« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

おっ、@niftyニュースで紹介されてるじゃん

いよいよ開始!「裁判員制度」を肌で感じるエンタメソフトとは?速報:@niftyニュース.

おおっ、「ジキルとハイドと裁判員」も紹介されてるじゃん!

しかも画像つきで♪ 俺の絵俺の絵!(笑)

と言うわけで、是非是非皆さん、よろしくお願いしますねー。

記事は裁判員制度を題材にしたゲーム・ドラマ・漫画などを紹介するもので、その中のひとつとして「ジキルとハイドと裁判員」が取り上げられています。

>SFコミックでは~

と紹介されているのが、なにげに嬉しい。 あくまで自分は、SF・歴史・冒険もの・ヒーローもの系の漫画家だと自負していますので。
ジキルもあくまで自分としては、頭脳バトルの、裁判を舞台にした(ダーク)ヒーローものなんよ(笑)。もちろん弁護士さんの監修と脚本のしっかりした、社会派の作品でもあるのだけれども。

まず「ワクワク面白く読めること」を心がけていますので、難しい題材だと敷居を高くせずに、俺としてはバトル系少年漫画好きな人にこそ読んでいただけると嬉しいです。内容は「ジョジョの奇妙な逆転裁判」とか「デスノート」とか「寄生獣」とか言われてる感じですので(笑)。(友達にはジキルは月よりもルルーシュに似てるといわれたな。)

…なので、特に(心が)若い読者さん! 応援ヨロシクたのんます!(笑)

なんかスペリオールの読者さん今のところどうもマジメなおじさま方が多いのか、不思議設定に違和感あるらしく、アウェイ感がたまらないんだぜ!www
俺としてはこれでもまだ硬いと思ってるんだけどなー。

でもスペリオールって、小山ゆう先生「あずみ」とか太田垣康男先生のバリバリの宇宙SF「ムーンライトマイル」とか乃木坂太郎先生「医龍」とか、最近始まった石川優吾先生のパニック物「スプライト」とか、星里もちる先生の「光速シスター」とか、SF設定やバトル感覚のあるワクワク作品って多いんですよ? 若い読者さん、是非手にとって見て!!!(笑)

あと、スペリオール昨日発売でしたね!

薬師寺さんボロボロ。ジキルくん恐ろしい。裁判恐ろしい…。

次回、評決! 

…でも1回休載挟むの。ゴメンネ(´・ω・`)。原稿落としたわけじゃないので注意!(笑) 

この作品編集さんの目から見ても大変な企画らしいんで、事件の練りこみ・脚本・ネーム・作画…のクオリティーを保つためその他の、諸所の事情での総合的判断…らしいです(笑)。余裕できて嬉しいような、ちょっと悔しいような。

その代わり近いうちにまたカラー入るらしいんで、お楽しみに!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

最近買った漫画

●ウルフガイ 5巻
師匠たちの新刊。
師匠最近すごく仕事を入れてるのでたくさん読めそうで嬉しい。
おおー、とうとう5巻か。
表紙の羽黒カッコイイ。でも羽黒受難の回。
あんなことがあったんだから無理もないといえば無理もないのだが、博徳中の生徒の責任転嫁ぶりは「こうはありたくない」という人間像の典型ダナとオモタ。

●アオイホノオ 2巻
「燃えよペン」「吼えよペン」の炎尾燃の青春記。というか島本先生の青春期? サンデー版「まんが道」。
高橋留美子先生やあだち充先生、細野不二彦先生が出てきたときの衝撃、空気が、「当時の漫画家を目指す若者」視点でリアルに味わえて面白い。若き庵野監督も出てくるし。過ぎたことなのにドキドキするぜぃ。この巻では、「めぞん一刻」の新連載の広告に笑った。「大人から留美子さんを守れ」て(笑)。アイドルだったんだなー。

ゲッサンで続きが始まってる。ゲッサンも買い続けなきゃかな。

●僕の小規模な生活 2巻
なんか漫画家漫画多くなってきましたね。このほかにも「バクマン」「ひまわり」。「僕の~」は一見ダメ主人公に見えるように描いてるけど、ちゃんと20代で仕事取ってるし、若いときからカワイイ奥さんに支えてもらってるし、なにより「面白い漫画」描かれてるし、どう見ても勝ち組(笑)。騙されちゃあ、あかん。
でも逆に、はたから順調そうに見えても、編集さんとのやり取りのシーンや後書きを読むとやっぱりみんな大変なんだなーと思った。

●高校球児ザワさん 1巻
こないだの飲み会のときに作者さまの三島さんとお会いしたんで、興味を持ってスピリッツ買って読む。(スピリッツ最近面白くなってきた)
みんなが「ザワさん ザワさん」って呼んでたの、わかった。フェチ漫画の主人公の名前で呼ぶってww まあ本人が描いてるからいいのか。
面白かったんで、コミックス買いました。


●裁判員の女神 1巻
立場上、買わずにはおれん(笑)。(ちなみに「サマヨイザクラ」も買ってます。)
やっぱり裁判員制度で連載続けようと思ったら、裁判官を主人公にするしかないよねえ。でも化け物が出て来たりのファンタジー設定は「ジキル」だけだろうと思うのでそこは安心。


●はじめてのあく 1巻
ふじきさんの新作。「ジキル」のちょっとあとに始まったんだよね。コミックスはほぼ同時発売か。週刊連載は早い。凄い。サンデー疎遠になっちゃったんでチェックし切れてなかったけど、今回まとめ読み。相変わらず女の子がかわいい。漫画としても、ギミックもキャラも主人公も設定もいい具合に軽めに派手で、スルスル読めて、上手くなったなーと嫉妬。人気来てるだろうな。ウキー、サンデー作家になれなかったの悔しいよう! 若いカワイイ絵柄の作家さんばっかりで、もう入れる気がしねー。ちっ!__| ̄|○


●ゲッサン 1号
あだち充先生!あずまきよひこ先生!
なんか凄い売れそうな匂いがする気が!
ゲッサンもともと注目してたんだけど、編集さんのコメントかなんかで「日常感を大切にする」と言ってたんで、「あーSF系はダメですか… じゃ、俺また関係ないか」と拗ねてた。でも、載ってる漫画や今後のラインナップ見てみたら、バリエーション豊かで、そうでもなくね? 歴史物もあるし、飛行機空戦ものも始まるっぽいし! 空戦ものなんてのがアリなら、是非描きたかったのに。そうか、どんな舞台でも日常感は大事、と言う意味で言ったのかな。だとしたら大賛成。ああっ、俺は声かけられなかった!ガーン! でもカワイイ絵柄の若い作家さんの中に入ってSF描いても、勝てる気がしねえ。ガーン。

島本先生のアオイホノオの続き、森尾さんのビーチスターズの続きが載っている。ながいけん先生も載ってる。読めるとこ多そうだ。「あずまんが大王」補修編は、さすが!面白い。問題は、これが3号限定掲載なとこ(笑)。「よつばと」こっちに移ってきてくれないかなー。(ひでえ(笑))


★★★
先月買ったもの。

●ヒストリエ 5巻 
●ラッキーマイン 4巻 
●ヴィンラント・サガ 7巻 
●へうげもの 8巻 
●バクマン 2巻 
●医龍 20巻

最上級に楽しみにしている作品たちの新刊ラッシュで、しかも自分が一番忙しい時だったから、ブログでも記事なんも書けなかった。書き出したらキリがなさそうで。ガーン。

でも最近直接会った作家さん多くなってきて、なんか書きづらくなって来た。いや、もともと基本的には好きな作品のことしかとりあげないんで、ほとんど悪いことは書いてないつもりだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

裁判員制度今日から開始

裁判員制度今日から始まりますな。
さて、どうなることやら。
メディアなんかの特集で「ジキルとハイドと裁判員」も取り上げてくれるとありがたいんだけど(笑)。

先日、ニュースキャスターたちが一堂に会して、 裁判員制度に関しての緊急声明を出されていた。

「裁判に透明性を!」とのこと。

裁判員制度 テレビ各社のキャスターがアピール「視聴者の視線に立った報道を追求」
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00155479.html

「裁判員の皆様には判決後の記者会見に協力していただきたい」 との声(安藤優子キャスター)もあった。
が、評議の内容を暴露してしまうと罰則付きの守秘義務違反になってしまう。今の制度のままでは、「開かれた裁判」とは言えない、と。

たしかに評議は密室で行われているし、判決に関わるのは裁判官3人と裁判員(一般人)6人という限られた人数だし、このくらいで「市民感覚の反映!」と言うのはどうなのかな、と、「ジキル」描いてて思わなくはない。(僕の立場でも、実際の評議の現場に立ち会っての取材が出来ないのはもどかしい(笑)。)

ただ、裁判員制度に参加する一般人の不安として、「誰がどういう意見だったかが漏れるのが恐ろしい」と言うことがある。被告人の関係者に報復されるのではないか、とか、世間から非難されるのではないか、とか。自分の良心に基づいて真剣に討議しても、死刑判決に賛成したことが漏れて「死神」呼ばわりの報道をされたらたまらないですしね(笑)。プライバシーへの配慮から、評議の秘密は守られるべきだ、とのスタンスはわかる。難しいです。

なんにせよ、この制度をきっかけにこの国の司法制度、司法に対する世の中の感覚がずいぶん変わっていくのではないかと感じた。少なくとも政治と同じ程度には「自分のこと」として考えるようになる、そのきっかけになったかと。それこそが裁判員制度の功績か。
歴史のターニングポイントと言えるこの時期に、それに直結する作品に関われてるのはなかなか幸せなことではないか。いえー!

もうひとつ。
キャスターさんの会見でも言っていましたが、「裁判と言うものが常に正しいとは限らないと言う事も知って欲しい」ということもあります。

いやー「ジキル」読んでるとそう思わない?(笑)
描く側としても思います。勉強すればするほど。
どっちに転ぶかわからないですよ。こんなの。
しかも現実には「トントン」も「ハイド」もいないわけだからねー。
正味の話、真実にたどりついてるかどうかなんて、誰にも保障できない。うわー恐ろしい。

「裁判なんていい加減なものサ。」

それでも、完全ならざる人間が、少しでもより良いものを求めて、えっちらおっちらやっていくしかない。人は神ではないのだから。

そのためのひとつの試み。それが裁判員制度です。多分。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「ジキルとハイドと裁判員」1巻発売!!!

さて、今更ですが、去る4月30日

「ジキルとハイドと裁判員」単行本1巻発売!!!

しました!!!

Comix01

ボクは裁判員をだます!

若き法の守護人は、正義のため、法を裏切り飛び立った。

[漫画] 森田崇

[脚本] 北原雅紀

[法律監修] 弁護士・今井秀智

ひゃー、やっと宣伝できた。

発売して二週間も経っちまったよ。ガーン。

さて、改めて。

ようやくと言うか、早くもと言うか、ジキル、単行本1巻分たまりました。

いやーもう、楽しんでいただけてるのかどうか不安で不安で(笑)。今まで僕を応援してくださってくれていた方たち、SF・歴史・バトル漫画系統の僕の絵柄や演出を気に行ってくださってた方たちが興味を持ってくれるかどうか、逆に、この題材を好む方たちが僕の作風を受け入れてくれるのかどうか、と(笑)。

いや、自分では企画を戴いたときからピンと来るものがあったから、合ってないとは思ってないんですけどね。例えば僕が大好きな「銀河英雄伝説」などともテーマ的に通じる部分があると思いますし、巷では「ジョジョの奇妙な逆転裁判」(笑)とかも言われてるようで、そっち系統のファンにも親和性高いと思いますし(笑)。某ノートとは似すぎないように似すぎないようにとは思っているものの、僕もあの作品大好きなんで(笑)、そちら系が好きな方たちにも気に入ってもらえると思うんだけどな。

また、師匠たち「アクメツ」SF「政治」ヒーロー漫画なら、こっちはSF「司法」ヒーロー漫画じゃ、と言う意識もあったりなかったりしております(笑)。…だけど、どうもスペリオールの読者の方たちは僕が思っていたよりずっとマジメな大人の方たちのようで、最初はなんじゃこりゃ、と思われたかも(苦笑)。えーい、若い人、応援してくれ!!(笑)

★★★

ちょっとまじめな話。

この漫画は、言うまでもなく、裁判員制度と言う、日本人が、これから否応なく関わらざるを得ないシステムが舞台です。(市民が関わり合いになるのは、裁判員になるかどうかだけじゃないです。司法のシステムが大きく変わることによって、犯罪被害者になった時にも、また、容疑者となってしまった時にも関わってくることだと思います。)

この漫画を読んで、「政治」だけじゃなく、「司法」にも興味を持ってくださればなと思います。法律監修の今井先生にお世話になりながら、僕も一緒に勉強です。

裁判員制度の意義。以下は漫画の中で触れられるかどうかわかりませんが、歴史好きの自分の観点からすると、こうなります。

古来「」が独占していた権力ですが、近代になって市民が主権者となり、権力の集中を避けるために、それを三つに分離しました(三権分立)。すなわち、司法・立法・行政(裁判所・国会・内閣)です。

この3つは違う機関であり、お互いに監視しあってます。この3つの権力が、ひとりの人物なりひとつの機関なりに集中すると化学変化が起こり、再び独裁体制になってしまいます。(独裁=悪、かどうかは、これまた簡単な問題ではないんですが。これもジキルのテーマにも通じますね)

この三権の中で、立法・行政に関しては、一応選挙と言う形で、関節的に、主権者である市民が関わっていくことができます。(あくまで主権者は市民であって、一応建前上は、政治家たちは、市民から主権を委託された代理者と言う事になります。

なのにこの中で「司法」だけ、やけに市民が関わる機会が薄いな、というのは、なんとなく昔から気になってはいました。

そういう意味では、今回の司法改革は、僕は実は精神としては、初めて聞いた時、それほど違和感はありませんでした。そりゃめんどくせーけど、民主主義とは「国民の不断の努力によって保つもの」だし、基本的に権利と義務は表裏一体のもの「自由」と「自律」もセットだと思っているので。

ただ、その精神を実現するシステムが、果たして「裁判員制度」でいいのかどうかは、僕もまだ見解が出来ていませんね。正直、欧米の陪審員制度だって、「数人の素人に裁かれるのなんて怖いシステムなあ」と昔から思ってましたし。

いろんな思いがあります。

この漫画を描きながらいろいろ勉強して、自分なりに見極めて行きたいと思っています。

★★★

なーんて固いことだけじゃなく、単純に、頭脳バトルもの、危ういヒーローものとして、漫画として、面白いものにしたいなと思っております(笑)。

自分は「絵師」と言うより物語作家、あくまで「漫画家」のつもりなんで、ガンダムの時と同じく積極的に話作りに口出させてもらってますが、今回のこの企画は、こりゃどう考えても自分ひとりではムリだ(笑)。操らなきゃいけない予備知識、多過ぎ!(笑) キャラドラマに関してくらいだな、強く言えるのは(笑)。

小学館の編集I氏のプロデュースは素晴らしいし、北原さんの脚本は、この複雑になりがちな話をとても面白く読ませてくださいます。自分に足りないところがよくわかる。勉強になりますわ~。弁護士の今井先生はとても頭が柔らかく、物語作りの感覚を持って相談に乗ってくださいます。(リスクあるでしょうに…(笑)。)

なので、上記の見解を幼稚だと思った方も、ご安心を(笑)。その辺は僕個人の見解であって、「ジキル」に関しては、I編集、北原さん、今井先生の合作だと思っております。そしてこのお3方は、僕と違ってちゃんと大人なんで(笑)。ともすれば暴走しがちな僕を抑えて、ちゃんと社会派作品にしてくださっていると思います(笑)。

みなさんのレベルの高いお仕事を台無しにしないよう、僕もがんばらにゃあかんです。がんばるぞっと。

てなわけで、みなさま、どうか応援、よろしくお願いしまーす。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

スタートレック試写会・漫画家さん飲み会

遅くなりました。コメントのレス書きましたー。

二ヶ月前のからあるんで(笑)、チェックして下さっていたら読んでみて下さい(笑)。

●近況報告1

竹書房の編集さんに誘われて、映画「スタートレック」の試写会行った。

うおーっ! これだよこれ!!! 

フロンティアスピリット!!! 

この「やったるで」感!!!

宇宙…それは人類に残された最後のフロンティア
そこには人類の想像を絶する 新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない
これは人類最初の試みとして5年間の調査飛行に飛び立った宇宙船USSエンタープライズ号の脅威に満ちた物語である。

いやーやっぱ燃えるなあ。

一見さんに非常に優しい作りですよ。

「スタートレック」と言うより、今回これ「宇宙戦艦ヤマト」かも! 燃える。

なので、SF映画や宇宙もの映画が好きで、スタートレックに興味はあるけど敷居が高くてまだ見てない、と言う人、そういう人にこそ見ていただきたい。

今までのスタートレック映画と違って、予備知識なんもなくても見れます。普通のSFハリウッド映画として見れます。まあ、「カーク船長」「ミスター・スポック」「ドクター・マッコイ」「バルカン人」「USSエンタープライズ」くらいは知ってると、より燃えるかな。

大丈夫! 僕もそれなりに見てるのはピカード「新スタートレック」ジェインウェイ「ボイジャー」くらいで、一番最初のスタートレック(カークのヤツ)は6、7話見たくらいでしかないですが、十分楽しめましたから!

今回のはいわゆる「エピソード・ワン」みたいなものです。(厳密には違うけど。)

ツッコミどころや疑問がないではないし、スタートレックの魅力である哲学的SFな部分は少なめっちゃあ少なめだけど、一見さんにも優しいジェットコースタームービーにしたJ・J・エイブラムスの戦略、健全なエンターテイメント感覚は、僕は肯定しますねー。設定遊びになりすぎてマニア向けだけの袋小路に陥るのは、二時間前後の映画としては不向きだと思いますから。大丈夫、これを入口にすれば、そこには広大なスタートレックの世界が広がっていますから!!!

●近況報告2。

最近、モーニングで「ラッキーマイン」を描かれていた鈴木マサカズ先生パチンコランド「がんばれミタカーズ」を描かれている橋本省吾先生たちと仲良くさせていただいてます。その繋がりで、年の近いいろんな凄い作家さんたちと飲む機会が!!! 鈴木さん、ハッシーさん、顔、広!!!!

ホントは自慢しまくりたいんですけど、ここで全部名前を列挙していいものかどうかわからんので微妙に濁しますが(笑)、とにかく凄い人たちがたくさんたくさん。自分も読者だった先生方とお会いできてテンション上がる上がる。小倉さーん、「プラネテス」幸村誠先生ともお会いしましたよー!(笑) 宇宙もので名作描かれて悔しい悔しい、とクダを巻いてきました(笑)。なんて迷惑なヤツだ、俺w

先日は一色登希彦先生とお会いできました。「ペリエ物語」「ハルウララ物語」描いた時、「ダービージョッキー」片手に描きました。お世話になりました(笑)。一色先生が「Clock Clock」を持ってくださっていて、ビックリ。何故???

漫画家ってほっとくと引きこもりのような生活になってしまいますので(笑)、編集さんや他の漫画家さんのお誘いがあったときには出来るだけ出て行こうと思っております。皆様、今後ともヨロシクお願いしますです。

●近況報告・3。

いや、近況報告じゃないっしょ!

コミックスの宣伝しなきゃ!!!

これは、エントリーを改めて!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »