« 『どうする!?どうなる?都条例―非実在青少年とケータイ規制を考える』 | トップページ | 宮台真司先生のプレゼン »

昨日の集会の実況 『どうする!?どうなる?都条例』

【どうする!? どうなる? 都条例―非実在青少年とケータイ規制を考える】
リンク先は、有志の方の実況です。
複数の方たちの実況の総合なのでわかりやすい。
詳しく実況されてる方もいます。(すごいなあ。) 
是非読んで!

実況【1】
http://togetter.com/li/21806

実況【2】
http://togetter.com/li/21854

他にもあったら教えてね。

以下、自分の昨日の実況ツィートも一応転載しておきます。
これだけじゃわかんないと思うので、
上のと読み合わせて雰囲気感じてくれるとくれると嬉しい!

Toyosima_2

上の写真は2階席からだったので少なく見えるけど、
800人の会場で立ち見いっぱいの満員御礼でした。
(1000人くらい!)
Ust配信見てくれた方は、瞬間最大で1000人、
トータルで4000人だったそうです。

※()内は状況補足文です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

(電車の中。)

●僕も向かってます。宜しくお願いします。 RT @ume_nanminchamp: そろそろ支度? 豊島公会堂非実在青少年イベント、現地に行かれる方、よろしくお願いします。 http://bit.ly/9S2wcd #hijitsuzai

(@ume_nanminchampさんは、トイボのうめ先生。)

(池袋豊島公会堂着きました。5分ほど遅刻。当然席は一杯でしばらく立ち見。2階席がまだあるとのことで2階に移動。…と思ったらそちらももうほぼ一杯。でも何とか座れる。)

(最初にまず、藤本由香里(明治大学准教授)さんから開演の挨拶。
次に山口貴士弁護士から、条例とその問題点の概要。入り口で配られた実際の条文のプリントと都の説明を引き合わせながら危険性を説明。)

●俺も今豊島います。東京都マジヤバい。「蔓延を防ぐ」つまり、悪い物として認識しろと言われてるのは確か。今西沢議員がパブリックコメントについて話してくれた。都は隠す。

(西沢けいた(都議会民主党)議員からの、パブコメの中身と、都が公開を渋った経緯の報告)

(次に、民主党・谷岡郁子参議院議員。若い子から手紙をもらった事を受けて)

●「この子たちの友達(キャラ)を奪ってはいけない」「国に都合のいい国民を作ってはいけない」「政治に無関心ではいられても政治に無関係ではいられない」「末は特攻隊に赴くような国にしてはいけない」

(いいこと言ってる‥。こういう議員さんもいるなら絶望しない。)

(民主党・吉田康一郎都議。大手新聞は議員にネトウヨのコピペ嵐が大量に届いた、と言うように報道したが、それは全くの嘘。何千ものメール、手紙が、実名で、自分の言葉で書いてあった、と。・゚・(ノД`)・゚・。)

(松下玲子都議。この人最初から闘ってくれてる)

(栗下善行都議。この人も。)

●多様な価値観を維持するのが表現の自由。何が有害なのか。フィルタリングは難しい。今回、都は踏み込みすぎてる。北野武さんの映画だって犯罪を描いてるのに

●石原都知事のもとにも手紙は行ってるはず。なのに無視。まだ問題を理解してないのではないか。

(議員さんたちの話、良かった。絶望的な時期から動いて来てくれた議員さん。市民の声をちゃんと重視して立ち上がってくれた議員さん。こういう議員さんたちを覚えて、きちんと応援していかなければいけないと思った。)

(出版業界の取り組みの話。ゾーニングは大切にやっている)

(モバイル・コンテンツ審査運用監視機構(EMA)の岸原孝昌氏・吉岡良平氏)

●休憩~

●2階席におります

●下は立ち見御礼の模様。2階席もいっぱいデス

●次は「PTAは規制に賛成」との報道は本当なのか、と言う話

(そんな事はない。問題を知らない人すら多数。親どころかPTAすら代表していない。)

(次に海外からどう見られているか。兼光ダニエル真さん)

●ダニエルさんお話うまい… 海外と日本の事情の違い

(ドラゴンボール、セーラームーンなど人気作の認知が圧倒的で、その他に萌え文化、というイメージ。日本の漫画文化全般の裾野の深さ、広がりを理解されてるわけではない。また、我々が海外の作品を楽しむように、日本の漫画を楽しんで応援してくれてる海外ファンも多い。敵ばかりではない)

(田島泰彦(上智大学文学部新聞学科)教授。マスコミの報道)

●田島教授「規制の大きな流れは既にある 美しい言葉で規制は進む 戦前もまさにそうだった」「(大手マス)メディアは思考停止している」「権力監視能力がおかしくなっている」

●「メディアをどうやって変えて行けばいいか」「遮断の思想、純粋培養、これで本当に我々の社会は鍛えられるのか 子供達は本当に生きていけるのか」「我々の社会の根源的なところまで遡って丁寧に議論して行かなければいけない」

(このあたりも僕の持論と同じ事を言ってくれた。嬉しい。)

(次に、河合幹雄(桐蔭横浜大学・法社会学者)教授。)

●法社会学の視点から河合教授。警察の偉い人にも教える立場の方。(その方から見て)「かなりとんでもない、雑な条例」

●なんでこんな条例が出て来たか。その背景。「国政がフラフラ」「警察も明日はどう動いていいかわからん」「警察はどう言う時に動くか、それは市民の味方、と言うカッコツケ」「かっこつけたつもりがみんな大反対、と言う状況」

(都条例がまさに天王山のようです!)

●(この方)警察について一番詳しい方の一人のようです。

●(警察官僚の推進勢力は)簡単に通ると舐め切ってたらしい。

(民主党・鈴木かつひろ都議から、明日(もう今日)の総務委員会について。みんなの意見を持って行きたい。)

(ここで宮台真司さん!首都大学東京教授。)

●宮台先生!明日の参考人予定。今日の話を全般的に持って行きたい、と。「荷が重い(笑)」と仰るが、ユーモアも交えた落ち着いた聞き取りやすい語りで頼りになる…

●ヤバイ宮台先生さすが。凄いw

●「子供に見える(カワイイ)キャラが日本のウリですっw」場内爆笑w
「一方でメディア推進とか言ってるはずの都の恥ずべき無理解」場内拍手

●「表現は議論のチャンス、それをハナから封殺?」

(科学的検証、凄い。頼りになる)

(漫画家先生たち登場)

●竹宮恵子先生だー山本直樹先生だー わー、うめ先生!

●うめ先生「「表現は人に影響を与えるか」そりゃ与える。自分達も影響を受けてきた。「イアラ」とか「火の鳥」とかトラウマ。そう、傷つく事も経験です。」

(そう、「影響はない」とか言う気はないんだよねー。影響させるために描いてるんだし。かく言う自分も、手塚治虫「アドルフに告ぐ」や、あとまあ思春期に「銀英伝」なんかの影響を受けてるからこういうことに関心が深いんだと思う)

(「銀英伝」にも田中芳樹先生にも今さすがに妄信してるわけじゃないけど、「自分で考えるんだよ、ユリアン」や「政治はそれを軽んじた者に必ずしっぺ返しをする」という言葉なんかは今でもいいこと言ってくれたなあーと思ってる)

●BL作家さま「BL好きが性的に逸脱してる事はほとんどみた事がない むしろ彼氏を作れないタイプ…(照)」(^^)

(最後にちょっとかわいい話(^^)。そうだよねー、漫画が悪影響を…ってそういう意味でも現状と乖離した濡れ衣もいいとこなんだよ。かわいい妄想なのに‥)

●オワタ!

(帰宅。帰りに花沢先生のところに寄る。花沢組アシさんもみんな関心深い!)

●たらいも。

(帰ってからも軽くツィート。@TETSUHENさんは、小学館IKKIの編集長様。)

●僕も何となくそういう可能性を感じています。動く事は無意味ではないと。数々の先人たちの歩みの上に積み重なる、歴史的な大きな一歩になり得るかもなと RT @TETSUHEN 僕は、この条例改正をつぶす(効力を消す)ことが万が一出来たら、今の日本~世界を変えるための「蟻の一穴」になり得ると思ってます。なんとなく…

●「世の中こんなもの」とあきらめ癖がついてしまうのは良くない

●動画のUstどこかで見れるのかな ほんとにいい内容だったのでこの問題を知らない一般の人にこそ見てもらいたい‥

(とりあえず、以上!)

|

« 『どうする!?どうなる?都条例―非実在青少年とケータイ規制を考える』 | トップページ | 宮台真司先生のプレゼン »

★表現規制問題について」カテゴリの記事

コメント

日本国憲法
第98条 この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。

もう、裁判起こすしかない

投稿: くま | 2010年12月18日 (土) 04時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106381/48391295

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の集会の実況 『どうする!?どうなる?都条例』:

» ☆5月の新作♪ [花ギフト館のブログ]
花のことなら御任せください^^ [続きを読む]

受信: 2010年5月18日 (火) 18時52分

« 『どうする!?どうなる?都条例―非実在青少年とケータイ規制を考える』 | トップページ | 宮台真司先生のプレゼン »