« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

クライマックスU.C.第7話今日発売

7話、今日発売です。話は佳境に入ります。感想よろしく~!

今月の似てね絵…

Cuc0701

| | コメント (10) | トラックバック (0)

やっと収まるところに収まった 冥王星除外

幼少の頃、カール・セーガンの「コスモス」を見て以来、こういう宇宙系の話題にはどうしょうもなくワクワクしてしまうのですが、さて、昨今話題の新惑星問題。

新惑星の話題にはこのブログでもカテゴリー「# 宇宙・科学」コレ(2005.05.10 セドナ)とかコレ(2005.08.08 太陽系第10番惑星)とかで書いてきたわけですが、まあ、結果は、「収まるところに収まった」と言う感じですねえ。上のエントリーで僕は

★★★★★★★★★

…うーん、やっぱり新惑星も冥王星も含めて、「小惑星」と見る方がスッキリするような気がします。

第10番惑星と言ってもいまいち盛り上がらなかったのは、こんなわけ。それよりも僕としては、この調子でこのレベルの天体を惑星扱いにしていったら、20年後には太陽系惑星は100や200のメンバーを持つことになりやせんかな~と心配しています(笑)。多分このレベルの大きさの小惑星は、今後指数関数的伸びでどんどん見つかるんじゃないかと…。

★★★★★★★★★

と書いてたんですが、まあ、分類って観点からすると、どう考えてもそれがスジってもんです。「セレス」「カロン」「2003UB313」を加えるって聞いた時は「やめとけやめとけ」と思いました。数年後には収拾つかなくなるって。 

しかし、やっと朝のワイドショーとかでやるくらいメジャーな話題になったなあ。でもさ、「2003UB313」は仮名だ、って、誰か突っ込んでやれよ・・・なんだよ、このまま子供に暗記させるって。__| ̄|○

冥王星(これからは和名で呼ぶのをやめて「プルート」って呼んだ方が実情に合ってるかもね)級の小惑星は、最近見つかったのだと「クワオワー」「セドナ」などがあるわけですが、この「2003UB313」の名前は、決まったらちゃんと大きく報道して欲しいです。惑星の座は射止められなかったとは言え、天王星以来では、太陽系最大の天体の発見なのは確かなんですから。

もともと「惑星」って、「惑う星」と書くだけあって、古代から肉眼で見えていた動きの奇妙な星、水・金・火・木・土 がメインなわけなんですよね。西洋ではこれにギリシャ・ローマ神話の主神たち(マーキュリー・ヴィーナス・マーズ・ジュピター・サターン)の名前が与えられ、中国(東洋)ではこのように陰陽五行説から名前が与えられた。(これに太陽(日)を加えて、月・火・水・木・金・土・日一週間になるわけです)

ルネッサンス期以降になって望遠鏡、物理学・天文学の発展やボーデの法則の注目により、天王星(ウラノス)海王星(ネプチューン)、そして冥王星(プルート)が見つかったわけですが、極端な話、歴史的観点からすると「惑星」と呼ぶのはもうもとの5つでいいんじゃないかとすら思えるんですよ。

プラス、火星と木星の間にある小惑星アステロイド・ベルト天体(セレス・パレス・ヴェスタ・ジュノー30万個以上)土星以降の惑星(天王星・海王星)海王星以降の小惑星エッジワース・カイパーベルト天体(プルート・カロン・クワオワー・セドナ無数)があるよ、と言う教え方にしたらいいのに。(この辺は興味ある人だけおぼえればいいっつー事で。) これだけ観測技術が発展した昨今、残念ながら多分、天王星・海王星級の惑星の発見はもうないよ。雷王星・魔王星の夢は捨て難いけどさ…。

この他にも太陽系の家族としては彗星オールトの雲衛星などが多数存在するわけで、とにかく大小さまざまな星やら岩やらゴミやらガスやらがぐるぐるぐるぐる太陽の周りをまわってるのが太陽系なわけで、新発見の小さな天体を「惑星と呼ぶかどうか」というのはさして気にならなくなってきた昨今でした。呼び方変えても実態が変わるわけじゃなし。

冥王星を惑星と言い張ると、「内惑星は地球型惑星、外惑星は木星型ガス惑星」と言う太陽系の構造上のイメージが混乱するので、寂しいけど妥当な処置だと思います。

しかし、ガミラスはなんであんなところに基地を作ったんだろうか(´Д`;)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

コミックスの直し大変です

描き足し10ページくらいするので、、、どおか買ってね!(はあと)

コメントやメールくださった方、お返事もうちとお待ちを!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブライト艦長

原稿中だったので今更になっちゃいますが…

ブライト艦長。鈴置洋孝さん。

早い。早すぎるよ。まだお若いのに。信じられない。

ブライト艦長は、ガンダムの、U.C.サーガの、裏主人公であったと思う。(全部出てますもんね。) 小さい頃アムロの立場で見てたときは、ブライトは怖くてピリピリしてて嫌いだった。ある程度成長して大学時代に見直した時には、ブライトがまだ19歳だと知り、その若さであの重責を精一杯果たそうとしているからこそピリピリしてたのだと知り、それからどうにもたまらなく好きになっていった。逆シャアで、シャアに「やるな、ブライト!」と言われたときは、自分のことのように嬉しくなったものだ。年月を経て、あのシャアにも一目置かれるほどの男になっていたのだと。

「なにやってんの!」「殴られもしないで!」「勘弁してくれよ・・・」ブライトさんの名台詞の数々、思い出すと頭に流れるのは、当たり前ですが鈴置さんの声です。鈴置さんの声以外考えられない。…もうU.C.モノの新作は不可能ですね。いつかはジ・オリジンのアニメを!…と思っていたけど、セイラさんもブライト艦長もマ・クベもいないファーストは、やはり見たくない。偉い狭量に聞こえると思いますけど、やはりそれが正直な気持ち。

銀英伝ファンでもある僕にとっては、イワン・コーネフでもありルパート・ケッセルリンクでもありました。その他にも、天津飯、ドラゴン紫龍、日向小次郎…と、僕らの世代のアニメを語るには欠くことのできない方です。

ご冥福をお祈りします。

P.S.

クライマックスU.C.第7話、無事完成いたしました。発売日をお楽しみに!

ただいまコミックス1巻用の修正作業中です。

出たら買ってくださいね!(笑)

よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »