« 「灼熱のアンタレス」後編掲載コミックマーブルvol.6今日発売 | トップページ | 先日の追記 »

食料危機・エネルギー危機

食糧危機に「重大な懸念」=国連人権理

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080523-00000023-jij-int

お気づきの方はお気づきかと思いますが、僕の近作二作、ZZ外伝 ジオンの幻陽」「灼熱のアンタレス」、ともに、このあたりの食料問題・資源・エネルギー問題が思想的土台になっています。

生きるために限られたパイを奪い合うのが戦争

殺し合いをせずにみんなが生きるためにはパイ自体を広げなければならない。

これは今に始まった事じゃなく、歴史始まって以来、いや、生物が生まれて以来の不変的な真理だと思っています。生物史、人類史、歴史紐解いてみると、本質はその繰り返しだと思います。戦争の原因として、キャシャーンで言ってたような憎しみの連鎖も、あるにはあるけど二次的な事だと思う。本質的には、ただ生きるための行為でしょう。

貧しくて、飢えや病気で弱者・乳幼児から死亡 → 技術革新 → 開墾(=フロンティアスピリッツ) → 食糧増産 → 平和で豊かな時代 → 人口増加 → その時の技術では、開墾限界 → もっと多くの人口を養える肥沃な土地を求めて民族移動、あるいは近隣民族との衝突(=戦争) → 勝者が肥沃な土地(資源)を得る。敗者は死、滅亡、あるいは痩せた土地へ追いやられる。貧しくなって、飢えや病気で弱者・乳幼児から死亡 → そのうちまた技術革新、痩せた土地も開墾、食料増産→ 平和で豊かな時代 → 繰り返し…  

だから、戦争を取り上げて「人間は愚かだ愚かだ」とか僕は全く思わない。だって生きるための行為だし、どう考えても自然界の弱肉強食の方がずっとシビアですから。それに比べて人間には、他者の苦しみ、相手を殺さねばならぬ事を悲しむ心がある。弱者への福祉を整えたりもする。それは、人間が幸せで、心に余裕(ヒマ)があるからだと思います。岩明均先生の「寄生獣」のラストで、ミギーも言っていましたよね。「心にヒマのある生物、なんて素晴らしい!」

弱者や乳幼児がばかばか死ぬような文明レベル・医療レベルに戻りたくないなら、そして戦争がいやなら、それだけの文明レベルをみんなが保てるエネルギーを何とかしなくてはならない。僕が、パイ自体を広げる努力=フロンティアスピリッツが大事であると思う所以です。自然界のようなあからさまな弱肉強食に人間が気後れを抱く以上、こちらを大事にするしかない。

ところが戦争はいけないと言うタイプの人間に限って、開発も発展も嫌がったりするのですよね。グリーンピースだのもそうですが、奇麗な事を言って自分だけ気持ちよくなっててもしょうがないと僕は思う。人間の、と言うより生物全ての、自然界全ての業なのですから。アグネス・チャンとか民主党の円より子議員の言ってる事を聞いてても思うのですが、どうも人間を何か奇麗事の枠に押し込めれば全て解決するような言動が、表ではまかり通ったりするのですよね。返って怖いですよ、俺は。全共闘世代からは「ユートピア」と思われた共産圏が、実際はどうだったか? 「平等」とは「公平」か? 人間とは、そんなに奇麗事でおさまるほど、単純なものなのか?

例えば僕が連載枠一つ取るためには、誰かを一人追い落とす事をしなければならない。そしたらその人は仕事を失うかもしれない。じゃあ自分が諦めるのか? そんな事はできない。ってかそんな余裕はない(笑)。誰かを傷つける事をせずには一秒たりとも生きてはいけないのです。菜食主義者だって植物と言う生命を殺してるんですから。普通の会社の、契約を取ったり取られたりだって同じなはず。うちらはそれをシビアに肌で感じてるけど、ある種の人間は、普段の生活では集団でリスクも罪も責任を分かち合っているんで、薄められていてその本質を感じられなくなってるのかな? とか思う事があります。

かと言って北斗の拳やバイオレンスジャックのような世界には、そりゃあ俺だって、なるべくなって欲しくはない。自分だけの幸せよりは周りも含めた幸せがいい。周りを含めた幸せよりはせめて日本は幸せでいたい。日本だけの幸せよりは、できれば世界中の人間が幸せの方がいい。

みんなが幸せになるには、それだけ巨大なパイを手に入れなきゃいけない。そうなると・・・

新資源の開発でも、宇宙開発でも何でもいいんですが、とにかくフロンティアスピリッツと言うものは、無くしちゃいけないものだと思います。「科学は愚かだ」「自然に帰れ」は、滅びの笛だと自分は思っております。自然主義者の奇麗な言葉に騙されないで欲しい。地球の自然では、今の人口は到底養っていけない。=今の人類を何割か殺さなきゃいけないと言う事ですから。(宮○監督は、公では言わないけど、多分それわかってて自然回帰自然回帰言ってると思う。そこが凄まじいところ。富○監督なんか、確かどこかで実際口に出しちゃってた。)

ちなみに About Me で、こんなアンケートを出して見ました。この問題を突きつけられたとき、普通の人はどういう反応をするのかなーと、今後の参考のために(笑)。

Dを選んでくれた人が多くて、ホッ(笑)。Fで、僕のビックリするような意見を出してくれた方はなかなかいないです。ほとんどが、Dの範疇か、どれも選びたくないと言う奇麗事の思考停止に過ぎないかが多い。。意外とAの「資源戦争」の割合が低いですね。個人的には、実際にはうちらが生きている間にかなりこうなる可能性は高いと思うんだけど…(^^;)。

Bを選んだ人は正直だと思います。ただ、その場合弱者はその前に死に物狂いで反撃してくると思うから、自分らの幸せを守るために軍備は増強しとかなきゃいけないかも。結局AとBの複合のままぐちゃぐちゃと推移するんじゃないかな・・・そうならないために、Dが間に合うか!!!! って言う、かなり、勝負!!! だと思います。

科学は愚かだ、とか言ってる場合じゃないよ(笑)。それに、節約型の今のエコブームじゃ、ただの「自分にできることから!」って言ってるだけの自己陶酔で、結局はジリ貧だと、個人的には、思う。

消費を抑制する=経済が回らない=社会が技術発展に投資する余裕がなくなる=科学が進まない

で、下手すると今のエコの方向、縮こまる方向に人々の意識を誘導する事は物凄く自殺行為をしてるのではないかと、個人的には危惧しています。いや、ビジョンなき浪費がいいわけはないんで、確かに微妙なところだけど…。

|

« 「灼熱のアンタレス」後編掲載コミックマーブルvol.6今日発売 | トップページ | 先日の追記 »

♯宇宙・科学」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
いつも内容の濃いブログですね^^
これからも更新楽しみにしてます!
頑張ってください★

投稿: kazu | 2008年5月23日 (金) 23時14分

はじめましてー。
書き込みありがとうございます!

機会があったら漫画のほうも読んでみて下さい♪

投稿: TAK@森田 | 2008年5月24日 (土) 14時13分

う~む・・・難しい問題ですね~・・・
ってか、私も多分この中ではD・・・かなsweat01

投稿: らむ | 2008年5月24日 (土) 16時04分

今日ちょっと日産のエンジニアやってる大学時代の友人(一流だと思ってます)と3年ぶりに会ってきたんですが、そのエンジニア(科学者・研究者)の眼から見ても、環境問題、温暖化問題だの、やはりそうとうやばいようです。10年以上前から言われてきた事ですが、人間やはり目に見えない段階では本気で対処しようとしなくて、一般人の眼に分かるほどの段階の時は往々にしてもう手遅れに近いほど、そうとうヤバイ、と…。

しかも温暖化問題などよりももっともっと深刻なのがやはり資源問題だと、彼も言っておりました。こちらは本当に本当にまずい。

ただ彼はこうも言ってました。「もう駄目だ」と思う事こそを何とかするのがエンジニアだと。

むしろ燃えて来る、とも言っておりました。
かっくええ!!!
基本的に、絶望しない、前向きな人間ですね。尊敬できるし共感できます。

(二人とも司馬遼太郎ファンなので自然にこの話題出たのですが)幕末~明治の日本の置かれた状況も絶望的だった。欧米の植民地にされる危機の中、国を作り変え、列強に対抗できるほどの装備を整え、遂にはロシアを追い返すところまで持って行った。

手遅れ近くになるまで何もできないのも人間なら、もうだめだ、と言う段階で死に物狂いで突破口を見つけるのも人間。日本人にだって、その力があるかも。

そんなこんなで人間の力を信じたいですね。

Dに期待!!!

投稿: TAK@森田 | 2008年5月24日 (土) 22時11分

惑星破壊ミサイルの流れ弾が中って太陽が膨張するぐらい危機的状況にならないと人間は動かないものなのでしょうか・・・。
国家レベルでの意思の疎通がこれだけ情報手段の発達した現代でも為しきれていない。上記のような事態に陥らない限り難しいのかな…。バイオエネルギー需要が引き起こしている問題もそうですが、今後の世界規模での対応如何でその危機がやってくるスピードはさらに増すのでしょうね。

投稿: ドッゴ | 2008年5月25日 (日) 05時12分

ヤマトⅢと来ましたか(笑)。

まあ、煽っておいてなんですが、人類の歴史上重大な危機は各民族各地で何度もやってきて、各所で乗り越えたり乗り越えられなかったりやってきたのですよね。ただ、時代が進んで、今日ではそれはとうとう地球規模、全人類的な問題になってきていると。

だから何とかしちゃいますよ。何とかできなかったら地球規模で終わりだけど(苦笑)。

ただ、結局何とかできる力がある国がもたもたしているうちに、結局一番被害を被るのは弱いところから、弱い国から、となっていくのは避けられないようです。うーん、まあ人間の業なのかなあ。

この友人の言葉でかっこええなーと思ったのは、

「(同じ理系でも) 世界の姿を提示するのがサイエンティスト(理学系)、何とかするのが俺らエンジニア(工学系)。」

と言うセリフ。
うおおかっくええ。
これいつか漫画で使おう。

俺ら漫画家はどこまで行っても提示する側でしかありえないけど、実際何かできる人を生み出したり、そう言う人に元気や誇りを与えたりする事ができれば本望だ。

投稿: TAK@森田 | 2008年5月25日 (日) 07時05分

そういや最近富野御大もやたら環境課題に注目するよね、森田さんも「教えてください。富野です。」を読んだらどうですか?

投稿: KOROKORO | 2008年5月27日 (火) 02時40分

KOROKOROさん>
はじめましてー。書き込みありがとうございます。

「教えてください」>
飛び飛びですが、かなり読んでますよー。単行本欲しいですね。

各界の方とお話されているので非常に勉強になるのですが、やっぱり僕としては今のところ、「人間は宇宙に出られないと痛感している」と今の段階で言い切っちゃう監督のお考えには賛同できないな、と言うのが正直なところです。非常にネガティブだと感じ、残念であります。

長い間宇宙物を作られてきた結論だと思うので、僕の言葉などよりは重みがあるとは思いますが、一個人の僕の感想からすると、アーサー・C・クラークさんや立花隆さんたちの「できるよ!」と言うスタンス、エンジニアである友人の「その解決策を見つけるのがエンジニア」と言う気概を応援していきたいですね。

僕も友人も監督の作品で育っているので勿論尊敬の気持ちは揺るぎませんが、かと言って全て盲目的に賛同するかと言うとそうではありません。あくまで僕の考えは僕の考えです。

投稿: TAK@森田 | 2008年5月27日 (火) 07時40分

ただ残念ながら、「現在の危機」には、「宇宙進出は間に合わないかな」、とは思っています。コロニーは無論のこと、月のヘリウム3の利用ですら常温核融合が果たされないとままならないのですもんね。(いや、それも意外とガツンとブレイクスルーしちゃう集団が現れるかな?)

短期的な解決策と長期的なフロンティアスピリットと両方持ちたいところです。そして、それがなければ、縮こまるばかりで未来はないと考えます。

投稿: TAK@森田 | 2008年5月27日 (火) 07時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106381/41293078

この記事へのトラックバック一覧です: 食料危機・エネルギー危機:

« 「灼熱のアンタレス」後編掲載コミックマーブルvol.6今日発売 | トップページ | 先日の追記 »