« もういっこ年賀状 | トップページ | おもろいサイト見つけた »

ヤン提督

古いデータからこんなのが出てきたんでアップしておく

Yoshidasennshanoginneidenn_1 

高校3年~大学1年の時あたりに描いたものだと思う

授業中 勉強もせずにこんな事ばっかりやってた

バカだ 本当にバカだ

…ところで。

銀河英雄伝説 出版社を移籍して復刊

銀河英雄伝説が出版社を東京創元社に移して復刊するそうで。

表紙はなんと、「2001夜物語」「サーベルタイガー」等のマニアックハードSF漫画の第一人者、星野之宣先生!! これは喜ばしい。

現在銀英伝は道原かつみ先生が表紙を描いた徳間書店デュアル文庫版が手に入る唯一の版なのだそうだが、これは装丁からなにからジュニアっぽさ女子中高生向けっぽさがバリバリで、加藤直之先生画のハードSFっぽい装丁で銀英伝に触れてきた俺らには寂しい限りだった。今回のコンセプトはそういう俺らみたいな層に向けた新版のようで(ソース・田中芳樹先生作品管理会社ブログ「とある作家秘書の日常」)、嬉しい。銀英伝を野郎の手に取り戻せ!! 徳間ノベルズ版持ってるけど、買いなおしてもいい。

ちなみに俺上で「ハードSFハードSF」言ってますが、銀英伝の面白さは歴史物としてのそれであって、ハードSFとしての面白さではないと思ってます。確か作者さま自身もあとがきで「わかっててやってる」と言う趣旨の事をおっしゃってたので、その辺は緩い目で見た方が楽しめると思う。

星野之宣先生作品

人を選ぶかもしれないけどSF心ある方ならかなりぐっと来ると思います。僕は短編集「サーベルタイガー」がかなり好き

|

« もういっこ年賀状 | トップページ | おもろいサイト見つけた »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

小説」カテゴリの記事

コメント

小生も「2001夜~」で思いっきりノックアウトされた世代です。
なので、星野先生と『銀英伝』の組み合わせには感慨深いものがあります。

というか、ラインハルトやヤンの顔がパッと想像できますね(^^;

昨今は、旧作の挿画を今風のイラストレーターに変えて若者層に訴求するケースが多いですが、星野先生の起用は何とも挑戦的で反響が期待されます。
加藤先生のブリュンヒルトが大好きなんですが、果たして星野版はいかに!?

投稿: ギムG | 2007年1月22日 (月) 18時53分

「2001夜~」は素晴らしいですよね~!!

>昨今は、旧作の挿画を今風のイラストレーターに変えて若者層に訴求するケースが多いですが、星野先生の起用は何とも挑戦的で反響が期待されます。

表紙絵を変えて新装版が出ることは秘書さんのブログでちょっと前に知ってたのですが、星野先生と言うのが意外でした。ビッグネームであるらしい事はわかってたんですが、天野嘉孝先生とか、それこそ安彦良和先生とか(笑)、鶴田謙二先生とか寺田克也先生とか、最近の方だと丹野忍先生とかかなって考えてたんですけどね。でもこれは、名前を聞いてみたらこれ以上ない人選かも。海外SFの匂いのする、格調高い装丁になりそうで楽しみです。

ブリュンヒルトなどのデザインは、加藤版-アニメ版ラインを踏襲するのかなあ。気になるところですね。

投稿: TAK@森田 | 2007年1月23日 (火) 12時00分

銀英伝の今一歩不幸な所は、「ガンダムにおける安彦良和」を得なかった所にあるんじゃないかと思っております。ビジュアル的に世界観を支配する圧倒的な絵師に。
最初の劇場版「我がゆくは星の大海」の奥田万つ里さんが全キャラクターをデザインして下さっていれば、もうちょっと良かったんじゃないかなあ。

そういう意味でも、星野版で統一された世界観は、かなり見てみたいです。

投稿: TAK@森田 | 2007年1月23日 (火) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106381/13574260

この記事へのトラックバック一覧です: ヤン提督:

« もういっこ年賀状 | トップページ | おもろいサイト見つけた »