒がれた天体の数字をざっと挙げると…

sedna-comp-300-240

●クワオワ-直径1300㎞

●セドナ   直径1700㎞

●冥王星  直径2300㎞

●新惑星  直径2700㎞

です。ちなみに

●地球    直径13000㎞

●月     直径3500㎞

(画像はセドナ発表時のもの。画像の数字の単位はマイル。 (C)NASA/JPL-Caltech )

…うーん、やっぱり新惑星も冥王星も含めて、「小惑星」と見る方がスッキリするような気がします。

第10番惑星と言ってもいまいち盛り上がらなかったのは、こんなわけ。それよりも僕としては、この調子でこのレベルの天体を惑星扱いにしていったら、20年後には太陽系惑星は100や200のメンバーを持つことになりやせんかな~と心配しています(笑)。多分このレベルの大きさの小惑星は、今後指数関数的伸びでどんどん見つかるんじゃないかと…。多分そうなる前に冥王星が惑星の座を下ろされることになる気がするんですが、それはそれで寂しいですね。とりあえず漫画に係わる者としては、「セーラープルートどうしましょうか」と言っておきます。前も言ったような気がするけど。

|

« しつこく名劇話 | トップページ | カイサン »

♯宇宙・科学」カテゴリの記事

コメント

「雷王星」で雷撃戦!よくわかんないですけど、凄そうなので、こっちがいいですよ。
某セーラー戦士は、多分いまでは、NASAのえらい人にもOTAKUが入り込んで、その名前を消してはイケません、とか言ってるハズ。いや、ロシヤの方からの圧力が凄いかも知れません。
いつも、バカな、コメントでゴメンね(^_^;

投稿: kina | 2005年8月 8日 (月) 04時56分

おばかなコメント大歓迎です(笑)。
知り合いの漫画家さんのまじめな日記を読んで
「俺っていったい__| ̄|○ 」
ってなることも多いんで(笑)。

OTAKUには頑張ってもらって、是非雷王星を実現させてもらわねば。
…って、調べて見たらトップって、

魔王星 Lucifer・智王星 Metls・神無月星 Kaminatukisei・
雷王星 Jupiter2・ねめしす Nemesis

なんですね(^^;)。雷王星はJupiter2かあ。無理かなあ。

宇宙ネタとしては、スペースシャトルもそうですけど、最近では
>>「最も「地球似」の惑星発見 太陽系の隣に」
がエキサイティングでした!

投稿: TAK@森田 | 2005年8月 8日 (月) 05時31分

追記:
野口さんのスペースシャトル、今日帰還か・・・
前回が前回だから、結構ドキドキです。

投稿: TAK@森田 | 2005年8月 8日 (月) 05時53分

このドキドキは、やっぱ(以下略
でもさ、魔王星が、いいなら、悪魔君もイイじゃん。とか、思っちゃうんですよ。
人間は、せいぜい100年ですけど、星は「暗黒神話」で実証されてる、だけのこるもんなあ(爆)
だからといって、神無月やねめしすってのも、センスがないし、智王星に至っては、何が言いたいのか解らない(多分そういう意味では名前は付けないと思いますが)、と思うし。
でも、ねめしすってちょっとエロイからいいかも、って某マンガ家が絡んでたりして(笑)

投稿: kina | 2005年8月 8日 (月) 06時10分

>このドキドキは、やっぱ(以下略

シャア少(以下r

いや、マジで嫌です(笑)。

個人的には、「魔王星」っていう
ちょっと神話的なおどろおどろしさをもった名前も面白いんじゃないかと思いますが、でもまあ、西洋人が「ルシファー」はつけっこないかなー(笑)

どうももうギリシア・ローマ系の神様の名前は使い尽くされてるらしいですね。
ホントはプルートの伴侶として「ペルセポネー」あたりがいいみたいだけど、それももう小惑星かなんかで使われてるらしいです。
「セドナ」もイヌイットかなんかの女神らしいし。苦しくなってきたなー。

~王星って言うのは、やっぱり惑星と決まってあっちでの名前が決まったあと、日本で和名を考えるんでしょうね。センスあるのを付けてくれたらいいんだけど。

投稿: TAK@森田 | 2005年8月 8日 (月) 06時38分

訂正。和名というか、基本的には中国名らしいです。
陰陽五行説とかのアレか。

「冥王星」は日本人がつけたらしいですけど。

投稿: TAK@森田 | 2005年8月 8日 (月) 06時58分

ヘカーテあたりはどうかと思うのですがきっともうあるのでしょうね。

投稿: るっか | 2005年8月 8日 (月) 11時30分

残念!「ヘカテ」がありましたー。
記念すべき小惑星番号100番。

↓とりあえずここなどに由来など載ってます。
http://www.levy5net.com/space/asteroid/asteroid-1.htm

ちなみにヘラとかアルテミスも103番とか105番の小惑星程度に使っちゃってるんですね。
案外雑多。

投稿: TAK@森田 | 2005年8月 8日 (月) 12時31分

Lucifer=ルキフェルもあった・・・ローマ神話の方だけど。
小惑星番号1930番。

投稿: TAK@森田 | 2005年8月 8日 (月) 12時45分

す、すみません思わず初カキコです。
世の中そんな話題があったとは・・・なんかちょっと感動しました。
ニュース観なきゃですねえ、「大盛りの店」特集なんか口あけて観てる場合じゃないすね。
(「許せない!交通無法地帯」とか・・・)

投稿: 円茂竹縄 | 2005年8月 8日 (月) 15時55分

おおっ、思わぬいい反響。
控えてたけど、今後も宇宙系の話題載せていこ。

>ニュース観なきゃですねえ

いやいやいや、単に宇宙好きなだけです(笑
多分そんなに一般的な話題じゃないっすよん。

むしろ興味ある方向が浮世離れしすぎて困る。

投稿: TAK@森田 | 2005年8月 8日 (月) 20時05分

アルテミスが小惑星程度なのですねー。
月の女神なのにねー。
ルキフェルもあるんですかー。
じゃあ、もうエジプト神話あたりから、オシリスとかねー。白人はやらないかな。
イシュタルなんかも好きなのですが、ってあたしの好みはどうでもいいっすね、_| ̄|○

投稿: るっか | 2005年8月 9日 (火) 04時45分

いやもーなんか、小惑星って万の単位で数えるほどあって、すでにメジャーな神話の神は使われきっちゃってるらしいんですよー。
10604番「スサノオ」とかそんなのまであります。
「オシリス」とか「イシュタル」って存在感とかいい感じなんですけどねえ。それぞれ1923番、7088番にありました。

細かい小惑星にメジャーどころを無造作に使いすぎてますよね~(笑)。
ジュピター(木星)とは別に、同じ神格の「ゼウス」(5731番)もあるんですもん。もうわけわからん!

それどころか6880番「早見優」とか12796番「仮面ライダー」なんてのまであります!!!
もう末期症状ですな(笑)。

クワオワ―はネイティブアメリカンの神、セドナはイヌイットの神ってことを考えると、またこのあたりの超マイナーな神様から引っ張ってくる可能性が高いです。

投稿: TAK@森田 | 2005年8月 9日 (火) 06時11分

トラバありがとうございました。
冥王星彗星説は聞いた事があります。
だとしたら今回の新惑星も彗星に?
いずれにしても新たな発見はワクワクさせてくれるものです。
また、時々お邪魔させていただきます。

投稿: daru | 2005年8月 9日 (火) 17時25分

このコメント覧なかなかタイムリーなので、age。
うおっと、daruさんにレスつけていませんでした!
すみません…。

冥王星彗星説>
そう見たほうがスッキリしそうですね。
今ではあの辺の天体をまとめて「エッジワース・カイパーベルト天体」と呼んでるようです。冥王星も実質その仲間かな。

さらにその外側に、球体状に「オールトの雲」という彗星の巣があるようですね。

投稿: TAK@森田 | 2006年8月25日 (金) 08時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106381/5359679

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽系第10番惑星:

« しつこく名劇話 | トップページ | カイサン »