« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

単行本発売記念〈2〉「ジオンの幻陽」キャラ人気投票!

「ジオンの幻陽」単行本発売記念第二弾。

かねてから予告していた、キャラ人気投票です。

投票、お待ちしております!!!

エントリーメンバーは、迷ったのですがとりあえずこんな感じになりました。

ケイ・キリシマE、LO、FAタンあたりは票取りそうなんですが(笑)、描写が多かったわけではないので一歩引いてもらいました。

インドラ・クルーのユキノさんラムカナ副長ドゥーアンあたりも入れたかったんだけど。

あと単行本描き下ろしで登場のカイゼル伯ヴィール大尉あたりにも自重お願いしております。

ハマーンミネバグレミーリィナホワイトメッチャーあたりのZZ本編登場キャラも自重。票持っていかれたら悔しいからw

| | コメント (13) | トラックバック (0)

単行本発売記念〈1〉「ジオンの幻陽」壁紙配布!

と言うわけで今日発売です!!! 「ジオンの幻陽」

単行本発売記念第1弾。恒例の表紙イラスト壁紙配布です。自分用に作ったのをアップしてるだけですけどw

Comix72dpi

表紙の処理で色調整などのアレンジが結構かかってるので、コミックスと印象が違うかも。この壁紙バージョンはポップな感じ、コミックス表紙バージョンは重厚な感じですね。

第2弾は、キャラ人気投票です! 近日アップ。どうぞご参加を!

| | コメント (10) | トラックバック (1)

改めて告知!!! 「ジオンの幻陽」コミックス!!!

「ジオンの幻陽」単行本発売、角川の公式ページやアマゾンにも表紙画像がアップされ、いよいよカウントダウンに入りました!!! 

ここまでの道のりは長かった…

前回は「1、2巻」と書きましたが、どうやら「上・下巻」になったみたいですね。

てなわけで、単行本告知、再掲です!!!

「機動戦士ガンダムZZ外伝 ジオンの幻陽」

2008年10月25日 単行本上・下巻同時発売!!!

漫画:森田崇 

脚本:中村浩二郎・上石神威 設定考証:小倉信也 協力:小松原博之

原作:矢立肇・富野由悠季 発行:角川書店(月刊ガンダムエース連載)

Ga72dpi_8 

宇宙世紀0088―― 「エゥーゴ」「ティターンズ」の戦いの爪跡が残る地球圏。
その間隙を突き、かつてのジオン公国の残党勢力「アクシズ」のコロニー制圧が始まった!!!

アクシズの艦隊を率いる士官フェアトン・ラーフ・アルギスは独自の戦術・戦略を駆使しコロニーの無血占領やソロモン海戦にて大戦果を挙げる。
だがフェアトンには、ジオン再興とは別の、彼の独自の野望があった…
彼の野望、それは、「太陽を掴む」こと…

怪人「フェアトン」の野望を縦軸に、歴史的な視点から見たUC0088(ZZの時代)を横軸に描いた、宇宙世紀を舞台にしたオリジナルストーリー!!!

★コミカルで、ともすればハチャメチャとも取られがちなZZの時代を、昔から語られてきた裏設定考察を押さえて厚みを持った宇宙世紀史として再解釈!!!

★その上で新キャラクター・新設定を使い限りなく正史にがぶりよった、挑戦的なストーリー!!!

上・下巻とも各約30ページの描き下ろし新規ストーリー収録!!! ZZ本編のあのシーンの裏で!!?

★その他にも新規描き下ろしページ多数!!! ZZ本編のあのキャラも登場!!?

★巻末に登場モビルスーツなどの資料ページ収録!!! フェアトン艦隊の全貌!!!

★ガンダム史に新たな1ページを残した、小倉信也氏製作の「ラーフ・システム」の解説も!

★大きくクローズアップされる事の少ないZZの時代(UC0088)。ですが、宇宙世紀を舞台にした正統後継作品ともいえる、福井晴敏先生が現在連載中の「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」には、ミネバ・ザビプルシリーズネェル・アーガマなど、ZZで描かれた要素が多く生かされています。そう、ZZの時代も列記とした宇宙世紀なのです。ユニコーンの前史としても必見!!! 

●角川公式サイト

機動戦士ガンダムZZ外伝 ジオンの幻陽 (上)

アクシズの艦隊を率いる士官フェアトン・ラーフ・アルギスは独自の戦略・戦術を駆使し、コロニーの無血占拠やソロモン海戦にて大戦果を挙げる。新規描き下ろしストーリーを特別に収録した「ZZ」公式外伝第1巻!

機動戦士ガンダムZZ外伝 ジオンの幻陽 (下)

ネオ・ジオン軍のフェアトン・ラーフ・アルギスはハマーンの地球降下作戦時に北米ニューヤーク基地を見事に奪還。その後、アクシズ防衛戦へ参戦する…。新規描き下ろしストーリーを収録した「ZZ」公式外伝第2巻!

そろそろ早売りとかは始まってるのかな?

ご感想、お待ちしております!!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

お友達の漫画が

10月25日の発売までもうほんの少しとなった「ジオンの幻陽」

最後のひと宣伝の前に(笑)、ひとつ全く別の宣伝があります。

僕のサンデー新人時代からの友人でもあり、今でもちょくちょくやりとりさせてもらっている漫画家・藤木俊先生週刊少年サンデーにおいて「こわしや我聞」連載)新作読切「あかね☆スターダム」が、「ジオンの幻陽」発売と同日である10月25日発売「サンデー超(スーパー)」において掲載されます。良かったら、あわせて宜しくお願いしますです。

Photo

略して「あか☆すた」だそうで。…オイ!w

しかしどうもこんなロリなコにセクハラ漫画らしいが、大丈夫か!? 法律とかよ!? ww

…とは言うものの、藤木先生ご本人は、ご自身が「漫画家としてはコンプレックス」と言っているくらい、真面目な方です。

また本人曰く、「PTAには逆らいません、それが俺のジャスティス」と言っているので大丈夫だと思います。

さらに本人曰く、「セクハラ漫画なんか描きたくないのに担当にムリヤリ描かされる私に萌える漫画」らしいです。

…「どの口が!」とも思いますがwww

さて、なんで突然「サンデー超」の話かと言うと。

ガンダム仕事以前から僕に注目してくださっている方はご存知だと思うのですが、実は僕のデビューは、この「サンデー超」と言う雑誌だったりします。読切などではありますが、一応僕も作品を数本載っけております。(詳しくは←の「作品紹介Ⅲ読切作品」参照) …なもんで、いろいろと複雑な感情がwww

それと、この藤木先生の読切自体、新作ではあるものの、藤木先生の新人賞受賞作のリメイクなので、大本の作品、実は僕ずーーっと昔に読んでるんですよね。なので、ちょいと感慨深いと言うか、思い入れがあったり(笑)。

当時助っ人アシスタントで草場道輝先生(現在ビッグコミックスピリッツにて「LOST MAN」連載中)のサンデー初連載作、「ファンタジスタ」のお手伝いにお邪魔して、そこで藤木先生とも出会ってこの読切を読ませて戴いたのですが、その受賞作の時点からして、ヒロインの女の子が強烈に可愛かったのを覚えています。(ロリ的な意味でw

あまりにこそばゆいほど可愛かったんで帰りの飲みで藤木先生をちゃかして盛り上がっちゃって、それで今でもどうやら藤木先生から恨まれているぽいのですがw、つまりそうしたくなるほどあの時点で萌えキャラパワー、匂いがあったと言う事です。その後の藤木先生のご活躍はご存知の通り。「こわしや我聞」でサンデー本誌の連載を取っちゃってメジャー作家の仲間入り。 現在も雌伏期間を経て、またまた始動の気配が漂ってくる今日この頃であります。くそっ!(笑) そうそう、担当さんもいっしょだったから飯も何度かいっしょに食べたんだよなあ。懐かしい。

前述の飲みの時藤木先生と、河合克敏先生「帯をギュッとね!」保奈美と桜子の柔道着下ナシのエロさについても一緒に盛り上がったものです。そう、その藤木先生の受賞作、つまり今回の藤木先生の読切にはまさにその精神が脈々と生きづいているのです。こうやって文化は受け継がれ、発展していくんだなあ(涙)。

てなわけで、ちょっといつもと毛色が違う宣伝でしたー。

勿論、「ジオンの幻陽」、お願いしますぜ!!!!

P.S.

藤木先生に、「『ジオンの幻陽』の宣伝に合わせて、ブログで『あかね☆スターダム』の宣伝もしていいですか? 『検索→藤木さんのファン引き込み』期待的な意味でw」と言ったら、「サンデー超の発行部数のせつなさ知ってるくせに。取り上げてもそんなにメリットありませんよ(笑)」と言われた。 そうなんだよなあ。発行部数のせつない雑誌なんだよなあw

…とは言えサンデー作家のお名前の力はやはり大きいと思いますよ! 外から見てるからこそわかる!

藤木俊先生の少年サンデー連載作「こわしや我聞」↓ あと帯ギュの例のシーンはこの巻だった(チェックしなおしたw)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

国際航空宇宙展

もう1週間前になりますが、5日、小倉さんと白土さんに誘われて国際航空宇宙展に行ってきました。会場はみなとみらいのパシフィコ横浜なんで、自転車で行けるくらい近いんですよね。おおっ、こんなところでこんな事やってるなんて!

これは…GOSAT? 1/1模型。

Img_1705

小型超音速実験機。実物らしい。

Img_1696

UAV(無人航空機)。かっけー。

Img_1671

Img_1675

軍事ものも結構あった。中入れたぞ。心神は写真撮影禁止だった。

Img_1689

ヘッドマウントディスプレイ。もう軍事も未来ですやね。

Img_1682

ヘリに搭載する空撮用のカメラ。グリグリ動いて面白かった。

Img_1735

これで動かします。このシステム6000万するらしい。6000万を、お子さんがグリグリ。

Img_1737

この日、モーニング連載「宇宙兄弟」の小山先生がいらして講演をしてらしたらしい。

いいなあ、宇宙漫画描けて。

キィィィッ、妬ましい!(笑)

いつか絶対俺も描くぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »