« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

【東京都議会の舞台裏で何が起きたか?フォーラム】

【東京都議会の舞台裏で何が起きたか?フォーラム】
青少年健全育成条例に関して。
武蔵野市の松下玲子都議の都政報告会。

http://togetter.com/li/16262

出席者の方の実況ツイートが読めます。

「森田を含め一部の変な漫画家やオタクが騒いでるだけだろ?」
と思っている方。
「なんとなく規制した方がいいんじゃない?」
と思っている方。

都の議員さんの主催するちゃんとした都政報告会なんで、
ついつい過激な怒りが吹き出してしまう俺の文章より、
ちゃんと信頼できると思います。

今何が起こっているか、何が危険かちょっと感じられると思う。

論点としてはいろいろあるが、
やはり、基本、

山口弁護士
表現の自由の議論は特殊な前提がある。
議論の前提に、表現の自由の前提がある。
よって、一度おかしくなると、どんどんおかしくなる。
多数決の正当化の根拠は、「何が正しいかわからない」という前提。
よって少数派に意見を述べるチャンスを与えるべき。
表現の自由は、少数派を守るため。
よって、多数派が提出する、表現の自由制限の法案はおかしい。

表現規制は、一度やってしまうともとには戻せなくなる。
他の問題に比べても特別厳重に取り扱わなくてはならない。

ここは全ての人に関わりがある部分のはず。

是非読んで!

追記:
このツィートの方がわかりやすくまとまってました。


山口弁護士曰く、表現の自由とはそもそも「議論」の大前提。多数決によって「暫定的に」決定した事項に不都合がある時、少数派が反対意見を表明し将来それを再び覆すチャンスを与える機能と。表現の自由がなければ少数派にはリベンジの機会すらなくなり、多数決が全てを不可逆的に決定する全体主義に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【記録】アグネス親衛隊とやりあった【2】 ~vs母親編

わあっ、
「アグネス親衛隊とやりあった【2】~vs母親ver.」
纏めようと思ったら、相手の人アカウント削除してる!
逃げられた!
逃げられたから相手の正確な言葉が残ってない!

逃げられたけど、それに関連する自分のツイートコピペっとく。

相手は「rosa_cornelian」。
アグネス信者の母親。

ちなみに、この方は悪い方ではないと思います。おそらくアグネスも。
いや、問題は善意かどうかじゃないんだよね。
何度も言ってますが、善意が人を殺す場合があるので。
圧殺される側からすると、相手が善人かどうかって何の関係もない。

出来ればわかって欲しいとは思うけど、それには例によって自分側に怒りが吹き出すぎてるんだよなー。

以下、例によって、最初は僕のツイート

他の方のツイートは前回と同じく、この色で。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●TAK_MORITA
アグネスの子供って3人とも男子なのか! 大丈夫かな、歪まないかな。割と本気で心配になる…。

●TAK_MORITA
まあ、人間誰しも歪みを持ってるものなんで、大した問題ではないとも言えるが。

●TAK_MORITA
一応理由を言っとく。潔癖すぎる親だと、自分の内面にある欲や悪との付き合い方がわからなくなるから。(とくに性的なものに関して)

●TAK_MORITA
男の子なら誰しも、親にエロ本が見つかってうあああああってなった事あるだろう。あの親がアグネスだったらと思うとゾッとする。絶対歪む。

●TAK_MORITA
外からの性情報を過剰に隠して罪悪感を植えつけて、アグネスは自ら「健全な性教育」とやらを3人の息子に手取り足取り教えたんだろうか。…あれ?

(このあたりでrosa_cornelianさんがコメント。)

■rosa_cornelian
アグネスさんのお子さんが男の子とだと何故歪むんですか?あなたのお母さんはどんな方だったのですか?

●TAK_MORITA
良かったらここ読んで下さい。http://togetter.com/li/15060 
あと、僕のサイトも読んでみて頂ければ。

●TAK_MORITA
幼少期はウチもどちらかと言うとアグネス系の母親だったと思います。自分の「男の子の部分」に対して理解してくれないなあと圧迫を感じていました。

(補足:「男の子の部分」と言うのは、性的なものだけじゃなくて、例えば戦いとか少年誌的なものに対する男の本能的な好感に対しても「くだらない」「悪い」「暴力的」「人間らしくない」などの嫌悪感を示されました。精神的自立前の子供にとってはそれは辛い。ウチの場合父親の方に理解がありましたが。)

●TAK_MORITA
いい子でいようと思えば思うほど内圧が高まって行ってたと思います。小学校高学年~中高生あたりから自分でバンバン漫画や小説などに触れるようになって、世界が広がって、価値観が相対化されて(まだ)よかった。

●tougarashibouya
アグネス氏の場合はものすごく恐ろしいお仕置きがありますよ。8時間正座説教なう的な。

●TAK_MORITA
ひいい。 冗談抜きでまずいのは、親に対して孝行的な「いい子」ほど、「自分は悪い子なんだ、おかしいんだ」と追いつめられてしまうこと。

(他の方のrosa_cornelianさんに対するコメント)

●mezzo
僕は「普通」を強いる親に育てられた自覚があるのですが、結果社会に対して物凄く脆弱な人間になってしまったと考えてます。当然自分も責任はありますが、濁りを楽しむくらいの気概も教えなければ、諸行無常のこの世界を生き抜いて行くのはやはり困難だと思うのです。

●TAK_MORITA
それは僕も感じます。ホント、人間には内面的に欲も悪もあるって事を、隠すべきではない。ホントに。 そして、その場合、一番苦しむのは、アグネスが守りたかったはずの「いい子」。

●popn
性的なことに潔癖で性的な話題が出た時に子供の前で「汚らわしい」と態度に示すような母親だと男の子だけでなく女の子も歪みます。女の子のほうが発散する場所(性に関する友達との会話とかおふざけとか)が持ちにくい分深刻かもしれません。

●TAK_MORITA
そういう時、「やんちゃな事を教えてくれる隣のあんちゃん、ねーちゃん」になり得るのが漫画だったり本だったりすると思うんですよね。

●popn
そうですよね。自分のエッチな興味や体や心の変化が異常なことではないと教えてくれるナニカが必要です。そしてそれは多様化しているべき。取捨選択は本人が嗜好に合わせてするべきです。

●TAK_MORITA
ですよね。

(しばらく間が開き、翌日? rosa_cornelian さんからレスポンス。
彼女がアカウントを削除してしまったので、彼女の言葉は現在残っていません。
で、以下、それに対しての僕のツィート。)

●TAK_MORITA
おっ、あなたは話が通じる人かも。みんなそうやって苦しんでいるわけですが、苦しみの種類は十人十色。一つの価値観で法律で染め上げようとしてしまう事は常軌を逸しているのです。アグネスが子供の事を「思っている」のは確かかもしれませんが、「いずれ内面に欲も悪も抱え持つ大人になって行く子供」の事を、真剣に「考えてる」わけではないと思う。

●TAK_MORITA
どうしても僕の言動は怒りが吹き出てるので、不快な表現があるでしょう。こちらのサイト、母親の立場からで素晴らしいので是非読んで欲しいです。【ポンコツ家族 母親の皆さんに 青少年健全育成条例改正問題について】 http://bit.ly/d0JpWU

rosa_cornelian さんから、「ご紹介頂いたサイトに一通り目を通しました。立場が違えば色々ですね、ただ、ネット上のアグネスへの様々な誹謗中傷は酷すぎます」的なレス)

●TAK_MORITA
読んで下さって感謝。表現の法規制に加担していない時の彼女への非難については僕は積極的に加担するものではありません。が、その後の活動に関して言えば、まさに僕も「圧殺者アグネス」だと思っています。このままいけば、僕自身も彼女を許そうとは思いません。

●TAK_MORITA
立場が違えばいろいろ意見があるものを、ひとつの法で権力的に圧殺し、他者を「罪人」にしてしまおうと言うのですから、それで憎むなと言うのはご都合がよろしいでしょうね。

●TAK_MORITA
「力」の種類として。権力や法の乱用は暴力よりも恐ろしく惨いものだ、と言う知識はおありでしょうか? 『苛政は虎よりも猛し』 と言う言葉を知っているでしょうか。

■rosa_cornelian
いずれにしても子育ては難しいです。思うようにいきません。答えなんてないから悩むんです。あなたのお母さんも、もちろんアグネスだって例外じゃないと思う。なのに外野から躾がなってないと言われると悲しくなります。

●TAK_MORITA
外野ではない。そちらが侵害してきているから激怒しているのだ。自覚してください。

(↑心配だ、とは言ったけど、躾がなってない、とは言ってないんだけどな。にしても、認める事との両立じゃなくて、あくまで矯正「だけ」なんだな、彼女らにとっての「教育」って。怖い怖い)

●TAK_MORITA
そして、「答えがないはず」の人さまの子育て、子供への情報の与え方まで「法的」に口出ししてくださるアグネス様を見習って、アグネス様のご家庭の躾まで心配して差し上げたのです。いやマジで心配ですけどね。歪むと思いますよ、絶対。

●TAK_MORITA
なんにせよ、「答えがないはず」とまでわかってくださったのでしたら、一色に法的に染め上げるのが不当だとわかるはず。アグネスに、あなたからより慎重な再考を促してくださると、アグネスの為にもいいと思います。

(このあたりで、彼女、消える。虐めすぎたかもしれないけど、論理は間違ってないはず。それだけ正当な怒りを買っているのだと言う事と、自分たちが圧殺者であると言う事を自覚したほうが良い。)

●boketsukkomi
それは彼女が自分が許容できないことは他人も許容してはいけないという極めて共産主義的な考えを持っているからでしょう。簡単に言うとエゴに振りまわされてる。

●TAK_MORITA
アグネスに共感している者は、それを自覚してないでしょうね。僕が最初から危険な全体主義者だと指摘してた所以です

●TAK_MORITA
何度でも言えます。アグネスは圧殺者のファシスト。圧殺者アグネス。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

以上。
もうここまで来ると「子どものため」でもあるね、アグネスや規制派と戦うのは。

【おまけ】
業界人食いつき良すぎw

●TAK_MORITA
そう言うファンタジーSFアニメ、漫画とタイアップして作りません?(笑)潔癖なアイドルが権力者に祭り上げられて民衆の内面を弾圧し、かつての恋人がレジスタンスを率いて涙ながらに彼女を倒す作品 RT @siglic アグネス・ヒトラー RT @TAK_MORITA: アグネスは圧殺者のファシスト

●TAK_MORITA
アグネスを裏から操る悪宰相シン=ターロ=イシハーラとピッグ・イノッセ=ナ=オッキ 、帝国特別高等警察のジュン・クラータとケージ・ゴート

●TAK_MORITA
でも、アニメにしたらこの女権力者人気出ると思いますw シンやオッキの方が腹黒に、クラータやゴートの方が陰惨に描きやすいw

●TAK_MORITA
アグネスだけ実名だとバランス悪いから偽名考えよう アグネルス=チャーンとかどう?

●TAK_MORITA
ア・グーネスいいですねw RT @FREAKSOFCOCK @TAK_MORITA ア・グーネス=チャソ

●TAK_MORITA
ラストはそのくらい行きましょうw RT @satoraremakoto @TAK_MORITA シン「俺は操り人形だったのか…小娘め…ははははオッキ、君も笑いたまえふぉふぉふぉー ガクッ」できまり。 おっとっと。

●TAK_MORITA
ア・グーネスはきっと幼い頃性的虐待を受けてるわけですよ。そのせいで男性性を悪と見做し、世界を浄化しようとするわけです。主人公は最初彼女に共感し、守りたいと思う。だが… @titaniumu @TAK_MORITA 青年誌向けの内容でお願いします(;´ω`)

【おまけ2・メモ】

エレナ・チャウシェスク

【国家政策】として【避妊と堕胎手術を禁止】したうえに、法律で女性に5人以上子供を産むことを強要したことにより、後に「チャウシェスクの落とし子」と呼ばれる大量のストリートチルドレンを生んだことへの責任があるといわれている。また、保健管理委員会の委員長として、共産主義国家にエイズは【存在しない】と主張。後の大流行の原因を作った。

【おまけ3・メモ】

浅い、と書いたが。

猪瀬直樹、後藤啓二、倉田潤あたりは、
わかっていて冷笑混じりで圧殺しようとしていると思われるので、より深刻。

猪瀬には、ネットも含む新しいメディアに対する、旧世代の身勝手な危機感があるのかもしれない。「若者の活字離れ対策」など、現状認識がエゴの色眼鏡で曇っているとしか思えない。これだけネット漬けでみんな活字を読んでいるではないか。単に、「書物」だけを特権階級のように思っている。エゴ。目が未来を向いていない。権力を持たすのは危険。

橋下徹は、前のエントリで書いたとおり、深く考えてないだけな気がする。
深く考えずに権力発動するなよ、と思うが。

石原慎太郎は…耄碌?

アグネスは、おそらく善意のバカ。
自分のキモチ以外は、「だってわかんないもーん」で済まそうとしている。
バカなのはかわいいものだが、バカが機関銃を持っているのは看過できない。

決して誇張でも侮辱でもない。

改めて言う。
「苛政は虎よりも猛し」。

反撃させてもらう。

【追記】

僕のこういう戦い方に関して心配してくださる方、ご不快を感じられる方もおりまして。

当然ですね。あまり行儀のよい戦い方とは申せません。

御助言有難いのですが、僕のスタンスの表明代わりに、その方へのメールの返信を載せておきます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

どもです。

そこはそれ、他の方とも話したのですが
自分はサウス・パークや筒井康隆などの
ブラック・ユーモアの信奉者でもあるので
そう言う戦い方も使いたいところなのですよ。
こういう表現も押さえられるのなら、
戦う意味も意義も半減すると思っているくらいに。
「京の二条河原落書」もそうですが、
こう言う戦い方も非権力者側、表現者側の武器の一つと思っているのですよね。

その辺についてはここに書きましたのでよろしければ。
http://tak-morita.air-nifty.com/flat_land/2010/04/post-59af.html

一応先回りしてお伝えしておくと、
現代において、「エッセイも含めた作品」と「ブログなどネットの言葉」
との境目はなくなってきてると思ってます。

一応自分なりのモラルの境目と言うのはありまして。
例えば自分の実名・社会的地位を晒してやっていることなどもその一つです。
やったことは全部自分に返ってきます。
あとはかかってきた相手以外は公人相手にしかやらない、とか、事実をもとにしかしない、とかかな。

無原則にやっているわけじゃありませんので…
と言う事はお知らせしておきます。

そんな感じで、御不快な点もあると思いますが、 様々な立場、様々な考えの反対派が足並み揃えて一枚岩になってしまうのもまた全体主義的で気持ち悪いと思っていますので、それぞれの責任で‥と言う感じでお願いします。 ごめんなさい。

共闘できる部分は共闘しましょう。

ではでは!
(こちらは先生の戦い方、尊敬しております!)

森田崇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【記録】アグネス親衛隊とやりあった【1】 ~vs無邪気な正義派編

もう数日前の事になるけど、Twitterで、アグネス親衛隊に絡まれたよ。
試しに真剣に向き合ってみた。

あちらの見解が浅すぎるのでまともな論争になってない気がするけど、
こちらの拠って立つところはある程度語れた気がするので、記録。

しかし、浅すぎるのは何もこの方だけではない。

アグネスも、猪瀬直樹も、橋下徹も同程度だ。
(橋下徹については後述。)

「本当に青少年の為になるのか」や、性や業と言うもの深遠さも含めて、規制派サイドで未だにまともに考えている論調に出くわした事はない。まともに考えもせずにただ圧殺するなんて、これはもう悪政以外の何物でもないですね。

初めから言っていた通り、これは民主主義や人権に対する重大な背信行為です。

以下。

最初の方は、僕(TAK_MORITA)のTwitterでのツイート。

SM作家団鬼六先生のココセレブインタビューの感想に対して、
団先生御自身が声をかけてくださった事に対するレスから始まってます。
途中から、アグネス親衛隊(Yukistudio1976)が入ってきます。
他の方のツイートはこの色で。

なお、こちら↓に記録が残っていますので、原版を見たい方はこちらから。
【アグネス親衛隊隊員と漫画家森田崇氏議論の図】
http://togetter.com/li/15060

例によって。よろしかったら、で良いので、ココセレブさん、取り上げてくださると嬉しいです。(前回もありがとうございます・・)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●TAK_MORITA
(団先生に対して)す、すいません、インタビューの一番最初に「強姦シーンに錦絵のような甘美を覚えた」と言うところから始まった事に、のけぞってしまったもので。

●TAK_MORITA
..誤解を生みますよね。「えっ?」と思った皆さん、インタビューを直接読んで下さいー。
【無頼派作家はプライベートも波瀾万丈】団鬼六先生
http://celeb.cocolog-nifty.com/interview/2010/04/vol81-7e48.html 

●TAK_MORITA
(作家さんご本人の目に触れてしまうなんて)ツイッターこえー

●Oniroku_Dan
■Bot■私の書く珍小説『花と蛇』は作者の好む変型エロチシズムが、また読者の好む所という事を発見し、それに気を良くして、作者の筆は勢を得、えんえんとここまで続いて来たものと思われる。

●TAK_MORITA
ロリエロマンガの隆盛も現象として何ら変わるところはないですよね。

●TAK_MORITA
表現と言うものの深遠さ、役割は延々と考えてしまうなー。例えば俺はエロ方面よりもガンダムや三国志のような「戦争や歴史を舞台にしたエンターテイメント」が好きなんだけれども(この言葉だってこうやって言うと強烈だぜ? ) 実際に戦場に行ったら3秒で死ぬと思う

●TAK_MORITA
表現とは、社会に多大な惨禍をもたらさずに人間の業と向き合うきっかけとなり得る、知性と文化の粋とも言える実にクレバーな行為なのではないだろうか。その表現する対象が反社会的であればあるほど、それを圧殺することは危険なことなのではないだろうか

●TAK_MORITA
勿論表現の影響も受ける。生き様に憧れたりもする。(竜馬の生き様に憧れた政治家も経済人も多いが、あれだってほとんどが「司馬遼太郎の作ったフィクションの竜馬」に憧れている。そしてそれは悪い事ではないと思う)

●TAK_MORITA
だが、憧れから自分の人生として選択する時には、当然取り返しのつかない現実を生きると言うある種の覚悟があるはずだし、脇役のように何もなせずに死ぬことだってフィクションを読んでても(読んでたら?)想像できるはずだ

●TAK_MORITA
そしてそれを覚悟の上で選択するのだったらそれはもうその人の人生だ

●TAK_MORITA
結局「規制規制」と言うお上は、受け手側の知性をバカにしきってるんだと思う

●TAK_MORITA
かく言う俺も、現実の人間関係と同じくらい、いろんな表現物の影響で人格形成された。それは否定しない。特に、概念や俯瞰の思考、他者の人生に対する共感や想像力は、表現物での指摘や疑似体験がなければ得られなかったかもしれない。

●TAK_MORITA
それは、「綺麗なもの」もアグネスの言う「本当に酷いもの」とやらも含めてだ。同じくらい大事なのだ。

●TAK_MORITA
なぜなら、「それが売れてる=それを求めている人間が現実にいる」のだから、「その求めている人間の気持ちを想像する」ことだって必要なはずだからだ。

●TAK_MORITA
現実に売れているものを「こんなもの」と否定する猪瀬、圧殺しようとするアグネスは、その瞬間その人間たちを「想像する価値なし」と切り捨てているのだ

●TAK_MORITA
本当に子供たちを守りたいのだったら、「酷い」と切り捨てる前に、酷いと言われる「業」が人間の内部にある事と向き合い、どう対処していくかを考えるべきなのではないだろうか。

●TAK_MORITA
子供たちを守るために人間を殺しつくしたりして。あっ、そうかアグネスはネバーランドを作りたいのか‥。ピーターパンって、ネバーランドの子供が大人になったら殺すんだよね。

(ここでYukistudio1976氏 登場)

■Yukistudio1976
アグネスちゃんサイドの者ですが、ネバーランドがどうしたって??は?大丈夫かぃ?

●TAK_MORITA
アグネス氏が善意である事は必ずしも否定しないが、善意が人を殺すと言う事もあると言う事です。何度でも言います。「本を焼くものは人を焼く」

■Yukistudio1976
じゃあどうすればいい。あんた分かってるようだから教えてくれ。じゃああんたには何が出来る?教えてくれ。

●TAK_MORITA
まずわかって欲しいのは、人間には、内部に欲も悪もあると言う事です。表現を規制する事では、その業から目をそらす事にしかならない。世の中は変わりません。一色に染め上げることなどできませんよ。

●TAK_MORITA
一つ一つの実際の事例に地道に対処していく事しかないと思います。その限りにおいては、規制反対派の中にも応援する人は多いと思う。まずいのは、それに対処するに劇薬を使った事。作らなくてもいい敵を作ってしまった。

■Yukistudio1976
あなた日本から発信されている児童ポルノの数はご存知ですか?もしかしたらあなたが書いてるような漫画にはないかもしれないが、えげつないほどのえげつない物がバラまかれてるんですよ。一つ一つなんて言ってられないでしょ。

●TAK_MORITA
まず、あなたの言う「児童ポルノ」は実在の人間(児童)を使ったものですか? それとも漫画表現のものですか?

■Yukistudio1976
実在ですね。漫画に関してはアグネスチャンは子どもたちの手に入らないようにして下さいと言っている。実在は本当に死ぬほどつらい目に遭っている子どもたちがいまだにいるんだ。

●TAK_MORITA
実際の被害児童のいない表現物においては、どれだけえげつない物であっても、存在する事を禁止してはいけないと考えます。僕のスタンスはhttp://tak-morita.air-nifty.com/flat_land/2010/04/post-59af.htmlあたりを読んで下さい。

●TAK_MORITA
実在については異論はない。ほとんどの方がそうだと思います。何度も言っていますが、問題は、それを「被害児童のいない表現物」にまで広げた事。ゾーニングの問題で言うと、現状でも成人指定と言う形でゾーニングは為されている

■Yukistudio1976
作ったり、描いたり、売ったりしてはいけないと言っているのではありません。ただ18才未満の子どもたちの手に渡らないようにしようとしているだけです。表現の自由の侵害にはつながらない。

●TAK_MORITA
あなたにはなにができる? と言うならば、やはり表現で自分の信じるところを描いていく事しかできませんね。それが自分の人生なので。そしてそれはアグネス氏の活動する「隠す事」と真逆の立ち位置にあると考えます。

■Yukistudio1976
失礼ながら、あなたの描かれている漫画を見たことがないので、あなたが何をそんなに描きたがっているのか分かりませんので、読ませて頂きたいと思います。僕も漫画は好きなんです。

●TAK_MORITA
自分は中高生を「児童」と言うことにも異論があります。成長期に耳目を塞いで温室育ちにしすぎる事は、却って現実への対処能力をつける機会を奪う。僕から言わせれば、その事の方がよっぽど児童虐待だ。 

■Yukistudio1976
児童虐待って、そんな、あまっちょろい話じゃないですよ。

●TAK_MORITA
僕自身が今描けているかはともかく‥いや、今ですらさまざまな圧力に縛られて描きたい事も描き切れていない。そして、僕の読んで来た尊敬すべき漫画たち‥例えば「デビルマン」や「火の鳥」なども含めてですが‥それが不可能になる事を恐れてます。

●TAK_MORITA
僕は明日のデビルマンが生まれる可能性を潰したくないんです。

●TAK_MORITA
「GANTZ」はどうですか? 「ベルセルク」はどうですか? あれらの漫画が「18歳以上の目にしか触れない」状態になるような危険な活動には、人生賭けてでも、徹底的に戦いますよ。それこそ、中学生になり、高校生になり、大人になる全ての子供たちのためにも。

●TAK_MORITA
(「児童虐待って、そんな、あまっちょろい話じゃないですよ」に対して、) だったらその甘っちょろい話じゃないもののために戦ってくださいな。非実在の表現に絡んでぐちゃぐちゃしてるひまないでしょ?

(このあたりで、Yukistudio1976氏、消える。その後、他の方との会話。)

●Q_ta_ro
森田さんはとても良い事をおっしゃっていますよ。いつも応援しております。

●TAK_MORITA
ありがとうございます。怖かったよう ・゚・(ノД`)・゚・。ウワァァァン

●sugitchi
先生、相手の輩はアグネスを盾に憂さ晴らしをしているだけに見えました。内容が薄いし、条例を理解していない!

●TAK_MORITA
それでもあちらが聞く体制になり、対話になった事は評価してます。むしろ、現在あちらにこちらの言い分が何一つ届いてない事がわかって収穫

●uehane
さっきの輩はあちら側というよりただの愉快犯ぽい気がします…

●TAK_MORITA
まあそうかなとも思うのですが、その後は結構ちゃんと対話してきましたよねえ。

●TAK_MORITA
真摯でいいサイトいっぱいあるのに、まず読んでくれてませんものね。俺はまだどうしても茶化し入っちゃうんですけど。

Yukistudio1976氏の他での活動が、ただの荒らしに見える事に対して)

●TAK_MORITA
僕もまず、うげ。と思ったんですけど、まず地道な戦いが必要だと思って試しに。…それにまあ自分もブラックな表現や茶化しは肯定してますしね。そこは僕のスタンスの場合お互い様かと(^^;)。でも確かに、あれはアグネス氏の為に良くないですね。 

●tachime
先ほどのやりとり、冷静かつ本当に潰したくないものが何かをしっかり伝えていたと思います。傍観しているのが少々恥ずかしくなり、話に割り込もうかと思いましたが、出しゃばらなくて良かったです。今後自分が同じような気持ちをどう伝えればいいのか参考になりました。

●TAK_MORITA
ありがとうございます。御同業の方にそう言って頂けると非常に勇気づけられます。たまにドン引きされてるんじゃないかなーとかも思っていますので…(^^;)

●TAK_MORITA
ありがとうございます!「不動の信念ほど恐ろしい物はない」と言ったヤンの影響もうけてるはずなんだけどなあ…(^^;)。でもそれはアグネス氏たちにこそ感じますね。自分は一応、常に自分を問い直しているつもりです。(そのたびに理論武装が固まって行ってる気もするがw) 

(ここから夜。別の話題)

●higamoeru
えっ?どういう文化?大型新人の生娘作ついに? RT @takitaro 某出版社から「当社では“処女”という言葉は使えないので“生娘”とか“おぼこ”にかえてもいいですか?」という電話。唖然。茫然。意味不明。「処女作」「処女航海」も使えない

●TAK_MORITA
..は?どこの社すか? 

●TAK_MORITA
もう気がくるっとる

●TAK_MORITA
そう言えば、以前「狂」の字が使えないと聞いたなあ。今でもそうなのか‥? 田中芳樹先生が「狂言」「狂想曲」はどうするんだと怒ってた。幽遊白書「クレイジーだ…(英語だったらいいんだってさ 変な国)」

●TAK_MORITA
くそったれめ

●TAK_MORITA
もうこの国はどうなってるんでしょう。検閲社会が来るのか… そう言えば、歴史家の方面からも苦情を聞きました。歴史上の18歳未満の結婚出産記述も検閲受けるとか何とか

●TAK_MORITA
事実を隠すところまで来るか

●TAK_MORITA
気が狂いますね

●TAK_MORITA
差別を増長させる、とか言う理由で「秀吉の指が6本説」も紹介されない、封殺されると以前井沢元彦先生の「逆説の日本史」で読んだ気がします。

●higamoeru
えっ?じゃぁ宮家の文献を学術的にもかけ無いし、ルネサンスのメディチ家も、おなじく。歴史上、現代とは違う制度の話を学べ無くなりますよねえ?発想が理解できません。

●TAK_MORITA
いやもうホント基地外です

●unisindo
ありとあらゆる 「そういうことも世の中にはある」 を知る機会を奪って、一体お上は何をしたいのでしょうね?知らないことが残酷さを招くことなんていっぱいあると思います。

●TAK_MORITA
そう!

●TAK_MORITA
うーん、ホントにアグネスが「善意の人」で、子供のためを考えるなら、この状況に真剣に注意を払ってもらいたいものだ。

●TAK_MORITA
真逆なんだよな、隠す側と暴く側は。隠すのは、その方が子供を、引いては他者をコントロールしやすいからじゃないか? と思う。どっちが児童虐待者なんだか

●sugitchi
真実まで隠すことが本当に善意には思えません。「無知は悪である。しかし、知的欲求を失うことはさらに悪である」 作家:バーバラ・グリッツィ・ハリスン

●TAK_MORITA
その通りだと思います。いや、善「意」は善意だろうけど、「善」だとは思えません。

●NecoArc
「少しでも都合の悪いことは隠してしまえ」という隠蔽は子供を全然信頼していないという事に他ならないですし、逆に子供達を舐めているように思います。。。

●TAK_MORITA
同感です。アグネス系は、人形を愛しているだけで、正邪を内包する「人間」に成長する現実の子供を愛してはいない

●unisindo
二次元の性の規制問題に関して、ここんちがものすごいわかりやすかったので http://ponkotsukazoku.blog45.fc2.com/blog-entry-311.html

●TAK_MORITA
その記事素晴らしいですよね。母親の立場から…。

(自分は森田さんほど優しくない、殴られたら、目を潰す、くらいの反撃はする、とのコメントに対して)

●TAK_MORITA
いえいえ、僕もその系統ですよ(笑)。銀英伝的に言うと、99発殴られたら101発殴る感じですが。今回の法案は3重4重5重くらい僕の怒り地雷ポイントついてるので、気持ちとしては、縊死腹猪豚悪根巣あたりは恥辱にまみれて再起不能になるまで許したくないですがね。

●TAK_MORITA
ただ、話が通じるのなら、わかってもらえた方が得策かなとは思ってます。

●TAK_MORITA
まあ、殺し合いになるつもりでかかって来いとは思ってます。

●TAK_MORITA
でも、俺としては、もしさっきの話が通じたのなら、アグネス自身の為にも親衛隊がアグネスに再考を促す…と言うような展開も期待したいのだが‥。「甘い…かな…」(キルヒアイスの声で)

●TAK_MORITA
それを相手に期待するには俺の言動に怒りが吹き出すぎてますがね(苦笑)。

(このあたりで、都の条例改正案の、都側からの新たな情報が回ってくる。
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/pointo1.pdf

●TAK_MORITA
単なる裸じゃなくて、しずかちゃんに対して「いたずらに性的欲求が刺激される」描写結構あるんだけどなあ(笑)。性交はないけどセクハラは満載だw 藤子先生なめんなw 

●TAK_MORITA
ちなみに原作風に言うなら「しずちゃん」だ! …みんな、どん引き?(´・ω・`)

●unisindo
同じエロシーンを描くんでも、私の友人みたいに 「全裸を描いてもエロくならない」 絵柄の人と、「赤面顔を描くだけでもエロい」 絵柄の人とで、受ける印象は全然違うと思うんだけど、前者と後者で規制に差をつけられるとこれはれっきとした差別じゃね?

●TAK_MORITA
そうそう

●TAK_MORITA
漫画表現舐めんなって話ですよ、ぎゃぼー!

●TAK_MORITA
そもそも18歳未満に対する表現物で性的欲求への刺激を表現できないことにも全く賛成できない。芸術表現とエロは切っても切り離せないぞ。エロマンガ描かないし決して好んでもいない俺でもそう思う。

●TAK_MORITA
しかもあの図解の精神を敷衍すると、非実在青少年の戦闘行為描写も危ういじゃないか。そうしたらもうますます人ごとじゃない。最初からわかっていた事だが。

●TAK_MORITA
くそっ、くそっ、くそっ

●TAK_MORITA
もしこんなの通ったら戦争だな、ホント

●TAK_MORITA
完全に検閲社会じゃないかッ!!!

●TAK_MORITA
青少年に対する表現物の中で反社会的行為を魅力的に書く事を禁止されたら、任侠映画もアルセーヌ・ルパンも不良漫画も宝島のジョン・シルバーもあり得なくなるんだって!
そんなのがホントに青少年のためになると言えるか? 
この法の精神自体がマジキチだッ! くそッ!

●TAK_MORITA
くそっ、こっちは人生賭けてやってんだぞ

●TAK_MORITA
泣けてきた

●TAK_MORITA
まだ俺は何も描けてないのに…ッ(涙)

(このあたりで、図書館問題についてのツィートが回ってくる。図書館問題についても、調べたら面白いらしい。自分は未調査。)

●TAK_MORITA
「市民が図書館で得られる知識で(知的に)武装する権利」か。。。

●TAK_MORITA
ただでさえ出版業界ピンチの今、こんな事されたら…ホントに漫画文化終わりかねないな‥。出版業界、これに耐える体力ないよ、たぶん…。

●TAK_MORITA
「ラストニュース」みたいな漫画しか認められない日本

●TAK_MORITA
出版社が全て都から撤退するとかできないのかね 招致してくれる自治体募集 とか。税収なくなって都ごとぶっつぶれやがれ

●ishiguti
森田さん、お疲れ様です。やっぱり文章力あるなあそして忍耐力も・・・。にしても猪瀬直樹氏が出てた番組を思い出す。戦ってる箇所と深さが違う。あいかわらず議論にしてくれないのな。

●TAK_MORITA
自称「大人」は冷笑で返すのだ。真剣に考えているわけではない。 
憎むべき事だが、それが現実。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

おしまい。(´・ω・`)

●あと、このサイト必読。
被害者なのに、相手を悪だと切って捨てるのではなく、真剣に考慮している。深い。
『香月真理子「欲望のゆくえ 子どもを性の対象とする人たち」』
http://tinyurl.com/yabmvtj

●それと、橋下徹の出た番組へのリンク。

【橋下徹は本気で大阪から二次元を消す】
http://www.dailymotion.com/video/xcyvp4_yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy_news

…考えが浅すぎる!
橋下知事嫌いじゃなかったんだけどな…。
「子供の為にという方向からも疑問」 と言う言葉は届いてないのな…。

以下、それに対する僕のツイート。

●TAK_MORITA
あの程度のツッコミにも「今初めて気付きました」とか言っちゃうくらいだから、逆に言えば橋下知事と話せばわかる可能性もある気もする。しかし番組のコメンテイターも、「性表現が表現の自由とは関係ない」なんて、歴史認識も浅すぎる・・ バカタレントがご意見番みたいになる風潮の方が有害な気が

●TAK_MORITA
橋下知事はまだ大して深く考えていない!浅いところで思考停止してる!まだ話せばわかる気もするから、誰か話してー! それから橋下知事、浅いところで思考停止したまま権力発動するな!

●TAK_MORITA
絵画や芸術と表現の自由との関係も認識してないんだな、猪瀬と橋下、それにバカタレントコメンテイターは…。言論表現の自由を権力に反抗する権利とだけとらえてやがる。ちょっと美術史さらっとでも眺め直してこい!

●TAK_MORITA
しかし改めて漫画やアニメって歴史的に見ても凄い表現手段なんだな‥。言論や小説の観点からでも、絵画芸術の観点からでも語りきれない。その両方の力を併せ持っている。恐れられるわけだ。

以上。

【おまけ】
人間表現を弾圧するのは、「シュウキョウ」なんだよな、結局。
「ルネッサンス」とは、「芸術復興」。
キリスト教に圧殺されたローマ芸術を、復興する運動。

芸術と宗教(思想支配)とは、宿命的に対立してしまうものなのか。

「蒼天航路」の後半の、「人間表現の解放」vs「既存の儒教道徳」なんかもちょっと思い出すなあ…。

【1】とある以上、【2】あります。近日アップ。
【2】は、vs母親編。

【追加】

●ayashif
私はこの問題の一番大きい点は、「子どもはバカでマネをするから規制」と言う論理だとあらゆるものが規制できるからです。 マネをするから規制ならば性犯罪より罪の重い殺人とかの描写はどうなっちゃうのだろう?

●TAK_MORITA
実は僕もそこの所がずっと心配なのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【緊急】またまた【法規制問題】そして男女問題についても少々。

先日のエントリ(語るに落ちたり猪瀬直樹氏)、ニフティさんのココセレブピックアップに取り上げていただいてビックリしました。ありがとうございます。(かなり挑戦的なタイトルだったのに…(^^;))

さらに、現在の「ココセレブスペシャルインタビュー」がこのタイミングで
SM作家・団鬼六先生、と言う…(笑)

「無頼派作家はプライベートも波瀾万丈」
http://celeb.cocolog-nifty.com/interview/2010/04/vol81-7e48.html

これは、表現と言う問題を封殺するのではなく、正面から考えてくれると言うことの表れとみていいですか? ニフティさん?(笑) まさか「漫画は低俗だから別」とか言わないよね?(笑)

(しかし団先生、文学者としての使命、とか言わずに気持ちのいいくらいに自分の欲望と金の要求で書いた事を堂々と答えてるな…(笑)。強姦ですよ強姦。「性」というもの、人間と言うもの、表現と言うものの深遠さ、一筋縄ではいかない部分を考えさせられるわ・・。その辺をアグネス氏や猪瀬氏はわかっていない。作家のくせに。)

さて本題。

さらにまたまた新たな法規制問題です。
あさりよしとお先生から回ってきました。
拡散希望。 ニフティさんも、よろしければまた取り上げてくださると嬉しいです。

表現の問題にとどまらず性の問題についても他のマイミクさんともやりとりしたのですが、本能の部分に目を塞ぐこと、悪と言うレッテルを貼って圧殺することは何の解決にもならないばかりか、かえって害悪であると僕は考えます。

以前も書きましたが、「性は生」なのだから。

むしろこの機会に、タブーなき議論が沸き起こることを願って。

以下、冒頭はあさり先生の文章です。
僕の思いも同感なので、このままの転載を許可していただきました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
相変わらず、人が思う事に対しての法規制案。

>P40
>8 メディアにおける性・暴力表現への対応
>(1) 施策の基本的方向
>女性をもっぱら性的ないしは暴力行為の対象として捉えたメディアにおける表現は、女性に対する人権侵害であり、男女共同参画社会の形成を大きく阻害するものである。


男性の、本能の欲求に対する代償行為は、女性の人権侵害だそうです。
では、本物に手を出せと?
(゜▽゜)ノ

名付けて 「女性に対するあらゆる暴力の根絶」 だそうで。
そう言っておけば、反対する奴は人非人と叩けるという魂胆丸見えの表題。

例によって、元警察官僚の弁護士、後藤啓二の発案。

何が何でも表現規制を法制化して、取り締まり機関を設けたい野望がありあり。



思う事はいろいろあるけど、とりあえず後回し。

例によって、発散よろしくお願いします。
加えて、パブリックコメントへの投稿も。


----------以下転載----------------



「第3次男女共同参画基本計画(中間整理)」にて、児童ポルノ禁止法などによるマンガやアニメ、ゲームなどへの規制の提案が盛り込まれているのが判明しました。

(※この記事は自由に転載してください)

----------------------------------------
「第3次男女共同参画基本計画策定に向けて(中間整理)」について
http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/kihon/sanjikeikaku/chukanseiri/index.html

第8分野 女性に対するあらゆる暴力の根絶
http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/kihon/sanjikeikaku/chukanseiri/honbun2-8.pdf
P38
③ 児童ポルノの根絶に向けて、国民運動の実施、インターネット上の流通防止対策の推進や閲覧防止対策の検討等総合的な対策を検討・推進するとともに、児童ポルノ法の見直しや写真・映像と同程度に写実的な漫画・コンピュータグラフィックスによるものの規制の在り方について検討する。

P40
8 メディアにおける性・暴力表現への対応
(1) 施策の基本的方向
女性をもっぱら性的ないしは暴力行為の対象として捉えたメディアにおける表現は、女性に対する人権侵害であり、男女共同参画社会の形成を大きく阻害するものである。

(2) 具体的な取組
④ メディア産業の性・暴力表現の規制に係る自主的取組の促進、DVDやビデオ、パソコンゲーム等バーチャルな分野における性・暴力表現の規制を含めた対策の在り方を検討する。


第12分野「メディアにおける男女共同参画の推進」
http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/kihon/sanjikeikaku/chukanseiri/honbun2-12.pdf
P52
Ⅱ 今後の目標
また、女性や子どもをもっぱら性的ないしは暴力行為の対象としたメディアの表現は、それ自体が「人権侵害」であるという観点から啓発を行うとともに、メディア側の自主規制等の対策を働きかける。

P53
⑤ メディア業界の性・暴力表現の規制に係る自主的取組の促進やDVDやビデオ、パソコンゲーム等バーチャルな分野における性・暴力表現の規制を含めた対策の在り方を検討する。

----------------------------------------

なおこれらを策定したのは都条例と同じ後藤啓二弁護士らです。
http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/boryoku/index-bo.html


今回の第3次男女共同参画基本計画の特徴は、「できる限り具体的な数値目標やスケジュールを明確に設定した上で、その達成状況について定期的にフォローアップを行う」(第1部 基本的考え方 P2 http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/kihon/sanjikeikaku/chukanseiri/honbun1.pdf)とあり、実効性に重きを置いている点です。

これが閣議決定されると今後、国を挙げての規制への動きが加速すると思われ、非常に問題だと思われます。

現在パブリックコメントが募集されており、意見を送ることが重要かと思われます。
もし出来ましたら、この件をHPやツイッター、mixiなどで広めていただけると幸いです。


「第3次男女共同参画基本計画策定に向けて(中間整理)」に関する意見募集について
1.意見募集対象「第3次男女共同参画基本計画策定に向けて(中間整理)」
2.意見募集期間(意見募集開始日及び終了日)

 平成22年4月16日(金)~平成22年5月12日(水)
http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/kihon/sanjikeikaku/ikenboshu.html

「II-8.女性に対するあらゆる暴力の根絶」意見募集メールフォーム
https://form.cao.go.jp/gender/opinion-0043.html
「II-12. メディアにおける男女共同参画の推進」意見募集メールフォーム
https://form.cao.go.jp/gender/opinion-0047.html

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

転載終わり。

表現の問題のみならず、まさに真の意味で「若者の性成長の事を考える」観点からも過剰な法規制には反対なのだが…そして、「本能」の部分を悪と言うレッテルを貼り付けて圧殺することにも危険を感じるのだが…(性についてもいずれエントリを作らなくてはならないかもしれません)

そもそも、「男女共同参画」にも一言言いたい。

「男女平等」は「機会均等」を実現すればいいのであって、
「結果平等」を目指すのはおかしいはず。
これは「平等」の考え方の基本だよね?
結果的に向き・不向きがあるかもしれないわけだから。

それを画一的に数字で「同じ」にしてしまうとしたら、
それぞれが不向きなステージで不当に抑圧を感じ、
結果「みんなが不幸」となる事態もあり得るはず。

これは家事が死ぬほど苦手な自分が受けている個人的な抑圧かもしれないとも思っていたが、マイミクの女性の方の言葉で、

★★★
桃太郎話のたとえでなんですが、本来女性はきびだんごづくりの方が能力としては優れているところを、鬼退治にまで進出したことに諸問題の根源があるように思ったりします。でも、当然鬼退治に能力を発揮する女性もいるわけで、そういう人には個人的に憧れます。けど、(おかしいのは)みんながそうあるべきという方に向かってしまったこと。

(もしなにかあったら)後を頼むと言われても、私には鬼退治はムリ…ということから考えたことですが、今自分が仕事で悩んでいることにもつながっています。とにかく、普通のお母さんたちは時間がないんです。PTAの声がとても一般のお母さんたちの声だとは思えません。そこにつけ込んでいますよね。耳を傾けようにも、時間がないんですもの。
★★★

とのいうのもありまして、
俺の感触もあながち間違った考えでもあるまいと思いました。

ノーテンキにフェミニスト気取ってる奴は考えが浅すぎるよ。
とにかく社会が提示する流れを無条件で受け入れすぎてる。
自分で考える頭を持ってない。

例えば「ハート・ロッカー」を撮った監督は女性だけど、
女性を初めてのデートに誘うのに、
「ハート・ロッカー見に行こうぜ!」って誘うのは
一般論から言うとあまり得策ではないでしょ?
(アカデミー賞を取ったから別かもしれないけど…)

そのことはみんな感覚的に分かっているくせに、
その意味するところを考えようともしないバカが多すぎる!!!

「きびだんご」作りが得意な女性は、バリバリ社会に出るのが得意なタイプではないのだから、そのタイプ(母親タイプ)の女性たちの声って、なかなか社会や政治に届きにくいんだろうなあ…。結果的に、田嶋女史系の声ばかりが、「女性の意見の代表」として扱われてきた気がする。そんな事ないのに。

所詮「女性の敵は女性」‥?

子供を産み育てて家庭を守る仕事は、とても大変で難しく、素晴らしい事だと思います。どうか女性自身でその価値を貶めないでください。

その意味で、例の「ポンコツ家族」のサイトは素晴らしく、勉強になったなあ…。

【再録】 ポンコツ家族の取扱いマニュアル
母親の皆さんに 児童ポルノ法東京都青少年健全育成条例改正問題について

http://bit.ly/d0JpWU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2030年代に火星目指す オバマ大統領が新宇宙政策

今日の朝方、ニコニコ生放送でオバマ大統領の新宇宙政策演説が流れました。ツィッター上の宇宙開発に詳しい方たちの反応を見るに、概ねいい感じの、地に足のついた実現性の高い方針っぽいです。

以下、

●(しばらくは)米有人宇宙探査計画の途絶を許容する
(短絡的にパワーを使い切ってしまうよりも、まずはより高度な技術を開発することに予算を使い、足腰を鍛える。宇宙放射線の影響など、有人宇宙飛行に関する根本的な問題についての本格的な検討を行う。)

●その後、まずは有人小惑星探査(宇宙飛行士を小惑星に送る)

●技術的には、オリオンをベースに

●次に、宇宙飛行士を火星に送り込む。月にはもう行ったので、火星に行ってみる

●ISS(国際宇宙ステーション)は2020年まで運用延長

★★★

最近、宇宙機エンジニアの野田司令とあさりよしとお先生の小惑星開発論にあてられてしまったので、有人小惑星探査にまず興奮してしまいました。
多大なコストをかけて無目的に重力井戸の底に降りて行くより、拠点として非常に理にかなってるんですよ、確かに!
オバマ大統領の演説でも火星より先に計画されている通り、実現性もずっと高いですしね。
日本でも、「はやぶさ」の活躍は記憶に新しい(と言うか真っ最中な)ところです。

わかりやすいのでおススメです
【宇宙暮らしのススメ】 と、漫画【アステロイド・マイナーズ】

高揚感出すためにあえてガンダム的に例えると、アクシズですよアクシズ!

その後の有人火星探査が2030年代。
これはアドバルーン的な意味合いが強いんだろうけど、2030年代だったら可能かな。

そう思いたい!

そうそう、お友達の作家さんのコメント。

うん、地球上でこれ以上は小銭の奪い合いしかできないと思うので宇宙開発は大いに賛成です。
外へ目をむける勇気。
いま人類に足りないのはそこかと。
外にいけば絶望とともに希望もみえると思うんですよ。

でしょでしょでしょ!!!!

そう、地球の狭さはもう限界ですよね。
「(先のビジョンのない)節約」も「土に還れ」も、単なる老人の郷愁論としか聞こえない。
このままじゃ人類どうあってもジリ貧ですよ。
小銭の奪い合いどころか、このままじゃ資源戦争にもなりかねん。

ようやくそれがみんなの実感にもなってきたかーと嬉しく思ってます。

だからね、俺、アニメとしての面白さはともかく
考え方的にはアンチジブリなんです。

さらに高く飛ぶための「節約」なら必要ですけど、援軍も先の展望もない「籠城」なんてありえないのは、常識ですよ。

>外へ目をむける勇気。
>いま人類に足りないのはそこかと。


俺ずっとそう言う漫画描きたいんだー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

語るに落ちたり猪瀬直樹氏

しかし猪瀬直樹氏は語るに落ちたりですね。

番組、見ました。

●漫画の規制はどこまで必要か 都の青少年健全育成条例改正の是非

http://bit.ly/aoVUdh

…アホか。

今回やり玉にあがった松山先生の作品、あれはギャグ作品だ。

良識派と呼ばれる人種が眉をひそめる事をギャグにして笑い飛ばすと言う、筒井康隆先生の作品にも通じる、ブラックユーモアの一種とも言える表現手法だ。

●松山せいじ先生のブログ 

http://den.blog.ocn.ne.jp/densuke/2010/03/post_acbc.html

ここで、ブラック・ユーモアについて、筒井康隆先生の文章を引用させてください。

★★★

作家がひとり世に出れば、通常その周囲は死屍累々、特に日本の私小説などでは多く家族親戚を傷つけ、他人を傷つけ、そのことによって本人も傷つきます。欧米では小説のこうした不可避的な機能を逆手に取ったブラック・ユーモアの伝統があります。

そして小生は17世紀のイギリス・スウィフトの著作にまでさかのぼることのできるこのブラック・ユーモアという文学的伝統を守ろうとしている作家のひとりです。

ご存じのようにブラック・ユーモアというのは、人種差別をし、身体障害者に悪辣ないたずらをしかけ、死体を弄び、精神異常者を嘲り笑い、人肉を食べ、老人を嬲り殺すといった内容を笑いで表現することによって読者の中の制度的な良識を笑い、仮面を剥いで悪や非合理性や差別感情を触発して反制度的な精神に訴えかけようとするものです。

★★★

以上、筒井康隆先生『笑犬樓よりの眺望』より。

東野圭吾先生も筒井康隆先生の影響を受けてるらしく、「毒笑小説」などで団地同士で死体の押し付け合いする話とかありますね。

アニメならやはり、「サウスパーク」が思い浮かびます。

松山先生の作風などは、まさにこのブラック・ユーモア――読者の中の制度的な良識を笑い、仮面を剥いで悪や非合理性や差別感情を触発して反制度的な精神に訴えかけようとするもの――の一種だと考えます。

確信犯だ、と繰り返し猪瀬直樹氏は言いました。

あたりまえです。ブラック・ユーモアとはそういうものです。松山先生は、規制のレギュレーションの合間を縫うことによって、ブラックな笑いを提供してくれたのです。

この条例と猪瀬直樹氏は、こういう表現も取り締まると明言したようなもの。

つまり改正案は、レギュレーションを曖昧にし、いくらでも恣意的な取り締まりが可能になった条文だと言うこと。

それを自ら証明したのだ、彼は。

これでどう安心しろ、というのだ?

これで「言論表現の自由とは別モノ」とはよく言った(笑)。

「反権力はいいんです反権力は」とか「文学はいいんです文学は」とも言ってたな。「こんなレベルの低いもの」とも繰り返していた。

はあ、そうですか、大作家であらせられ、副知事にあらせられる猪瀬直樹様にご認可いただける作品だけが、オゲイジュツというわけですね。

ひゃあ。アホか。人間ここまで傲慢になれるのか。

しかしあの程度の浅い識見でもってよく「番組を見てください」と言えたものだ。真剣に事態を憂慮し考えている人間たちを舐めきっている。とりあえず、まず自分で条文読みこめや。話が噛み合ってないだろが。あの程度の識見でもって、よく強権を発動する側に回れたものだ。

作家としては不見識だし、政治家としては条文に向き合う姿勢が不誠実。

まず、彼が作家として死んだのは明らか。

そして、あの程度の認識で権力をふるうようでは、政治家としての他の面での行動も思いやられる。俺が都民だったら、絶対に権限の大きい地位に就かせたくない。

馬鹿であることは罪ではないかもしれない。発言することも自由だ。だが、馬鹿が権力を持つことは、間違いなく罪だ。

馬鹿にハサミは持たせてはならない。

馬鹿ではないとしたら、確信的に権力を弄ぶ危険人物だと言うことです。都民は彼という人間を、よく覚えておいて欲しい。リコールという手段もあるらしいですよ!(勿論石原慎太郎のことも忘れないでね♪)

★★★

ちなみに先ほどの筒井康隆先生の『笑犬樓よりの眺望』

「あたしゃ、キレました。プッツンします。」 

で始まり、

「これは現在の「言葉狩り」「描写狩り」「表現狩り」が「小説狩り」に移行しつつあることを感じ取った一作家のささやかな抗議である。おわりに、強く言う。文化国家の、文化としての小説が、タブーなき言語の聖域となることを望んでやまぬことを。」

で結ばれた、『断筆宣言』で終わります。

1993年の事でした。当時、印象的でした。

猪瀬直樹氏は、こういう形で規制派として歴史に名前が残ることに関して、作家のひとりとして恥ずかしくないのだろうか。俺だったらもう恥ずかしくて本書けないわ。覚悟完了してるロリエロ漫画家さんの方がずっとカッコイイし尊敬する。

…と思ったら、コイツなんか作品の選考とかするんだって!

うわーすげーや(棒読み)。

こんなのに選考される作家さんたちが、哀れです。

漫画家で良かったー。

※これ、さすがにココセレブピックアップには取り上げてもらえないだろうなあー(笑)。ここのところ取り上げられてないので寂しい。いえいえ、さすがに期待してないですよ? (笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

規制反対派のも取り上げてくれた

ココセレブさん偉い!

ココセレブピックアップに、猪瀬直樹のものだけではなく規制反対派側のも載せてくれました。しかも大槻教授(笑)。

以前のエントリでニフティさんを非難してしまったので、皆さんにお知らせしておきます。とり急ぎ。こちらもホッとしたよ。とりあえずプロバイダを挙げてネガキャンにかかっているというわけではないと知って。

●ココセレブピックアップ「芸術の香り高い『源氏物語』も有害図書?」

http://celeb.cocolog-nifty.com/

●大槻教授のブログ該当記事への直リン

http://ohtsuki-yoshihiko.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-141e.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »