« やっと収まるところに収まった 冥王星除外 | トップページ | ジョジョジョ »

クライマックスU.C.第7話今日発売

7話、今日発売です。話は佳境に入ります。感想よろしく~!

今月の似てね絵…

Cuc0701

|

« やっと収まるところに収まった 冥王星除外 | トップページ | ジョジョジョ »

◆◆森田崇作品関連◆◆」カテゴリの記事

☆機動戦士ガンダム」カテゴリの記事

コメント

お、ようやくパミルにスポットが当たりましたね。
タチバナ小隊のムード・メーカー、脳天気でお調子者のパミル。
今日も今日とて、愛と~笑い~を振り~まくの~♪


( Д )  ゚  ゚

お、女がいるんだ…
しかもパツキン!
何と云いますか、お笑いタレントの実生活を垣間見てしまった気分ですw


( Д )      ゚  ゚

ちょ、ナギサァァァァァァァ!!

 むーざん むーざん(byシ○ルイ)

ナギサがどんな人物だったのか、よく判らなかったのがちょっとだけ残念です。
“故郷でカムナの帰りを待っている幼馴染みの婚約者”という設定の概要は知っていますが、カムナを“様”付けで呼ぶあたり、(タチバナ家と釣り合うような)良家のお嬢様だったのでしょうか。


( Д )          ゚  ゚

ちょ、パミルゥゥゥゥゥゥゥ!!

ううむ、ここから崩して来ましたか(^^;
ゲーム原作がある以上、タチバナ隊だけは安泰と思っていたので、これは意表を突かれました。
まァ、そもそもひとつの小隊が14年間存続するってのがあり得な(以下略
不安をかきたてられる一方で、お話は辛口展開で引き締まった感じですね。
果たしてパミルの復帰はあるのか、それともこのままパンナコッタ・フーゴと化してしまうのか(謎
ああいうリアクションしちゃうのは、ある意味パミルが素直な証拠って気もしますが。

そして、なるほどここでカムナはエゥーゴ入りとなるわけですね。
パミルとの訣別が感情的に後押しした形になってて、カムナの変節にも俄然説得力が出ていると思います。
この辺りの構成の巧みさは、お見事というほかありません。

欲を云えば、パミルは超能力マニアという設定を活かせていたら、エリート願望の前フリになってたかも知れないなァ…なんて今さらながらに思います。
そんな事を詰め込む余裕があったかというとゴニョゴニョですが(^^;

> 今月の似てね絵…
コレは気付きませんでした、再チェックしてみまそ(^^;

投稿: ギムG | 2006年8月28日 (月) 15時55分

シグルイ全巻持ってます(ww

ナギサ>
ああっ、ホントにもうちょっとちゃんと描き込みたかったなあ。
いろいろ考えてはいたんですが、うーん、こうなっては
まあ全部言っちゃうのは野暮なんで、描かれたところからいろいろ想像してください。スミマセン(^^;)。

パミルとの流れ、部隊を割る事はごく初期に決まってた指針の一つでしたが、
今回までスポット当てられませんでしたねえ。
(基本的にやらなきゃいけないことが多すぎてキツキツ(^^;)。
時代飛ぶしなあ―)
その代わりといってはなんですが、今回はガッチリとパミルの心情を描く事にこだわりました。

>まァ、そもそもひとつの小隊が14年間存続するってのがあり得な(以下略

あはは。これはゲームの設定を頂いた時、まず「うーん」と唸った部分でもありました(笑)。ゲームだとアリなんですけど、漫画に描く時「これはあり得るのか?」という(笑)。監修のOさんもそこにこだわっておられて、なんとか不自然じゃないように心にかけていたつもりではあります(^^;;)。

ただ、黒い三連星やランバ・ラルの部下達見てても結束強いんで、案外アリなのかな、と最近思ってます。

もう一つ頭を抱えたのは嫁問題ですね(笑)。ある時期までお相手の正体は引っ張らなきゃいけないわけですが、十ウン年間もお前らみんな誰とも付き合ってないのかよ、ってゆー風に見えるのは避けたかった、ってのがあるかも(笑)>パミル

投稿: TAK@森田 | 2006年8月28日 (月) 17時22分

再チェック完了。
少尉、こんなところ(フキダシの下)に(^^;

> 描かれたところからいろいろ想像してください。
カムナが日本生まれだから、ナギサもてっきり地球在住だと思っていたので、サイド2の18バンチにいたことが驚きでもありました。
きっと彼女にも、いろいろあったのでしょうねェ…。

> なんとか不自然じゃないように心にかけていたつもりではあります(^^;;)。
前話でも、カムナはダカール守備隊に配属されてましたね。
いろいろ工夫されてるんだな~と思いました。

> 基本的にやらなきゃいけないことが多すぎてキツキツ(^^;)。
いやァ、ホントに。
ゲームだとサラッと流せるけど、コミックではそうはいかないってことが多そうです。
しかし、パミル離反とカムナ負傷をひとつのシーンとしてまとめるなど、再構成は非常に巧妙だと思います。
次回がますます楽しみです♪

投稿: ギムG | 2006年8月31日 (木) 11時49分

いつもクライマックスU.C楽しみに見てます。
一年戦争からF91までのカムナの足跡が漫画で見れる・・・
そうゆう大河ガンダム漫画って、いままで無かったので、
そしてこれからも無いと思いますので、毎回ワクワクして
見てます!!コミックス絶対買います!!!
このブログにも、ときどきコメントきま~~す!

投稿: とらまる | 2006年9月 1日 (金) 00時38分

ギムGさん>
再チェックありがとうございます(笑)。
まあでも似なかったっす…(^^;)

やらなきゃいけないこと>
ガンダム設定を知り尽くしている人向けだけじゃなく、一般の人がこれだけ読んでも一応話が通じるようにしなければ、と言うのにも四苦八苦しています。(これは一応サンデーやスペリオールで学んできた僕の漫画に対するこだわりです) その辺、編集さんなどはずっとガンダム漫画やってて麻痺してて、マニアに受ければいいやと思っている部分があるんで、その部分だけはちょっと僕の方で空回り気味ですね(苦笑)。本当は作家が突っ走ってて編集が客観的な一般読者視点を持っているのが理想的だと思うんですけど、でもまあ、ガンダムエースの場合読者がガンダムファンなんだから、これでいいのかも。ウーム。
基本的に僕もマニア気質なので、最近知識が増えれば増えるほど麻痺してきててそうで、ちと怖いです(笑)。

できれば「これを読めばなんとなくしか知らない人でも、U.C.の歴史的な流れを俯瞰できる」作品になれば…と思っているんですがねえ(笑)。

とらまるさん>
いらしゃいませ! 書き込みありがとうございます!

>そうゆう大河ガンダム漫画って
そう!そうですよね。僕もこの企画でそこに一番魅力を感じました。もうすぐコミックス出るので、お友達とかにそこをウリに薦めて頂けると(笑)。ただ、基本的に全2巻程度のボリューム、と言うことで駆け足なのが辛いですね__| ̄|○。同じコンセプトで全15巻くらいでゆったりやってみたいなあ。アナハイムとか連邦のトップとか政治家とかも絡めて、「蒼天航路」みたいに。

>このブログにも、ときどきコメントきま~~す!
是非お願いします(^^)ノシ

投稿: TAK@森田 | 2006年9月 1日 (金) 12時16分

あわわわわ。
今さらですが、2つほど読み違えていたところが(^^;

> ナギサもてっきり地球在住だと思っていたので、
ちゃんと前回で、花嫁修業と避暑を兼ねてサイド2の別荘に来ていたって説明されてましたね。

> パミル離反とカムナ負傷をひとつのシーンとしてまとめる

って、カムナ
 負傷してないやん Σ\(- -;)ビシッ

ううう、2回も大ボケを…ワケワカメなコメントになってしまってすんませへんです。
どこでどう間違ったのやら、思い込みって恐いですね。

> 一般の人がこれだけ読んでも一応話が通じるようにしなければ

同感です。
エンターテインメントには様々な形があっていいと思うのですが、こと不特定多数をターゲットとするマス媒体で、しかもジュヴナイルをやる場合に限っては、送り手が最大限の配慮をするべきでしょう。
(ガンダムをジュヴナイルじゃないと思ってる人が多いことも問題ですが( ̄^ ̄;)

受け手が大人ならいーんです、それをどう読もうとも自己責任ですから。
しかし、未成年相手の場合、送り手が必然的に全責任を負わねばなりません。
特定少数にだけわかればいい、わからない人は切り捨てるというのは、送り手のエゴです。

そして、ガンダムが25年もの間存続できた理由の一端には、ジュヴナイルからの逸脱がなかったことが挙げられると考えています。
森田先生には今後とも、不特定多数の読者を意識した作品創りを目指していただきたいと切に願っております。

あああ、またエッラそうな事を書いてしまった…
すんませんすんません orz

投稿: ギムG | 2006年9月 3日 (日) 18時34分

特にクライマックスU.C.の場合、ファースト、0083、Z(ZZ)、逆シャア、F91と、これだけのシリーズにまたがった話ですからねえ(^^;)。これ全部細かいとこまで把握している人しか理解できない漫画にしてしまったら、ハードルが高くてしょーがないと思いますもん(笑)。そこまで読者を限定してどうすると(笑)。さすがにガンダム全く興味ない人は読まないと思うけど、少なくとも最低限、「ファーストは大ファン、その他も一応見てるけどなんとなくしか覚えてないよ」くらいの人にはスルスル読めるようにしないと、話にならないと思う…。漫画内だけで漫画のストーリーに必要な情報が完結せず、「その辺はアニメ本編を参照して」みたいな作りは言語道断だと思ってます。とは言え限界あるけど・・・

ただ、それはそれとして、マニア心をくすぐる部分はガシガシ入れたいってのもあるんですけどね(笑)。自分も気質はマニアックな人間だから、その辺の嬉しさは良くわかる。それに、数あるガンダム作品がある中でこの「紡がれし血統」だけのウリがなければ、ファンの方からご贔屓にしてもらえませんし。「詳しくない人にも一つの漫画としてスルスル読めて、詳しい人はニヤリとする」これができれば理想なんだけど(笑)。

>> ナギサもてっきり地球在住だと思っていたので、
>ちゃんと前回で、花嫁修業と避暑を兼ねてサイド2の別荘に来て
>いたって説明されてましたね。

いやあやっぱりですね、セリフだけでちょっと触れただけじゃ足りないんです。ちゃんとシーンとしてナギサの生を描き込まなきゃ。
こちらが悪いです。申し訳ないです…m(__)m

いろいろ考えては…考えてはいたのですよ~(´Д`;)

>森田先生には今後とも、不特定多数の読者を意識した作品創りを
>目指していただきたいと切に願っております。

ういっす、がんばりまーす!

投稿: TAK@森田 | 2006年9月 4日 (月) 05時30分

はじめまして,HongDa Yehと申します,台湾人てす.
HPとGundam エースのクライマックスU.C.紡がれし血統
拝見させていただきました. ナナちゃん~すけ かわいい
可愛いキャラ 生くてください
Σd(T-T)グッジョブ!いつも応援です。
よろしくお願いします。

投稿: HongDa Yeh | 2006年9月 9日 (土) 16時45分

Good HP-Link Share
ガンダムF90ヴェスバーは 僕一番すき機体
01. http://g-soldier.com/gunpura/F90V.html
02.オリカ工房http://sky.geocities.jp/casablanca_reine/card/top.htm
03.GWorkia
http://www.gran-ignista.net/tamaorika/oritop.html
04.Wonder Excellence http://f7.aaa.livedoor.jp/~mesarion/gallery2/gallery.htm
05.ART-MANIA
http://fellows.freespace.jp/ART-MANIA/index_1.htm

投稿: HongDa Yeh | 2006年9月 9日 (土) 17時36分

HongDa Yehさん>
いらっしゃいませー(^^)。
おお!!! 海外の方の書き込み!!? 感動。
日本語できるのですか。凄い・・・
僕は語学苦手なので、できる人尊敬しちゃいます。

>ナナちゃん~すけ かわいい

おお。
僕女の子可愛く描くの苦手と思ってるんで、
こう言って下さると嬉しいです(笑)。
(でもキャラデザの方の功績かもなあ・・・(笑))

これからも宜しくお願いします! m(__)m

投稿: TAK@森田 | 2006年9月10日 (日) 13時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106381/11597006

この記事へのトラックバック一覧です: クライマックスU.C.第7話今日発売:

« やっと収まるところに収まった 冥王星除外 | トップページ | ジョジョジョ »