« どうせ次はネット脳 | トップページ | 賭博堕天禄カイジ(17歩編)最終13巻 »

漫画新刊

神作品ラッシュ。覚書。ネタバレありなので未読の読者は見ないように!

●「へうげもの」6巻。

利休と織部の対決(?)と和解。一つの大きな山場だったように感じる。戦国(と言うか桃山)時代が舞台の話なのに、戦が山場じゃなくて秀吉の「北野大茶湯」が山場なところがさすがへうげもの!爆笑!! 「数寄の天下を取る!!!」 って面白すぎ、織部!(笑)

そして自らの「業」の炎に焼かれる利休。

信長の怨霊に悩まされる秀吉。

悲劇に向かって緊張が高まるも、一転、真の「侘び」を悟ったように憑き物が落ちる利休。そして織部との和解。

「人は過ぎたるほど、及ばざるほど、欠けたるほどに面白い」

おおお、全く同感です、利休居士!!!

弟子の山上宗二も北条に居場所を見つけ、暖かな雰囲気が流れてこの巻は終わる。

だが、後世のわれわれは知っているッ! これが嵐の前の静けさだと言うことをッ! 小田原攻め、利休切腹と続く、この後の悲劇をッ!!!

実際このあとのモーニングの連載見てるしね…いやーこないだの利休の顔は怖かった…今の連載は小田原攻め真っ只中なんだけど、最終的な悲劇に向かってボルテージ高まってます。

織部と家康が近づいていく描写も興味深かった。後々のこの二人の終焉を知っているだけに。(司馬遼太郎の短編であるしね)

その今週のモーニングでは、「織部十作」ならぬ、現代陶芸家による「へうげ十作」今焼が発表されていた。いやあ、いい感じじゃないですか。自分は川端健太郎さんのと横山拓也さんのがココロに「ぐみっ」っと来た(笑)。桒田卓郎さんの黄色も実際に見て見たいと思った。

↑「ひとこと」にも書いたが、織部焼に興味を持って検索してサイト見つけたら、まず「伝統の」って言われてゲンナリした。古田織部は素っ頓狂なほど創意の人なのに。天才が一人道を開いても、その後に続く凡人がすぐ「伝統芸能」にしちゃうんだよな…と、これは別の件で職場で話した覚えがある。

伝統の技は尊敬すべきものだけど、受け継がれた技はあくまでいい物を作るための「手段」なのであって、伝統そのものが「目的」になった時点でその文化は死んでると思う。でも「へうげ十作」の売り方はそれとは全く違う空気を感じて、ちょっとワクワクしたぜ!

昨今漫画も新しい文化に押されているきらいがあるが、「伝統の漫画文化」が売り文句、なんて恥ずかしい状態にならないように、「面白いよ!」が武器であり続けるように、頑張ろう…__| ̄|○

ところで「せともの(瀬戸物)」が陶器の代名詞になったのって、本当に織部タン時代以降と考えてよろしいのでしょうかッ!? (すくなくともそう解釈する余地が!!?)

スペースシャトルの耐熱タイルも「せともの」!!!

●「capeta」16巻。

うえーなんでこう毎巻「燃え泣き」させてくれるのでしょうか!! 鳥肌立つ!!! 天才を表現する力凄すぎ!!! い、いよいよF3か…

F3と言えば、六田登先生の「F」ファンの自分にとっては、やはり聖と赤木軍馬との最期の対決が思い出されます。あれも名作だった…。だけどあちらはかなり精神論人生論で構成されてて、具体的なドライバーの物凄さ、と言うものはカペタほど描かれてませんでしたね。どっちの描き方が正しい、と言うわけじゃないんですけど、カペタはその、F1に届くドライバーの凄さと言うものが具体的にビシバシ伝わってきて、しかも曽田先生の熱い筆致は物語作家界最高級なんで、もうたまらん、と言う感じです。

ガンダムエース最新号・「ガンダム・ジ・オリジン」

コンスコンのリックドム順当に全滅! ララァとシャアのいちゃつき(笑)も見れて満足。過去編通してるんで、やっぱりちょっと読んでるこちらの気持ちが違いますね。ララァのミステリアスさは薄れて、シャアを慕う少女としての愛らしさが増した感じ。

次号からのテキサスコロニー編はかなり楽しみ。何故ならここもオリジン特有の「過去編」で、エドワウ・マス(シャア)とセイラ・マスの青春時代の舞台になったわけだから。ここで起こる筈のシャアとセイラの三度目の邂逅。楽しみすぎる。

●「ハンター×ハンター」25巻とジャンプ最新号。

富樫先生が天才である事を再確認(笑)。ドラゴンボール風に言うと、「次元そのものが違う」。特にジャンプ最新号の、ピトーとゴンの邂逅、ピトーの搾り出す言葉、ゴンの反応、その演出。鳥肌立った。

1巻分連載して休載、1巻分連載して休載、でこのクオリティーの話読めるなら、いいじゃんと思った。バガボンドと同じペースだし。天才だから許される。他の誰にもできん。この話作る事は。

てなわけで覚書終わり。くそぅ、結局長くなってしまった…

|

« どうせ次はネット脳 | トップページ | 賭博堕天禄カイジ(17歩編)最終13巻 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

アバウトミーの「ひとこと」では何のことか全然わからなかったのですが、こちらにお邪魔させていただいて納得、です。
この「へうげもの」、とてもおもしろそうです。
織部さんというと「陶芸家?」というような誤認をしてましたが、むしろ武士と言った方がいい人だったのですね。
これは是非とも、「陶芸やってる父に買わせて、読もう」と思います。(絵はやっぱり濃そうですけど…。)
漫画はしばらく読んでいなかったのですが、なんというか、読んでいったら知らず知らずの間にいろいろな知識や見解が広がりそうな、ステキな作品がいろいろあるのですね。

投稿: 次代策子 | 2008年3月28日 (金) 08時07分

「へうげもの」解釈の織部さんだと、武将としての自分の限界に打ちのめされ、「数寄者(趣味人・オタク?(笑))」としての自分に人生を賭けているので、多分むしろ、その認識は喜ぶと思いますよ~(笑)。ただ織部は陶芸家そのものではなく、いわゆる「芸術家のパトロン」なので、そこはちょっと違ったと思います~。m(__)m

絵は、僕の好みの漫画はほとんど全部濃い目だと思いますねえ(^^;)。そこはスミマセン。歴史物で女性向けだと、よしながふみさんの「大奥」とかどうでしょう。

漫画文化の厚みは凄いと思います。ただ、広すぎて自分の好みの作品と出会うのが普通の人だと大変なのかも。織部のような漫画文化における趣味人(つまりオタク(笑))と出会うと、いろいろ案内してくれるかと思います(笑)。

投稿: TAK@森田 | 2008年3月28日 (金) 13時53分

漫画のレヴュー読ませていただきました。 いやはや、流石です。

「ガンダム・ジ・オリジン」の安彦良和先生の絵は非常に彼の最近の画風ですよねぇ。 初代の頃の画風がイメージにこびり付いていまして、漫画を手に取る勇気がなかなかありませんでした。 絵の雰囲気的には小生の好きな『ジャンヌ』の画風に似ているから好きなんですが…。

 『へうげもの』はもし秀吉をもっとかっこよく画いてくれる作品であれば、一度拝読してみたいですねぇ…。 どうも、最近の日本の風潮は秀吉よりも信長みたいな人物像が尊まれる時世ですからねぇ…。

 あと、確かに、利休が「人は過ぎたるほど、及ばざるほど、欠けたるほどに面白い」っと織田信長に悟るような情景は非常に感銘をうけそうですね。

投稿: 恩義(oblige347) | 2008年3月29日 (土) 02時05分

オリジンオススメですよ!! (^^)

信長、スイマセン、自分も信長ファンなんですが(笑)、まあ秀吉にももっと目を向けようよ!と言うのもわかります。まさに「へうげもの」のおかげで、今自分も秀吉ブームですので(笑)。

秀吉をかっこよく描いてあるように見えるかどうかは読み手次第かな…。ヒールではあります。また、野望多き男に描かれていますが政策的に優れているところに目が向けられているかと言うと微妙です。

ただ、まさに「過ぎたるほど、及ばざるほど、欠けたるほど面白き」お人として、魅力的に力入れては描かれていると思います。m(__)m

>織田信長に悟るような

あっと、そこは多分「織部」です。「古田織部」。武将であり茶人。この漫画の主人公です。確かに紛らわしいですね(^^;)

投稿: TAK@森田 | 2008年3月29日 (土) 03時02分

蒼天航路の記事を探していたらこちらにたどり着きました。おじゃまします、五遷・主簿といいます。

>●「へうげもの」6巻。
 週刊モーニング連載の漫画ですね。この作品と「チェーザレ」を欠かさず読んでおります。織部の最後まで描くかどうか分かりませんが楽しみです。確かに漫画の描くとおりに史実でも古田織部は千利休に相当に高弟の中でもわびの道の奥義に通じる者として評価を受けていたそうです。やはり最後まで楽しみです。文化も人が作るものだと感慨が深いです。


>「ガンダム・ジ・オリジン」。
>●「ハンター×ハンター」25巻とジャンプ最新号。

 楽しく読んでいます。それにしてもTVアニメの原作アニメ化が多いです。だからこそアドリブ無しでアニメはもっと原作を忠実に描いて欲しいと近年は切に思います。あ、最後に此処のブログにリンク許可はできるでしょうか?

投稿: 五遷・主簿 | 2008年3月29日 (土) 09時22分

五遷・主簿さん>
初めまして。リンクフリーですよー。

チェーザレ>
絵柄が苦手でちょっと入り損ねちゃったんですが、塩野七海さんの「チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷」は読んでおりまして、ネタとしては好きで興味は持っております。コミックス買って追いつこう…。

利休が織部を評価>
それもそうですけど、侘び数寄って意外とバリエーション豊かでもあるんですよね。利休のそれと織部のそれとは、残ったものを見てもやはり違うと言うか。織部のはやはり今の眼から見ても素っ頓狂な味があると思います(笑)。

文化も人が>
同感ですね。この漫画で気に入っているところは、侘び数寄と言っても、当時の者たちの気分は今の漫画・アニメ・フィギュアなどのオタク文化と全く通じる部分があるもんだなあと思えるところです。伝統だのは後世の人間が後から言うだけのもので。(ここまで残ったと言うことが、結果的に「本物だった」と言う事を表してるとは言えると思います)

アニメ化>
アレンジしないで忠実にアニメ化して欲しい、とは、昔から漫画ファンにはずっと悲願であるのですが、まれに原作ぶち超えた名作に昇華していたりするケースもあるので難しいですねえ。また、メディアが違えば1本の尺も違うし、ベストの表現方法も違うので、ただトレースすると真に原作が表したかったものから遠ざかる場合もありますし。

ただ、既に誰かが作り上げファンも多数いる作品を土台にするのだから、忠実にするにしてもぶち壊すにしても、安易にするのではなく気概と信念と責任と力量を持ってやって欲しいとは思っています。

投稿: TAK@森田 | 2008年3月29日 (土) 18時44分

「へうげもの」

面白いですよね。

好きなマンガのひとつです。

投稿: 横のバー | 2008年3月30日 (日) 01時30分

「へうげもの」人気があるようで嬉しく思っております(^^)。これは安心して末永く読めそうかな。

自分が好きな漫画が人気不足なほど、いろんな意味で落ち込むことはないですので…(笑)。

投稿: TAK@森田 | 2008年3月30日 (日) 03時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106381/40657501

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画新刊:

« どうせ次はネット脳 | トップページ | 賭博堕天禄カイジ(17歩編)最終13巻 »