« 食料危機・エネルギー危機 | トップページ | 打倒海原雄山w »

先日の追記

エンジニアの友人が言うには、一般人にエコブームが来て、薄いながらも環境問題に関心を持つ人間が多くなると、環境問題が商売になる、そうすると環境問題で経済が回る、企業も環境問題にコストをかけ易くなる、( 例えばエコカーなどを買ってくれる人が増えると、そこに研究コストがかけ易くなる、) それが結果として十分役に立っている。 で、概ねいいサイクルを生み出してるんじゃないかと言う事でした。確かにそれはあるんですよね。実際には無駄やあほらしい事、とばっちりも多いと思うんだけど、一般人の関心は今の路線でも十分役に立ってるのかもな。ただのブーム、利権と堕しているなどと考えちゃうのは、俺が潔癖すぎるのかもしれんなあ(笑)。

|

« 食料危機・エネルギー危機 | トップページ | 打倒海原雄山w »

♯宇宙・科学」カテゴリの記事

コメント

エコエコといっても後の分別くらいしか思い浮かばないのですが、なんかいい手頃なエコ情報がありましたら教えていただきです;^^

なんか実感できるものや数字でエコを出してくれるものがあるといいんですけどね?!

投稿: 太もも エクササイズ | 2008年5月25日 (日) 14時27分

ホントですね(^^;)

例えばペットボトルのリサイクルもあまり機能してなくて結局7割がた燃やしているらしいし、分別のためのコストなどを考えると結局トータルでは意味ないんじゃないか? って言うような状態なんで、ニントモカントモ。個人的にはかなり懐疑的です。エコバックや、割り箸を敵視して解決した気になるのもどうよ?って感じで。(端材を使ってるからいいと言う話もあるし、割り箸メーカーへのイジメに過ぎない気がするんですよね。)

…と思ってたら本文のように、「人々の意識が生まれてるだけプラスなんじゃないか」と言う側面も確かにある。

個人的には、ブームに乗るんじゃなくて、ブームきっかけでもいいからいろいろ興味を持つといいのじゃないのかなーと思います。

それと、エコ、節約はあくまで最終的な破局を遅らせるための猶予稼ぎ、次の飛躍のための軍資金稼ぎでしかなく、結局、前は見続けるべきだと思う。自分としては、ここは譲れません(笑)。今の路線ってどうも「エコ」と言う響きに「自然回帰」と言うニュアンスが入っているようで、自分としてはむしろ嫌悪感と危機感を感じちゃうんだよなあ。

それと、あくまで人間のための解決努力と言う事を意識していないと、グリーンピースのようにわけの分からない方向に堕してしまうと思います。

温暖化などと言うけど、例えば恐竜時代などは今よりずっと地球の気温は高かったわけで、地球史規模で言うと、まったく悪でもなんでもない。人間なんか関係なく、地球環境の変化によって生物は滅び、生まれ、また適応し、進化してきた。万物は流転する。そして人間の活動も、自然の一つ。

今何とかしようと動くのは、あくまで「このままだと人間が困るから」。「人間のエゴ(あるいは優しさ)で、現在の自然環境がいいと感じるから。」その軸だけはぶれちゃいけないと思います。「地球のために」というのはピントがずれているし、却って傲慢だと考えます。

投稿: TAK@森田 | 2008年5月25日 (日) 16時00分

あ、手ごろな「できること」でしたね(^^;)。

個人的にはエコ的な事より、科学技術の発展、宇宙開発や新エネルギー開発、フロンティアスピリット、最前線への心情的応援なんかをするのが一番大事だと思います(笑)。

投稿: TAK@森田 | 2008年5月25日 (日) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106381/41310354

この記事へのトラックバック一覧です: 先日の追記:

« 食料危機・エネルギー危機 | トップページ | 打倒海原雄山w »