« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

NHKドラマ「坂の上の雲」

頼むからまともなもの作ってくださいよNHK。

「坂の上の雲」の不安

↑のような記事もあってやな感じ。まあゲンダイネットの言う事だから…という気もするが、今回は内容的にはまっとうな事言ってる気も。少なくとも中途半端な予算じゃ日本海海戦なんかしょぼい映像しか作れっこないんじゃなかろうか。(と言うか期待する方が間違ってる?) でも一応欠かさず受信料払ってる身だから、これくらいは言いたくなる。「坂の上の雲」には思い入れもあるし。

「男たちのYAMATO」や「硫黄島からの手紙」もいいけど、荒波を切り抜けて勝ち残った時代だってあったのだ。大和よりも三笠、46センチ砲より東郷ターンですよ(笑)。反省も大事だけど、「ダメだダメだ」だけじゃ何も生まないと思うの。うちらの世代はその刷り込み教育が酷すぎましたけどね。てなわけで、このあたりの時代も凄い映像で見てみたいもんです。うまくやったらラスト盛り上がると思うなあ。

とは言えドラマとして作りにくそうだなあと思うのは、この話、司馬遼太郎先生の原作はキャラ主体で作られていないこと。「竜馬がゆく」や「燃えよ剣」などはそのまま話なぞっても面白いと思うけど、「翔ぶが如く」などの後期の司馬先生の作品はかなり「歴史随筆」成分が濃厚で、ドラマとしてまんまやるのは難しいと思うんですよね。かと言っていわゆる「司馬成分」が抜けて全くのオリジナルになっちゃってもどうかと思うし…。

この作品も、どの紹介見ても「主人公は秋山好古、秋山真之、正岡子規の三人」と書いてあるが、正直言ってこの3人は、導入部に過ぎないと思う。時勢風雲急を告げて話が面白くなってくる頃には、子規は死んじゃってるし、好古・真之兄弟も日本と言うタペストリーを織り成す一要素になってしまっているしで、このキャラを通して話を味わう事は難しい。むしろ203高地での乃木・伊地知や児玉源太郎の方が、キャラのドラマが話そのものの行方に直結していて面白い。

結局主人公は「日本」、と言うしかない物語なので、人間ドラマとしては非常に作り方が難しいと思う。うまいことやってくれたらいいけど。

あと、映像と演出。こう、メリハリ付けたぐりんぐりんかっちょいいカメラワークに出来んものでしょうか。大河ドラマ見てるとノリがまったりしすぎて眠くなるんすよね…。

最近職場で見た「大奥」(主演・松下由樹さんの、春日局のやつ)が、かなりしまりのあるシナリオと演出でぐっと引き込まれて面白かった。民放だけど。このくらいの緊張感あるノリで「坂の上の雲」作ってくれたら、俺なんか大喜びなんですが。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ラスト1個

ROXIK | PICTAPS。「紡がれし血統」から、ナナ嬢。↓

大きいサイズで見たい時はこちらから

ナナ狂乱。踊れ踊れィ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

もう一個作っちゃった

ROXIK | PICTAPS。もう一個作っちゃった。↓

大きいサイズで見たい時はこちらから

バグなのか、顔が塗られない。俺ちゃんと塗ったのに。

リンク先に飛ぶとちゃんと塗られてるのが見れます

しかしこういうのには、よつばが実にはまりますね。楽しそうだ

★知らない人いないと思うけど勝手に描かせていただいたので一応宣伝

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おもろいサイト見つけた

仕事がちゃきちゃき進まない。ダメ人間モード突入中。

ネットさまよってたら面白いページ見つけた 自分で描いた落書きが踊りだします

ROXIK | PICTAPS 行ってみ 行ってみ

俺も作ってみたよ。 ↓ 

大きいサイズで見たい時はこちらから

しまった。ザク描けば良かった。ガンダム多すぎ!

「…仕事進めなさい。」「はい。すみません。」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヤン提督

古いデータからこんなのが出てきたんでアップしておく

Yoshidasennshanoginneidenn_1 

高校3年~大学1年の時あたりに描いたものだと思う

授業中 勉強もせずにこんな事ばっかりやってた

バカだ 本当にバカだ

…ところで。

銀河英雄伝説 出版社を移籍して復刊

銀河英雄伝説が出版社を東京創元社に移して復刊するそうで。

表紙はなんと、「2001夜物語」「サーベルタイガー」等のマニアックハードSF漫画の第一人者、星野之宣先生!! これは喜ばしい。

現在銀英伝は道原かつみ先生が表紙を描いた徳間書店デュアル文庫版が手に入る唯一の版なのだそうだが、これは装丁からなにからジュニアっぽさ女子中高生向けっぽさがバリバリで、加藤直之先生画のハードSFっぽい装丁で銀英伝に触れてきた俺らには寂しい限りだった。今回のコンセプトはそういう俺らみたいな層に向けた新版のようで(ソース・田中芳樹先生作品管理会社ブログ「とある作家秘書の日常」)、嬉しい。銀英伝を野郎の手に取り戻せ!! 徳間ノベルズ版持ってるけど、買いなおしてもいい。

ちなみに俺上で「ハードSFハードSF」言ってますが、銀英伝の面白さは歴史物としてのそれであって、ハードSFとしての面白さではないと思ってます。確か作者さま自身もあとがきで「わかっててやってる」と言う趣旨の事をおっしゃってたので、その辺は緩い目で見た方が楽しめると思う。

星野之宣先生作品

人を選ぶかもしれないけどSF心ある方ならかなりぐっと来ると思います。僕は短編集「サーベルタイガー」がかなり好き

| | コメント (3) | トラックバック (0)

もういっこ年賀状

なんだか激しく今更ですが(笑)。

ガンダムエースの付録用に描いた年賀状も記念にアップしておきます。

200701_1

懊悩から開放されたような二人の表情がかなり気に入っております

僕はシリアスハードな話が好きなので割と登場人物を苛めてしまう傾向があるのだが

最後にはやはりこういう笑顔をさせてあげたいところ

★★★

余談だが、正月過ぎたあたりから、なんだかしばらく気持ち悪い。

すわノロウィルスかと思ってみたりしたのだが

…まあそれほどのものでもない感じ

単なる不摂生か…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ガンダム無双

1,000機のザクが迫り来る、異色のロボットアクション
バンダイナムコゲームス、PS3「ガンダム無双」

Gundammusou02

わはははは。ザク大杉。PS3どう見てもヤバイだろと思ってたんだがこれ見てちょっと購入意欲が(w

(逆にゲーム離れしてた俺にとってちょっと気になる存在だったWiiは、テレビの宣伝の画面見てる限りどうもファミリーベーシックとかファミコンロボットとかバーチャルボーイとかそんな匂いがぷんぷんしだしてどんどん萎えていく。任天堂は腰を落ち着けてちゃんといいモノを作ると言うイメージが俺にもあるが、実はこういうこと↑も結構やらかしてるのよね… Wiiスポーツとかそんな匂いがしません?…言ってる事世の趨勢と逆行してるね、俺)

無双は気持ちいい。三国無双も戦国無双も好きだ 

だからこれ、ディープな意味でのガンダム世界との整合性はともかく、ゲームとして面白そう。

いや、まだだ、まだ買うかわからんよ さすがにPS3の展望に楽観は難しい

なにより膨大な開発費をかけてサードパーティーがちゃんとソフトを作ってくれるかが心配。シェアも小さいんじゃハイリスクローリターンで商売として利がなさすぎ

と言ってこの手の凄い画像のゲームが作られなくなっていくのは寂しい。そうなるとヘビーユーザーがいかに「こういうのも求めているんだ」と金銭で示していけるかにかかっているか。にしても牽引車になるブランドソフトがいるなあ。そういう意味でもこれには期待

あれっ、このゲームのバンダイナムコ側のプロデューサーって、クライマックスU.C.の後藤さん? わー頑張ってください。雑魚キャラとかでカムナとかシャーリーとかパミパミ出してください。お願いします(無理)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

とつぜん綾波

色の練習

Ayanami

珍しくおんにゃにょこ画 しかし今更綾波なところに古い地球人を感じてくれ

ハルヒでも描いてみればよかろうものを…

| | コメント (8) | トラックバック (0)

明けました

Nennga200702

旧年中はお世話になりました&応援ありがとうございました

今年も宜しくお願いします

2006年はガンダム漬けの一年でした。「あの」ガンダムに関われるなんて嬉しいやらきっついやら。それでも皆様の御協力と応援によりなんとかいい結果を残す事ができました。最初はどうなる事かと思いましたが、歴史好き・SF好き・宇宙好きの僕には、終わってみれば天職のような仕事でした。2007年もこういういい仕事に恵まれれば、いや、勝ち取れれば、と思います。引き続き、応援いただけると嬉しいです。

★★★

J機関の仕事明けにみんなで「戦場の絆」をやりに関内に繰り出す。新年早々ガンダム。

前回は友人の付き合いでジオン側でやったのだが、今回は連邦で。

新たにパイロットカードを作り挑戦。せっかくだからパイロット名「カムナ・タチバナ」で参戦。横浜の「カムナ・タチバナ」と出合ったら僕かもしれないです。宜しく。

師匠の「タバゾ・ヨシゾ」とはタイミングが合わなかったのか、一緒のチームに配属されず。「ムラさん」と一緒に出撃。初陣なので二人ともジム。舞台はサイド7。

インカムが効かない店だったものの、「あれがムラさんだな」ととりあえず意識して、二人で行動。が、1戦目は残念ながら敗北。1機撃破したものの自分も撃破される。カムナ隊長は弱かった。しょんぼり。

2戦目、再び二人で行動。ちょっとはぐれたザクを見つけては、二人で囲んでボコボコに各個撃破各個撃破。おっ、これは面白い。いい感じだ。2人あわせてだけど3、4機撃破した? そして自分は撃破されず。連邦軍勝利! 評価Cだった。

前回は酔ったのだが、今回は慣れたのか酔わなかった。

めっちゃ面白いです。全天スクリーンとコックピットはやはり感動モノ。すげーすげー。

まだ混んでてやりまくるにはきついけど、ちょっとはまりそうな。これはやはり友人とやると燃えますね。インカムあったらもっと面白そう。横浜近辺でインカムある店知ってたら、教えてください~。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »