« ココログにお絵かき機能が | トップページ | ココログに「ウェブページ」作成機能が »

◆Ⅲ ジキルとハイドと裁判員・他

Border02

★ジキルとハイドと裁判員★ 
小学館ビッグコミックス (ビッグコミックスペリオール連載) 
全5巻 【完結】

2009年、裁判員制度開始…!
互いに裁き、裁かれる世の中で若き裁判官だけが目にする“真実”とは!?
森田崇・北原雅紀が挑む究極の裁判コミック!!


05_2 ジキルとハイドと裁判員  5
[漫画]森田 崇 [脚本]北原雅紀 [法律監修]弁護士・今井秀智
小学館ビッグコミックス ¥550 2010/11/30
ISBN:978-4091835222

鉄壁の完全虚構に挑む、ジキル!!

天性のライアー・紫紋。その男か築き上げた虚構の城は、いかなる攻撃も通用しない、鉄壁の城。しかしジキルは、あるトラップをかけることにより、紫紋をその城からをあぶり出す戦術に打って出る。ジキルの真実の十字架は、最強の偽証者を打ち破ることができるのか!?恋人の父の再審請求は、叶うのか!? 正義とは何かの・・・・・・・・衝撃・最終巻!!


04_2ジキルとハイドと裁判員  4
[漫画]森田 崇 [脚本]北原雅紀 [法律監修]弁護士・今井秀智
小学館ビッグコミックス ¥550 2010/06/30
ISBN:978-4091832085

ジキルVS天性の偽証者!

ハイドが起こした奇跡なのか?偽証によって菜々子の父に冤罪を着せた紫紋が、裁判員としてジキルの前に現れた。しかも、被告人は その冤罪事件の真犯人、宇佐美。さらには、紫紋が偽証を隠すために殺害したかつての不倫相手が、宇佐美の前妻という偶然。すべての役者が揃ったこの好機に、ジキルは!?


03_2ジキルとハイドと裁判員  3
[漫画]森田 崇 [脚本]北原雅紀 [法律監修]弁護士・今井秀智
小学館ビッグコミックス ¥540 2010/01/29
ISBN:978-4091830050

恋人の父は、受刑囚…

恋人・菜々子の父が受刑囚であることを知ったジキルは、真相を知るために、再び超えてはならない一線を超える! 舞台は松根刑務所。そこで彼を待ち受ける衝撃の真実とは…!? そして、ジキルの前に現れる「天性の偽証者」紫紋和夫。そして、ハイドの前にもまた…。最大の闘いが、今始まる! 


02ジキルとハイドと裁判員  2
[漫画]森田 崇 [脚本]北原雅紀 [法律監修]弁護士・今井秀智
小学館ビッグコミックス ¥540 2009/09/30

ISBN:978-4091826237

どこまでいける、法に背いて飛ぶ正義!!

トントンによって被告人に殺意があった真実を知ったジキルは、被告人に同情的な裁判員たちのムードを覆し、有罪に持ち込もうと目論む。罪を裁くためには、裁判官の道を踏み外すことすら厭わないジキル。だがその道には、最も誠実にして有能な先輩・薬師寺が立ちはだかる!正義とは何かを問う裁判員コミック、話題沸騰の第2集!!


01 ジキルとハイドと裁判員  1
[漫画]森田 崇 [脚本]北原雅紀 [法律監修]弁護士・今井秀智
小学館ビッグコミックス ¥540 2009/04/30

ISBN:978-4091824844

決断と駆け引きの異空“裁判員”ワールド!!

裁判官・辺見直留は、ひとつひとつの案件に入れ込みがちで処理こそ遅いが、裁判官として希望に燃える有望な若手。頼りになる先輩判事・薬師寺の背中を追いかける毎日を送る中、ついに彼は2009年7月──裁判員制度導入初日を迎える。初の担当案件は、“単純な刺殺事件”のはずだった。だが審理1日目の夜、ジキルの前に突然異次元の住人が現れたことから…!? 裁判員制度導入の今年、最注目作!!

Border02

★Clock Clock 時の冒険者 
小学館ガッタコミックス (月刊コミックGOTTA連載) 
全1巻 【完結】

時代をまたにかけた冒険活劇!
歴史上の人物たちとともに「怪盗紳士アルセーヌ・ルパン」まで登場する、
作者初連載作となった渾身のタイムトラベル・アドベンチャー!!


Cloclocomix02Clock Clock 時の冒険者
森田 崇
小学館・ガッタコミックス ¥552+税 2001/7/5

ISBN:978-4091581617


不破航は、自作飛行機の開発に燃える少年。気軽に飛べる「空の原チャリ」を目指して、周囲の嘲笑にもめげず、今日も河川敷で実験を繰り返していた。その時、空の彼方から奇妙な音が。なんと第一次大戦中のドイツの三葉機「フォッカーDr.T」が、現代の日本にやってきたのだ。パイロットは、レベッカという名の女の子。信じられないことに、その飛行機はタイムマシンで、1919年のドイツからやってきたらしい。レベッカは、行方不明になってしまった尊敬する先生を探しにきたというのだが…!?

レベッカが尊敬する先生というのは、人類史上最高の科学者として名高い、あのアインシュタインだった。彼は、時空の相転位を可能にする物質「∞(インフィニ)- マテリアル」を発見するが、その実験中、時空の狭間に吸い込まれてしまったという。レベッカは消えたアインシュタインを探すため、タイムマシンで時空の間を駆け回っていたのだ。そのタイムマシンを狙う一人の男が、現代にやって来た。かの大泥棒、アルセーヌ・ルパンである。タイムマシンを奪い、過去へ戻ろうとするルパンを追って、今度は航が第一次大戦直後のベルリンへ。そこでの航の前には、いくつもの難事件が…。いつしか航とルパンは協力しあい、次々と降りかかる困難に立ち向かっていく!! 航、レベッカ、ルパンの、時空を越えた痛快な冒険物語!

Border02

|

« ココログにお絵かき機能が | トップページ | ココログに「ウェブページ」作成機能が »