« 入植 | トップページ | しりーん »

「のだめ」やめられない止まらない

Nodame08 「のだめカンタービレ」3~8巻購入。とりあえずもう2冊だけ買って来ようと思っただけなのに、本屋ついたらついつい6冊も手にとってレジへ。表紙の楽器持ったのだめが、どれも実に楽しそうにしてるんだもん。

あっという間に読了。おもしろい。するする読める。もう一度言う、「これがメジャーになる漫画というものか」。 ゲラゲラ笑える。そして千秋たちのステップアップに結構燃える。指揮者ってこういう位置づけなんだ。知らなかったー…。(そう言えば昔「指揮者が一番偉いんだよ」って聞いた事があったなあ) 前回ちろっと書いた「飛行機恐怖症」のトラウマ内容も、やっぱりフォローが描かれてちょっと重みがついてました(笑)。

今回読んだ部分では、「才能の義務」と言うものも考えさせられました。(ってほど考えて読んでるわけじゃなくて、大半はゲラゲラ笑いながら読んでるんだけど(笑)。)

千秋はまわりのおせっかいを「うざい」と思うものの、自分ものだめの才能をなんとかしてやりたいと思う気持ちがあり、その事でまわりの自分への気持ちにも気づく、という場面があります。

僕は最近まで「本人が生きたいように生きるのが一番良い。それを周りがごちゃごちゃ言うのはおせっかいだし、無意味なんじゃないか」と思っていたのですが、「このまま埋もれさすにはあまりにももったいない」と言うレベルの才能の前には、その論理は色あせますね。本人のやる気に関わらず周りがそういう気持ちになる意味が、少し実感できた気がします。

しかしのだめ、ほとんど弾いてる場面ないなあ(笑)。

|

« 入植 | トップページ | しりーん »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106381/12910903

この記事へのトラックバック一覧です: 「のだめ」やめられない止まらない:

« 入植 | トップページ | しりーん »