« 徳間書店「非実在青少年読本」本日発売。 | トップページ | 「ジキルとハイドと裁判員」4巻、今日発売 »

「みんなの党」は僕らの党ではないらしい

★★★★★★
みんなの党、弁護士の後藤氏擁立 
参院選比例代表

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003054092.shtml 

後藤=後藤啓二 エクパットの顧問弁護士 
規制強化を公約にしている。
この人は落とさなきゃ。
(弁護士・山口貴士氏のツイートより)
★★★★★★

うわあっ、出た、この男。後藤啓二!
規制推進の中核の一人!

政界大混乱なんで、「みんなの党」って応援できる党なのか否か? 
とちょっと興味が出てたんだが、
今回の都条例の動きを見てなおこんな男を擁立するとは、
これはもう力を持たせてはまずい党と確定 \(^o^)/
ある意味わかりやすいw

ガンダムエースでの富野監督とみんなの党の議員との対談を読んで、
もともとこの党は微妙だな、とは思ってたんだけどね。

そんな規制問題だけで党を選ぶのか?
と思われる向きもあるでしょうが、
例の都条例を成立させようとした動きを見るに、
民主主義も民意も舐めきった彼らの政治や権力を運営する姿勢、
態度にこそ恐ろしさを感じる
と言う事には、
今回の規制問題で声を上げた多くの方が賛同してくれると思います。

ここで彼を擁立‥とは。
「みんなの党」の政治姿勢も、
彼らと同じ穴のムジナなのか‥
との印象を抱かざるを得ないよね。

この情報、拡散推奨。コピペ自由です。

【追記情報】
非拘束名簿方式なので党が獲得した議席を個人得票数の多い順に占めていく。
つまり、みんなの党が比例区での議席を獲得すればするほど
後藤さん個人の獲得票数が多ければ多いほど、
後藤さんの当選確率は上がる

★★★

…だそうです。
漫画表現を守るためには、みんなの党には絶対投票してはならないなこれは。

【さらに追記】
僕自身、一人の候補者、一つの政策で党自体を否定することはどうかと思う部分もあるのですが、人生に関わる政策に自分の意見を反映させるには、今の制度では、具体的には「投票」しかないのです。
特に比例代表制では、個人を選ぶのではなく、党に投票する事になりますしね。
(この制度は選挙に行くたびに不快に思っていました。)

|

« 徳間書店「非実在青少年読本」本日発売。 | トップページ | 「ジキルとハイドと裁判員」4巻、今日発売 »

★表現規制問題について」カテゴリの記事

コメント

というかですね、「みんなの党」なるネーミングを始めて見た瞬間に、大衆を騙そうとしてるな~という胡散臭さを感じましたね。
貴重な情報提供ありがとうございます。

投稿: ken | 2010年6月 4日 (金) 23時16分

ネーミング>
まーたしかに。
でもですねえ、ネーミングに関しては最近はどの党も…(^^;)

取りあえず「新」なのと「日本」なのはわかってるから、ごっちゃになるからやめて欲しい。そういう意味では「みんなの~」はまだマシでしたw

名前はともかく政策を見てから‥と思ってたんですが、
僕の立場からすると、これはもう完全にダメですね。

投稿: TAK@森田 | 2010年6月 5日 (土) 00時29分

あ、情報拡散推奨です。

投稿: TAK@森田 | 2010年6月 5日 (土) 00時29分

私も良く知らないので、応援していいのかわかりません。。。

投稿: tomo | 2010年6月11日 (金) 01時24分

渡辺さんの笑顔は素敵なんですが。。。

投稿: ゆう | 2010年6月11日 (金) 01時25分

tomoさん>
良く知らないで応援するのはまずいかと(^^;)

ゆうさん>
笑顔で投票するのはまずいかと(^^;)

投稿: TAK@森田 | 2010年6月11日 (金) 05時34分

コメント返しありがとうございます!!
とても嬉しいです。。。
少しでも勉強したいと思いました。。。

投稿: tomo | 2010年6月12日 (土) 22時30分

私もこの比例代表っていうのには納得いかんです。
個人では当選しないのに、復活できるなんておかしい。
支持したい政党もありませんしね~
白紙でもいいから投票には行かなきゃいけないとは思ってますが・・・

投稿: あろえ | 2010年6月15日 (火) 12時30分

比例代表制はちょっと・・・

あっ、スピリッツ楽しみにしています^^

投稿: はてな | 2010年6月15日 (火) 17時22分

↑スペリオールだと思いますが・・・

投稿: | 2010年6月15日 (火) 17時24分

tomoさん>
とんでもないです、揚げ足取るようなコメで
ごめんなさい~(^^;)。
なかなか勉強は難しいですよね。
もうちょっと候補者情報がネットでサクッと調べられるように選挙管理委員の方でまとめてて欲しいくらいなんだけど‥。

あろえさん>
ですよねー。
指示したい政党がないのは同じです。
しっかり調べて信頼できる「個人」に投票したいところですが…。

はてなさん>
スペリオールです~。(^^;)

健さん>
どもです~。(^^;)

投稿: TAK@森田 | 2010年6月20日 (日) 11時11分

確かに、みんなの党って胡散臭い感じします。
でも、最近の政党ってどこも胡散臭く見えてしまうのは私だけ…?

投稿: ジョシュア | 2010年6月20日 (日) 23時56分

ジョシュアさん>
胡散臭い、と言えばどこも胡散臭いです(^^;)。
反対のための反対だったり、耳聞こえのいい事ばかり言ったり、どうしようもない部分で他党の揚げ足を取ったり。

だけど一方で、それはしょうがないなと思う部分もあるんですよ。国民一人一人が諸問題に精通していない以上、票を取る為にある程度人気取りに走ってしまう部分があったりとか。

票を取らないと、現実的に政治をすることはできない。こういう「現実との折り合い」は、社会人の皆様だったら自分の生活の中でもいくらでも思い当たるはず。

国民みんなが自分のことは棚に上げて、お上にだけは夢みたいなことを求めるから、政治家も人気取りに走らざるを得ない、と言う部分はあると常々思っています。

…なので、自分としては「胡散臭い」と言う印象論だけで党を非難する気はないんですよ。

今回の事は、明確に、政策において到底飲む事が出来ないものを掲げている候補者、及びそれと「政策が一致している」党と言う事で、不支持を表明しました。

投稿: TAK@森田 | 2010年6月21日 (月) 11時17分

あ、勿論、胡散臭いのがいいとは思っておりません(^^;)。

夢みたいなことを掲げて、それに至る現実的な道筋を示せる政治家、そんな人がいたら、それは応援したくなります。

(なにが「夢みたいな事」なのかだって一人一人違うから、難しいんですけどね~。(^^;))

投稿: TAK@森田 | 2010年6月21日 (月) 11時21分

規制反対派の象徴的存在に扱われていたはずの
民主党枝野議員、どうやら規制反対派としてはフェイクだったことが判明しました。
みんなの党と組むことを希望していたようですよ。
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20100629-647144.html
向こうからは断られたようですが。
出馬会見で後藤氏と笑顔で握手し、公式サイトにも推薦コメントを
よせているみんなの党代表渡辺氏が
後藤と考えが近いことは想像に難くありません。
おそらく枝野は票目当てでオタクを釣る気だったのでしょう。

投稿: m | 2010年6月29日 (火) 18時32分

mさん>
みんなの党との連携示唆はガッカリしましたね~。

ただ、枝野氏はこの問題に関してごく初期から真摯に対応して下さっていると言う情報も聞くので、一応慎重に見極めて行きたいと思います。

…と言うか、どこも安心して入れられる党がない…
__| ̄|○ガックリ

投稿: TAK@森田 | 2010年7月 1日 (木) 03時49分

枝野氏ですが、残念ながら本当は裏切り者といって過言ではなかった証拠がもう一つあります。
彼はネット規制を主張する部落解放同盟系のゼネコンからも献金を受けています。
(これは政治資金規正法に基づく届け出がされているのでH16.9.10付け官報に掲載されています)
そもそも本気で彼がオタクのために動くなら、
党内の強硬派である神本や円を何としても説得していたはずで、
所詮票目当ての行動だったのでしょう。
また、規制派団体として知られる矯風会の直系団体
バウネットは民主党の一部や社民党ときわめて近く、ピースボート等で
彼女らが社民と行動をともにしていますし(これは中心メンバーの名前で検索すれば山ほど証拠が出てきます)、また彼らも
オタクの味方等ではなく票目当てのマッチポンプをやっていた可能性が非常に高いと思います。

投稿: m | 2010年7月 5日 (月) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106381/48539483

この記事へのトラックバック一覧です: 「みんなの党」は僕らの党ではないらしい:

« 徳間書店「非実在青少年読本」本日発売。 | トップページ | 「ジキルとハイドと裁判員」4巻、今日発売 »