« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

今日発売!幻陽最終話掲載ガンダムエース

「ジオンの幻陽」最終話掲載ガンダムエース今日発売!!

応援ありがとうございました。感想お待ちしております!!!

最終回特典:インドラクルーの名前

艦長 …………… フェアトン (キラキラ)

副長 …………… ドゥーアン (お髭の人・こう見えて結構若い)

艦長秘書 ……… ユキノ (実は0話から出てた・最後に持ってった感がありますw)

通信士 ………… ラムカナ (女性2・こう見えてユキノさんやみんなと同じ過去)

航海長 ………… オラグ (ドカベンっぽい目の人)

オペレーター1 … アーキュ (そばかすの方)

オペレーター2 … カシモ (メガネの方)

MS整備士 …… ムイッカ (2話でMSデッキでバーンと話してたゴツイ人)

MS隊隊長 …… バーン (元エゥーゴ・ブリガドーンから参加)

MS隊小隊長 … リビー (元エゥーゴ・バーンと一緒にブリガドーンから参加)

MS隊小隊長 … カッショ (多分孤児28人のうちのひとり)

MS隊小隊長 … モトク (元ティターンズ・グリプス1から参加)

MS隊小隊長 … マクダミル (元ティターンズ・グリプス1から参加(笑))

| | コメント (17) | トラックバック (0)

不覚…ユニコーン

20日と21日、急に師匠のところに臨時でアシ仕事入ったですよ。

目下無職なんで(w)、仕事自体はありがたかったです。それは良いのですが。

仕事明けて。21日午後5時、横浜ヨドバシ。

「あれ」買いに行ったですよ。そしたら。

うわあああああああああ (AA略)

Vfmi0006   

不覚。甘かった。

∀のマスターグレードがあっさり買えたり、フィックスやスーパーハイコンプロのガンダムも平積みでちゃんと入手容易だったり、世間一般もガンプラ売り場も00フィーバーだったり、自分の惚れ込む物は例によって比較的日陰物、いくら今をときめく福井晴敏作品と言えどもあくまで小説なんでまだ爆発的とは行かないかなと思っちゃったりで、大丈夫だろうと思いきや…

甘かったです。失礼なほど甘かったです。

ユニコーンがフィーバーするのは個人的にも躍り上がるほど嬉しいんだけどさ。今日買えないとは思わなかった!

内部事情聞いてるわけじゃないけど、偉い人たちも「そういう読み」で初期生産絞っちゃったんかなあ。でも↑のスペース見る限り、結構な数入ってたっぽいよなあ。くぅ。これはすげぇぜ。

帰ってからAmazon見たら受付再開してたので、なんとか滑り込み注文。これで届くよな。でもこちらもまたすぐ品切れになりそうですな~。(追記:なんか高く売ってる時もあるっぽいので価格注意。さすがに待てば再生産する商品だと思うので。)

ところで発売日と言えば、忘れちゃいけないのが

「ファースト劇場版メモリアルボックス」

ふはははは、こいつはさすがにはずせねえぜ。

こちらは無事入手

しかし俺…

Img_1540

どんだけお客さんなんだ (´・ω・`)

ガンダムで稼いだお金とガンダムに使ったお金どっちが多いだろう… (´・ω・`)

ところで話は変わりますが。

海洋堂オフィシャルブログREVOLTECH EXPRESS

12月17日 「綾波は聖夜とともに」

ウチニモキタヨ… (´・ω・`)

Img_1542

(´・ω・`)

(´・ω・`)

(´・ω・`)

去年の聖夜は確か逆シャアのレビューを書いてたな…

| | コメント (20) | トラックバック (0)

釣りクレイジー三平

突然だけど、今妙にはまってます。

平成版刊行から自分の中で再ブームが来て、昔のも見つけるたびに買い集めてるんだけど、いやいやいいわこれ。 釣り漫画と侮るなかれ、釣りって案外戦略的・科学的だし「秘境冒険物」のワクワクあるし、絵が凄くいいし、話は単純なんだけどなんか何度も読んじゃいます。それと三平くんの屈託のなさ、いいわ~。

あとアニメのOPアニメーションは傑作。こんないい歌だったんだ。

原作の最終回は泣けます。じっちゃんが…。読んだ事のない方、一読の価値あり。

それと。

あちこちで言われてるけど、魚紳さんはガチw

旅先で三平くんを紹介するときにいちいち「フフ、僕の恋人のようなもんです」って言うなよ(笑)。今なら腐のお姉さま方の格好の餌食だぞ。 マジで嫉妬するエピソードまであるしw 三平は三平で「おらの魚紳さんが」とか口走るしw

でもそんな関係(どんなだ)だからこそ、最終回は泣けるんだよな…

↓旧版最終回シリーズ「釣りキチ同盟編」

↓こちらは今刊行中の平成版

| | コメント (2) | トラックバック (0)

幻陽キャラ投票どうしよう

「紡血」に続いて@nifty投票で幻陽キャラ人気投票でも作ろうと思ったんだけど、投票項目6個までなんだよなー。

フェアトン・ラーフ・アルギス

バーン・フィクゼス

リア・ウィンディ

ヨハン・ウィステリア

エンケラドゥス・ガイスト

スパルナ・キャリバン

ケイ・キリシマ

既存のZZキャラやインドラブリッジクルーを除いても、最低7項目は欲しかった…誰をはずそう。

ちなみにセリフのあった既存のU.C.キャラ。

ハマーン・カーン

ミネバ・ラオ・ザビ (恐らく。残念ながらオードリーではないでしょう

ホワイト将軍

メッチャー・ムチャ

マシュマー・セロ

キャラ・スーン

ランス・ギーレン

ニー・ギーレン

オーキス・レザリー

3話の大量登場除いても、結構しゃべらせちゃったね…(´・ω・`)

あ、グレミー、絡んだけどしゃべらなかったな~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「ジオンの幻陽」最終話原稿上がったYO

「機動戦士ガンダムZZ外伝 ジオンの幻陽」 最終話原稿、脱稿。

ともすればハチャメチャと見られがちなZZの時代を、昔から語られてきた裏設定や考察を押さえて宇宙世紀史として再解釈し、その上で新キャラクター・新設定を使い限りなく正史にがぶりよった、かなり挑戦的な話になれたと思います。…よくサンライズのオーケー出たなw

特に5話(現発売号)6話(12月26日発売号)で、今まで裏設定のみでの存在だったメッチャー・ムチャによるエゥーゴ艦隊のアクシズ攻略戦が初めて実際に描かれた事は、かなり大きいはず。宇宙世紀ファンにはこれだけでも一読の価値があると思うので、よかったら是非手にとってみて下さい。

というわけで最終話、どうぞお楽しみに!!!

…あとね、ココセレブインタビューに出させていただきました。

cocoseleb

こういうの久々です。テレ。(千里眼の漫画を描いた時にサンデー超で一回あったかな)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

こんなものHUB

コンビニのガンダム一番くじ 「機動戦士ガンダム 脱戦士編」

欲しいとしたら「こんなものHUB」かなーと思っていたのだが…

 「こんなものHUB賞」は、テム・レイ作の自称ガンダムパワーアップ回路を「実物大に近いサイズでリアルに再現」(同社)。サイド6でアムロに「こんなもの!」と投げ捨てられた旧スペックぶりに敬意を表し、今どき探すのが難しいUSB1.1専用という実用性が売り。アムロ同様のがっかり感を楽しめる。(IT mediaNews)

いらねええええwwww!!! 懲りすぎだwwww!!!

まさに 「こんなもの!!!」

でも好きです。こういう全力でふざける感覚。

第2弾があったら是非、

「コック長タムラ特製・

をラインナップに加えて戴きたい。

ちなみに自分が当たったのはハロ湯飲みとジオン湯飲み。多分一番実用性高い。

ジオンの幻陽第6話・原稿中。順調ではあると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神作品新刊ラッシュ

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 16巻 (安彦良和先生)

バガボンド 27巻 (井上雄彦先生)

リアル 7巻 (井上雄彦先生)

プルートゥ 5巻 (浦沢直樹先生)

ベルセルク 32巻 (三浦建太郎先生)

あずみ 43巻 (小山ゆう先生)

なんですかこのメインディッシュの嵐(´∀`;)

特にリアル7巻。スポーツ漫画あまり好きでない自分にここまで鳥肌立たせるなんて異常。(…と言うか、ギミックや舞台に全く興味ないだけで、ソウルはスポ根物に近いんでしょう、自分。熱いのが好きだからねー)

最終ページの高橋のオヤジさん。彼なんて先日の携帯電話の料金体系にあっという間に引っかかって、大変な事になりそうだな…(涙)

オリジンもまとめて読んだらまたもう燃える燃える。マ・クベかっこええ…ギャンもかっこええ…。オデッサが連邦とジオンの勢力バランスが逆転したターニングポイントなら、確かにここでジムがいる方が自然ですね。しかしこの巻、アムロ強ええええ!!!! やはりこうでなくては!!!!

オデッサの後ガンダムエース最新号の「めぐりあい宇宙」の冒頭部分を読むと、これがまた燃える燃える。と同時に、いよいよラストなんだなーと寂しくなる… こっからのサイド6エピソードって、アムロと親父、アムロとララァ、アムロとシャア、ミライとカムラン、など重要な出会いが目白押しだと思うけど、二冊で大丈夫なのかなー…なんて。シャリアブルとかは、やらなさそうかな…

バガボンドもいよいよ…で寂しいなあ。

追記:

ホーリーランド 16巻 (森恒二先生)

ダブル・フェイス 14巻 (細野不二彦先生)

も出てた…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »