« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

徳間書店「非実在青少年読本」本日発売。

仕事場みんなで出崎「宝島」全話見た。
やはりジョン・シルバーかっこ良すぎるぜ。

青少年に向けて「反道徳的な存在である彼を魅力的に描くこと」が「罪」とされるような国家が、 はたして健全か否か? 

人の矛盾や清濁を含めて肯定的に描けなくて、なんの表現か。

さて、徳間書店「非実在青少年読本」本日5月31日発売です。

Photo_2

http://www.sarnin.net/tokuma/index.htm

非力ながら僕もアンケートに参加させていただきました。
ここやTwitterで言っている事の繰り返しですけど(笑)。

僕の手元にも届きました。
仕事中なのに、つい読んでしまう。まずいw 

それぞれの作家様、クリエイター様の
様々な角度からの思いが溢れている、
とてもパワーのある本になっていると思います。
是非ご一読を!

以下、この本を作ってくださった編集者さまのツィート。
「本屋で見かけましたら、手に取ったり、目立つ所に移動させたり(←迷惑)、レジに持って行って840円払ったりしてください。よろしければご感想もお寄せください。」
だそうです(笑)。

みなさま、是非!(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

電子書籍ワークショップ「明日、ボクらのマンガを出版する為に!」行ってきた

「大東京トイボックス」などでご活躍のうめ先生の
電子書籍ワークショップ
「明日、ボクらのマンガを出版する為に!」
に参加して来たぞ。

その場で電子出版を体験。
未だ黎明期なので商売としてどう成り立つかは未知数ですが、
フロンティアならではのワクワク感が。
まあどういう形になるにせよ、その方向に進まざるを得ないとは思いますしね。

一色登希彦先生、元町夏央先生とお久しぶりに、
そして太田垣康男先生とも初めてお会いできて…

刺激になりました!
(うめ先生とも直接お話しするのは初めてでした)

うめ先生のお話の中で、電子化へは
「ラッダイト運動」のような感覚が壁になる、
しかし、結局はあまり気にしなくてよいだろう…
と言うのに同感でした。

ウチの制作体制も師匠(余湖裕輝先生、田畑由秋先生)譲りの
フルデジタルなんだけど、まあ最初は自分自身にも
一部の(大部分の?)編集さんにも、もしかしたら読者にも
偏見があったのは確かですからね~。
(ちなみに今、ウチはフルデジタルですよ言うと、
 そうは見えない、と、大抵驚かれます。
 うめ先生ですら驚いて下さいました(笑)。)

でも、どんな道具で描くか、どんな媒体で発表するかは
漫画の面白い面白くないの本質的な問題ではない、
という点で、俺も師匠もうめ先生も認識は一致してると思います。

「声」から「文字」へのパラダイム転換の時期に生きていたソクラテスは、「文字(当時の最先端テクノロジー)には魂はこもらない」と言うような意味の事を言っていたそうです。
…その言葉が今に残っているのは、弟子のプラトンが文字にして残してくれたからですがね。(と言うところで場内、笑い)

…てなわけで俺こういう新しいモノはどんどんやってみたい人なんだけど、
システムの問題、ペイするか等の問題、
規制の問題(アップルなどの海外基準は都条例など目じゃないほど厳しい)
などの他に「出版社との契約の問題」などもあって、
そう簡単にはいかない。

まあその未知数さも含めて、フロンティアって事です(笑)。

それでもウチの原稿は既にデータなんで、アナログでやられている
他の作家さんよりは圧倒的に敷居が低いはず。
ちょいと余裕できたら、やってみましょうかねえ。

(でも未単行本化で出版契約を交わしてない昔の読切ほど、
 まだアナログ原稿なんだよなあ(笑))

【追記】
しかし表現規制の問題は世界が相手である、と言うのもちょいと実感して、
これは大仕事だぞ、との思いも新たに。
「日本漫画」って素晴らしい精神のもとで豊かに発展してきたんだね。
これは先人の先生方が闘って来てくれたからこその、環境。
受け継いだ僕らは、情報のグローバル化に負けて
その火を安易に絶やしてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【拡散】「東京都青少年の健全な育成に関する条例改正案に反対する請願署名」が始まりました【お願いします】

以下、転載してまとめました。皆さま、宜しくお願いします! 転載もご自由に!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「東京都青少年の健全な育成に関する条例改正案に反対する請願署名」が始まりました。
http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/2010/05/post-6e5c.html

署名活動の最終期限はあえて設定しません、6月1日から都議会が始まりますので、6月4日(金)を第一〆切としますが、どんどん送って下さい、とのことです。

署名用紙
http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/files/20100520shomei_katsudo.pdf

※PCあるけどプリンタ持ってない人用 pdf印刷できるコンビニ一覧
セブンイレブン ttp://www.sej.co.jp/services/copy.html
ローソン ttp://www.lawson.co.jp/service/counter/copy.html#media_print
ミニストップ ttp://www.ministop.co.jp/service/copy_fax/index.html
複数枚必要な場合は印刷したものをコピーでOK(署名したものはコピー不可)

セブンイレブンのプリント予約番号 65480368 (有効期限は2010/05/27 23:59)

※署名の際の注意点
・本名と住所(都道府県から)を自筆で書く(ワープロ不可)
・鉛筆ではなく、ペンで書く
・都民でなくてもOK。未成年でもOK。
・住所が同じでも省略しない(家族など)
・署名が書かれた用紙をコピー・FAXしてはダメ
・5人分埋まっていなくてもよい。1人分しかなくてもOK

※(個人情報の管理)
○個人情報は厳重に管理し、議員、都議会への提出以外の目的には使用しません。

※(署名活動の責任者)
東京都千代田区麹町4丁目2番地 第二麹町ビル2階 リンク総合法律事務所気付
「東京都青少年健全育成条例改正を考える会」
代表者:藤本由香里(明治大学准教授)・山口貴士(弁護士・リンク総合法律事務所)

※(署名の取りまとめ先(送付先))
〒102-0083 東京都千代田区麹町4丁目2番地 第二麹町ビル2階
リンク総合法律事務所
「東京都青少年健全育成条例改正を考える会」代表 弁護士 山口貴士
(封筒に「署名在中」と書いてください)

※この問題をまだあまり理解していない人にどうやったらうまく説明できるだろう…とご心配の方。

このサイトに、わかりやすくよくまとまったファイルがあります。http://sites.google.com/site/ano62b/

>「東京都青少年の健全な育成に関する条例」が改正されることをご存じですか?
http://docs.google.com/fileview?id=0B779Ht4XJndJMWUzMDVkZTMtYWY2Yi00ODQwLWI5NDAtM2M4N2Y2ODY3MWVl&hl=ja

上記PDFをプリントアウトし、改正案をよく知らない方々にも読んでもらってくださると非常に有効です。

署名、情報拡散、宜しくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「あかつき」「イカロス」打ち上げ・分離成功!!!

【H2A】金星探査機「あかつき」打ち上げ成功
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

いやっほ!

半年後の「あかつき」の金星探査も楽しみだが、
まずは直近の「イカロス」のソーラーセイル、
これが楽しみでならない。

太陽帆ですよ宇宙ヨットですよ。SFだよSF。

「光圧」って凄いなー。ピンとこないw

「あかつき」特設サイト
http://www.jaxa.jp/countdown/f17/index_j.html

金星探査機「あかつき」
http://www.jaxa.jp/projects/sat/planet_c/index_j.html
小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS(イカロス)」
http://www.jaxa.jp/countdown/f17/overview/ikaros_j.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮台真司先生のプレゼン

【追加】
宮台真司先生のプレゼンまとめ。
今日、都議会総務委員会でこれやってくださってるはず。
超わかりやすい。
皆さん是非読んで!

http://2cheureka.nomaki.jp/tojyourei01/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

昨日の集会の実況 『どうする!?どうなる?都条例』

【どうする!? どうなる? 都条例―非実在青少年とケータイ規制を考える】
リンク先は、有志の方の実況です。
複数の方たちの実況の総合なのでわかりやすい。
詳しく実況されてる方もいます。(すごいなあ。) 
是非読んで!

実況【1】
http://togetter.com/li/21806

実況【2】
http://togetter.com/li/21854

他にもあったら教えてね。

以下、自分の昨日の実況ツィートも一応転載しておきます。
これだけじゃわかんないと思うので、
上のと読み合わせて雰囲気感じてくれるとくれると嬉しい!

Toyosima_2

上の写真は2階席からだったので少なく見えるけど、
800人の会場で立ち見いっぱいの満員御礼でした。
(1000人くらい!)
Ust配信見てくれた方は、瞬間最大で1000人、
トータルで4000人だったそうです。

※()内は状況補足文です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

(電車の中。)

●僕も向かってます。宜しくお願いします。 RT @ume_nanminchamp: そろそろ支度? 豊島公会堂非実在青少年イベント、現地に行かれる方、よろしくお願いします。 http://bit.ly/9S2wcd #hijitsuzai

(@ume_nanminchampさんは、トイボのうめ先生。)

(池袋豊島公会堂着きました。5分ほど遅刻。当然席は一杯でしばらく立ち見。2階席がまだあるとのことで2階に移動。…と思ったらそちらももうほぼ一杯。でも何とか座れる。)

(最初にまず、藤本由香里(明治大学准教授)さんから開演の挨拶。
次に山口貴士弁護士から、条例とその問題点の概要。入り口で配られた実際の条文のプリントと都の説明を引き合わせながら危険性を説明。)

●俺も今豊島います。東京都マジヤバい。「蔓延を防ぐ」つまり、悪い物として認識しろと言われてるのは確か。今西沢議員がパブリックコメントについて話してくれた。都は隠す。

(西沢けいた(都議会民主党)議員からの、パブコメの中身と、都が公開を渋った経緯の報告)

(次に、民主党・谷岡郁子参議院議員。若い子から手紙をもらった事を受けて)

●「この子たちの友達(キャラ)を奪ってはいけない」「国に都合のいい国民を作ってはいけない」「政治に無関心ではいられても政治に無関係ではいられない」「末は特攻隊に赴くような国にしてはいけない」

(いいこと言ってる‥。こういう議員さんもいるなら絶望しない。)

(民主党・吉田康一郎都議。大手新聞は議員にネトウヨのコピペ嵐が大量に届いた、と言うように報道したが、それは全くの嘘。何千ものメール、手紙が、実名で、自分の言葉で書いてあった、と。・゚・(ノД`)・゚・。)

(松下玲子都議。この人最初から闘ってくれてる)

(栗下善行都議。この人も。)

●多様な価値観を維持するのが表現の自由。何が有害なのか。フィルタリングは難しい。今回、都は踏み込みすぎてる。北野武さんの映画だって犯罪を描いてるのに

●石原都知事のもとにも手紙は行ってるはず。なのに無視。まだ問題を理解してないのではないか。

(議員さんたちの話、良かった。絶望的な時期から動いて来てくれた議員さん。市民の声をちゃんと重視して立ち上がってくれた議員さん。こういう議員さんたちを覚えて、きちんと応援していかなければいけないと思った。)

(出版業界の取り組みの話。ゾーニングは大切にやっている)

(モバイル・コンテンツ審査運用監視機構(EMA)の岸原孝昌氏・吉岡良平氏)

●休憩~

●2階席におります

●下は立ち見御礼の模様。2階席もいっぱいデス

●次は「PTAは規制に賛成」との報道は本当なのか、と言う話

(そんな事はない。問題を知らない人すら多数。親どころかPTAすら代表していない。)

(次に海外からどう見られているか。兼光ダニエル真さん)

●ダニエルさんお話うまい… 海外と日本の事情の違い

(ドラゴンボール、セーラームーンなど人気作の認知が圧倒的で、その他に萌え文化、というイメージ。日本の漫画文化全般の裾野の深さ、広がりを理解されてるわけではない。また、我々が海外の作品を楽しむように、日本の漫画を楽しんで応援してくれてる海外ファンも多い。敵ばかりではない)

(田島泰彦(上智大学文学部新聞学科)教授。マスコミの報道)

●田島教授「規制の大きな流れは既にある 美しい言葉で規制は進む 戦前もまさにそうだった」「(大手マス)メディアは思考停止している」「権力監視能力がおかしくなっている」

●「メディアをどうやって変えて行けばいいか」「遮断の思想、純粋培養、これで本当に我々の社会は鍛えられるのか 子供達は本当に生きていけるのか」「我々の社会の根源的なところまで遡って丁寧に議論して行かなければいけない」

(このあたりも僕の持論と同じ事を言ってくれた。嬉しい。)

(次に、河合幹雄(桐蔭横浜大学・法社会学者)教授。)

●法社会学の視点から河合教授。警察の偉い人にも教える立場の方。(その方から見て)「かなりとんでもない、雑な条例」

●なんでこんな条例が出て来たか。その背景。「国政がフラフラ」「警察も明日はどう動いていいかわからん」「警察はどう言う時に動くか、それは市民の味方、と言うカッコツケ」「かっこつけたつもりがみんな大反対、と言う状況」

(都条例がまさに天王山のようです!)

●(この方)警察について一番詳しい方の一人のようです。

●(警察官僚の推進勢力は)簡単に通ると舐め切ってたらしい。

(民主党・鈴木かつひろ都議から、明日(もう今日)の総務委員会について。みんなの意見を持って行きたい。)

(ここで宮台真司さん!首都大学東京教授。)

●宮台先生!明日の参考人予定。今日の話を全般的に持って行きたい、と。「荷が重い(笑)」と仰るが、ユーモアも交えた落ち着いた聞き取りやすい語りで頼りになる…

●ヤバイ宮台先生さすが。凄いw

●「子供に見える(カワイイ)キャラが日本のウリですっw」場内爆笑w
「一方でメディア推進とか言ってるはずの都の恥ずべき無理解」場内拍手

●「表現は議論のチャンス、それをハナから封殺?」

(科学的検証、凄い。頼りになる)

(漫画家先生たち登場)

●竹宮恵子先生だー山本直樹先生だー わー、うめ先生!

●うめ先生「「表現は人に影響を与えるか」そりゃ与える。自分達も影響を受けてきた。「イアラ」とか「火の鳥」とかトラウマ。そう、傷つく事も経験です。」

(そう、「影響はない」とか言う気はないんだよねー。影響させるために描いてるんだし。かく言う自分も、手塚治虫「アドルフに告ぐ」や、あとまあ思春期に「銀英伝」なんかの影響を受けてるからこういうことに関心が深いんだと思う)

(「銀英伝」にも田中芳樹先生にも今さすがに妄信してるわけじゃないけど、「自分で考えるんだよ、ユリアン」や「政治はそれを軽んじた者に必ずしっぺ返しをする」という言葉なんかは今でもいいこと言ってくれたなあーと思ってる)

●BL作家さま「BL好きが性的に逸脱してる事はほとんどみた事がない むしろ彼氏を作れないタイプ…(照)」(^^)

(最後にちょっとかわいい話(^^)。そうだよねー、漫画が悪影響を…ってそういう意味でも現状と乖離した濡れ衣もいいとこなんだよ。かわいい妄想なのに‥)

●オワタ!

(帰宅。帰りに花沢先生のところに寄る。花沢組アシさんもみんな関心深い!)

●たらいも。

(帰ってからも軽くツィート。@TETSUHENさんは、小学館IKKIの編集長様。)

●僕も何となくそういう可能性を感じています。動く事は無意味ではないと。数々の先人たちの歩みの上に積み重なる、歴史的な大きな一歩になり得るかもなと RT @TETSUHEN 僕は、この条例改正をつぶす(効力を消す)ことが万が一出来たら、今の日本~世界を変えるための「蟻の一穴」になり得ると思ってます。なんとなく…

●「世の中こんなもの」とあきらめ癖がついてしまうのは良くない

●動画のUstどこかで見れるのかな ほんとにいい内容だったのでこの問題を知らない一般の人にこそ見てもらいたい‥

(とりあえず、以上!)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

『どうする!?どうなる?都条例―非実在青少年とケータイ規制を考える』

行ける方は是非!
あと、情報拡散もお願いします。転載はご自由に!

6月の都議会までにできる反対活動の、一つの大きな山場。
こちらの関心の高さを示すために、ここでの動員数が重要!
とのこと。
ここでの動員数が多ければ多いほど、
6月の都議会で反対派側の力になる。

漫画家・アニメ・ゲーム業界人だけでなく、
アニメや漫画好きの一般の方も是非とのことです。

以下、転載です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
『どうする!? どうなる? 都条例――非実在青少年とケータイ規制を考える』

http://icc-japan.blogspot.com/
------------------------------------
東京都青少年健全育成条例改正を考える会主催、コンテンツ文化研究会協力で、東京都健全育成条例改正問題に関する集会を開催いたします。

定員数を超えた場合は、立ち見になりますので予めご了承ください。

『どうする!? どうなる? 都条例――非実在青少年とケータイ規制を考える』

<主宰者>
「東京都青少年健全育成条例改正を考える会」
【代表者:藤本由香里(明治大学准教授)・山口貴士(弁護士・リンク総合法律事務所)】

<協賛>
「全国同人誌即売会連絡会」

<協力>
「コンテンツ文化研究会」

<日時>
2010年5月17日 18:30~21:00
※途中入退場は自由です。

<場所>
豊島公会堂 (定員800名)

<アクセス>
東京都豊島区東池袋1-19-1
池袋駅東口下車 徒歩約5分
http://www.toshima-mirai.jp/center/a_koukai/#01

<料金>
無料

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バクマン8巻読んだ

ちょっと前の話になりますが。
●バクマン8巻読んだ。
さすが週刊漫画、出るの早い早い。
こないだ7巻読んだばっかりだと思ったけど。

●三吉カワイイ。
最初そんなに好きじゃなかったけど、実は性格一番かわいいじゃん。
俺もこうやってお世話して欲しい。結婚して!

●亜豆さんも好きだけど今回ちょっとキツいす。
(友達のヒミツをベラベラしゃべっちゃう人の方を評価するのかなあ…)

●岩瀬は最悪。こちとら漫画愛してんだバーロー(コナン風)。

●そして蒼樹嬢が今回素晴らしく可愛かった。
女性が少年漫画を好きになって行ってくれると嬉しいね。

●そして中井さんサイテー。

●漫画業界いると、バクマンに対する各漫画家さん達の反応が、
それぞれの作家さんの作風と性格が顕れているようで面白い。
俺は結構ストレートに大好きで楽しんでます。
だから俺本質はやっぱ熱血少年誌作家なんでしょーね。
あの漫画ちょびっとひねくれてるけど、
青年誌に比べるとそれでもやはり王道ジャンプ漫画だから。

●あ、でもこれだけは言っておきます。
あの二人の、「描きたいものがない」
と言うスタンスだけはわからないわ。
自分はそこはこだわっちゃうし、
拘ってるであろう作家さんの作品じゃないと、
凄いとは思っても好きになりきれないと思う。

●でもダークなネタの好み度合いとか、
頭脳派系ヒーローが好きで、それでいて根本は熱血なところとかは、
俺あの主人公二人と合うな。
だから読んでてシンクロする面は案外多い。
…あの二人ほど若くもないしイケメンリア充じゃないけどな。
結婚ですって!? きいいっ!悔しいザマス!

●1巻の「あしたのジョーは大好きだったな」
「うん。…父さんもう言わなくていい。ありがとう」
でこの漫画とこの主人公好きになった。

●小畑先生の絵は、この「バクマン」で
「デスノート」のシャープでハードな路線から
ちょっとコミカルなディズニー的な動きの演技をさせるようになった。
また変えてくるなんて引き出し多いなーと思った。

●「バクマン」の演出表現、「漫画」しててイイナと思う。
俺、最近特になんだけど、中身が深かったり重いテーマがあったりしても
演出表現として「マンガの楽しさ」を大事にしてる作品っていいなと思ってる。
手塚作品がまずそうなんだけど。

●今回の8巻は、最後担当編集さんの話がちと耳に痛いですね。
…オトナに言いくるめられてるような気もするけどな!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

閉塞感

●今更ながら勝間・ひろゆき対談を見る。

http://www.youtube.com/watch?v=gqduJqJuQUs
http://www.youtube.com/watch?v=kyxMpFuInSk
http://www.youtube.com/watch?v=uwlKyWP1n2g

勝間さんの考えの根はわからなくもないが、
とにかく視野狭窄で持論の押し付け。
人の話を聞かない。
何にせよ自分は社会を単一の考えに染める人間が一番嫌いだなと思った。

…と思ったら素直な謝罪ブログ。
http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/private/2010/05/52-7a45.html
ちょっと感心。即、非を認められる人ってなかなかいないよね。見習おう。

●猪瀬氏も番組出演後自分を顧みてこういう態度が取れてれば、感心したんだけど。
氏は自分がTwitterで書いてる事と自分の取ってる態度、真逆なんだもんなあ。

●「若い新しい力と発想を」とか言う割に、まず若い新しい発想を潰そうとするところから始める既存社会。その問題点を改善するには…と言う話をしたい勝間さん自身が、新しい発想を受け入れられないという構造。縮図だなー。

●セグウェイが入ってきたら → 日本の道交法では無理と規制。
ビッグスクーターが流行り出したら → 駐車場法改正で駐禁厳格化。
WINNYの著作権に対する問いかけ → 逮捕。
ホリエモンさんが放送構造を変えようとしたら → 逮捕。
キンドルやiPad → 抵抗。
漫画が隆盛したら → 規制。

まず潰す事から始めるこの国。

●上記、全部問題がないとは言わないけど‥
(特にWINNYや著作権に関しては自分の立場だと一言では言えないので別の機会に)

でも世が変わる時には前向きに議論してしかるべきことも多い。
若い発想自体は常に出てると思う。

なのにまず「潰す」という発想。

それではこの国から世界を変える動きは盛り上がりようがないよね。
所詮外圧がないと何もできない国なのか。

●(ちょっと話は飛びますが)総務省と警察庁とは見解が違うそうです。
警察庁は犯罪防止の為ならインターネット廃止もやむを得ない、とか平気で言ったそうです(実話らしいです)。

●そういうわけで、既存社会の圧力に抗ってでも、
とにかく未来に向けてどうするか、とあがいてる人たちは、
尊敬するし応援したくもなるのです。
成功するかは別の話。
(ホラ、吉田松陰も時の政権と法に殺されてるし(汗))

…だけど、この積み重ねが世を進めるのでは。

●自分にはまだその力量も資格もないのが歯がゆい。

●「~だからできない」じゃなく「どうやったらできるか」と言う発想に立ちたい。
最初から聞く耳持たない人間が多いように感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »