« ココログに「ウェブページ」作成機能が | トップページ | うおっユニコーンにカプールが! »

またまた軌道エレベータにゅーす

いけいけ人類!

●エレベーターで宇宙に行けるかも 東京で今秋国際会議

http://www.asahi.com/science/update/0919/OSK200809180102.html

記事の中でも言及されている小説、ちょっと前に亡くなったアーサー・C・クラーク「楽園の泉」軌道エレベータの話題には避けては通れない作品です。

面白いよ、燃えるよ。

簡単に言うと、軌道エレベータを作る「プロジェクトX」なお話。

不可能を可能にする、巨大な事業を実現させる情熱とエネルギーと技術者の魂に胸が熱くなる。

リアルが売りのSF作家様なので、これを読むと、逆にまだまだ困難は山積みだなーと思っちゃう(政治的な問題も大変だった。小説の中でも)けど、でも待て、飛行機だってロケットだって月旅行だってネット社会だって、それがないときの社会に生きていた人からすると正気の沙汰じゃない技術だと思うぞ。最初の扉を開けた初めての人間たちは、一般人からは狂人と後ろ指を差され、笑いものにされながら新たな道を開いていったんじゃないだろうか。俺はダムのてっぺんから下を見下ろしても、都庁などの高層ビルを下から見上げても、「人類って凄くね?」と感動してしまいます。他のいかなる生物にこんな事ができようか?

しかし、総建設費1兆円ってホントかいな。さすがに安すぎない?(笑)

オリンピック誘致とかに金使うのもまーいいんだけどさ、こういうところにもっと回そうよ。

こんなニュースもあります。

●12歳の少年が新種の太陽光発電を開発

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080919_boy_invent_new_solor_system/

エコバック(笑) とかマイ箸(笑) とか自然回帰(笑) もいいけど。

もっと前向きに、前へ!前へ! と生きるエネルギッシュな人たちに、協力とは言わないまでもせめて邪魔をしないのも、閉塞した人類社会の福音になると思うぞ。

倒れるなら前向きに倒れようよ。

めざせ!ラーフ・システム!!!

Gennyou0023031

今度発売する「ジオンの幻陽」より。しつこく宣伝!!!(笑) 巻末のおまけにSF監修の小倉信也さんによるラーフ・システムの詳細な解説もあるぞ!!! ラーフ・システムのアイディアは、今の技術でも実現が不可能ではない、ある現実の計画を基にしていたのだ!!! ガンダムに興味ない人も必見!!!(笑)

追記:

※JSEA 日本 宇宙エレベーター協会公式サイト

http://www.jsea.jp/

基礎知識や実現化の課題の解説が非常にわかりやすいです。予備知識がなくても読めるし、なかなか奥まで踏み込んでもいます。画像もカッコよく、イメージが沸きやすい!!!

|

« ココログに「ウェブページ」作成機能が | トップページ | うおっユニコーンにカプールが! »

◆◆森田崇作品関連◆◆」カテゴリの記事

☆機動戦士ガンダム」カテゴリの記事

♯宇宙・科学」カテゴリの記事

コメント

何年か前に見たNASAの研究企画にも
軌道エレベータありましたねー

プレゼンタイトルが
I have a dream.
だったのが印象的

投稿: かんた | 2008年9月20日 (土) 01時21分

上記の協会のサイトにも、NASAで賞金提示して競技会開いて、民間に必要な技術の提供呼びかけたりしてると書いてますわー。

>プレゼンタイトルが
>I have a dream.

・゚・(ノД`)・゚・。 感涙。

投稿: TAK@森田 | 2008年9月20日 (土) 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106381/42528759

この記事へのトラックバック一覧です: またまた軌道エレベータにゅーす:

« ココログに「ウェブページ」作成機能が | トップページ | うおっユニコーンにカプールが! »