« 2010年5月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年6月

「ジキルとハイドと裁判員」4巻、今日発売

告知!

「ジキルとハイドと裁判員」4巻、今日発売です!
よろしくお願いします!

1526187432_89


…ちなみにまだ手元に届いてない…(;^ω^)

今回またアマゾンに表紙イメージないなあ。ショボーン(´・ω・`)

今回は雑誌掲載時好評を頂いた「金の斧と銀の斧」が収録されとります。

是非!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「みんなの党」は僕らの党ではないらしい

★★★★★★
みんなの党、弁護士の後藤氏擁立 
参院選比例代表

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003054092.shtml 

後藤=後藤啓二 エクパットの顧問弁護士 
規制強化を公約にしている。
この人は落とさなきゃ。
(弁護士・山口貴士氏のツイートより)
★★★★★★

うわあっ、出た、この男。後藤啓二!
規制推進の中核の一人!

政界大混乱なんで、「みんなの党」って応援できる党なのか否か? 
とちょっと興味が出てたんだが、
今回の都条例の動きを見てなおこんな男を擁立するとは、
これはもう力を持たせてはまずい党と確定 \(^o^)/
ある意味わかりやすいw

ガンダムエースでの富野監督とみんなの党の議員との対談を読んで、
もともとこの党は微妙だな、とは思ってたんだけどね。

そんな規制問題だけで党を選ぶのか?
と思われる向きもあるでしょうが、
例の都条例を成立させようとした動きを見るに、
民主主義も民意も舐めきった彼らの政治や権力を運営する姿勢、
態度にこそ恐ろしさを感じる
と言う事には、
今回の規制問題で声を上げた多くの方が賛同してくれると思います。

ここで彼を擁立‥とは。
「みんなの党」の政治姿勢も、
彼らと同じ穴のムジナなのか‥
との印象を抱かざるを得ないよね。

この情報、拡散推奨。コピペ自由です。

【追記情報】
非拘束名簿方式なので党が獲得した議席を個人得票数の多い順に占めていく。
つまり、みんなの党が比例区での議席を獲得すればするほど
後藤さん個人の獲得票数が多ければ多いほど、
後藤さんの当選確率は上がる

★★★

…だそうです。
漫画表現を守るためには、みんなの党には絶対投票してはならないなこれは。

【さらに追記】
僕自身、一人の候補者、一つの政策で党自体を否定することはどうかと思う部分もあるのですが、人生に関わる政策に自分の意見を反映させるには、今の制度では、具体的には「投票」しかないのです。
特に比例代表制では、個人を選ぶのではなく、党に投票する事になりますしね。
(この制度は選挙に行くたびに不快に思っていました。)

| | コメント (17) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年9月 »