« 打倒海原雄山w | トップページ | シオシオ »

火星探査機フェニックスが軟着陸に成功!

火星探査機フェニックスが軟着陸に成功

>2007年8月に打ち上げられた米国の探査機フェニックスが25日、火星への軟着陸に成功した。(中略) 今後1~2週間かけて機器の動作などを確かめた後、地面の掘削を開始し、地表のすぐ下にあるとみられる氷の直接確認に挑む。

※想像図

31461425_163 31461425_135

※実際の画像

31461425_11

NASA公式サイト

アストロアーツ

ひゃっほう!

ドキドキしてまいりました♪

>着陸地点は北緯68度で、地球ではグリーンランドに相当する高緯度地域。約3か月間、掘削や気象観測などの活動を行い、生命の存在し得る環境かどうかを調べる。

さて、どんなもんでしょうかねえ!! 以下、このミッションの目的が分かりやすく説明されているNASAの動画へのリンクを添付します。日本語字幕付きで短いので、是非!

火星探査機フェニックス:火星への飛行(動画)

火星探査機フェニックス:火星探査の目的(動画)

フェニックス火星探査の目的(動画)

フェニックス火星探査機:技術者による説明(動画)

火星探査の科学的意義(動画)

ところで、こんなニュースや

夢は「宇宙庁」?宇宙基本法の具体化で超党派議連発足へ

例の「かぐや」のこんな報告

月探査衛星「かぐや」、37年前のアポロ15号着陸跡を撮影

もありました。日本も頑張ってるなあー。

とは言えやっぱり、予算の問題とかいろいろ、やはり宇宙開発の現場はそうとう厳しいようです。

コロンブスは、西方航路の発見のためにスペインのイザベル女王から多額の資金を引き出しました。王の援助がなければ冒険者・開拓者はその志を果たせません。また、冒険者・開拓者が体を張って切り開いた成果を、後の世の人間全体(この場合はヨーロッパ人ですが) が享受します。

民主主義である以上、現代の「王」は、市民一人一人です。

一人一人にできること、と言う意味では、こういう「冒険者・開拓者への応援、資金的援助」(その流れを作れるような政治家への投票、世論形成) が意味があるかもしれません。

※コロンブスの名前を出したのは、その毒を含めて、あえて、です。

|

« 打倒海原雄山w | トップページ | シオシオ »

♯宇宙・科学」カテゴリの記事

コメント

フェニックス探査機着陸地点から見た「白夜」
というのも紹介されています。

http://astro.ysc.go.jp/phoenix-mars.html#midnight-sun

投稿: ようしろう | 2008年7月27日 (日) 23時50分

どもですー。ご紹介ありがとうございます。
「白夜」の他にもいろいろあって興味深いですね。
「こども科学館」だけど、大人が行っても面白いですかねえ。横浜だし、行ってみようかな(笑)。

投稿: TAK@森田 | 2008年7月28日 (月) 04時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106381/41336872

この記事へのトラックバック一覧です: 火星探査機フェニックスが軟着陸に成功!:

« 打倒海原雄山w | トップページ | シオシオ »