特撮・ホビー

ガンダムにお髭が生えていますか?

ナンカカッコイイオヒゲノロボットガウッテタカラカッテキタヨ

01

02

       .., -ー-、..    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     〈=◎=-,___〉  | 
     |(゚ー゚*|-| `i, <   よしなに。
  ⊂llこ,円(){.,!、ノ  | 
     |== ∪、|^|   \__________
     〈_,〈__),ノ y'
      ∪ ∪

ついでに横浜のあおい書店へ。紡血平置き発見!!

Cucaoi00 

Cucaoi02

あおい書店! ガッツあるぜ! 

       .., -ー-、..    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     〈=◎=-,___〉  | 
     |(゚ー゚*|-| `i, <   よしなに。
  ⊂llこ,円(){.,!、ノ  | 
     |== ∪、|^|   \__________
     〈_,〈__),ノ y'
      ∪ ∪

  ☆ チン     
                        
       ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ヽ ___\(\・∀・) < メガハウスのソシエタンまだ~?
            \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
       |  愛媛みかん  |/

| | コメント (8) | トラックバック (0)

今更ですが電王面白いです

すっかり乗り遅れていた仮面ライダー電王

先日田畑さんの所で1、2話見せていただきました

こりゃ面白い。アイディアいい。初っ端からキャラ立ってる。脚本うまい。龍騎の小林靖子先生かー。素晴らしい。映像やテンポも気持ちいい。「今まででもっともライダーらしくないライダー」と言われるほど新しい事やってると言うのに、トータルのクオリティー、高!! 田畑さんのところにも書いてありましたが、「継続は力なり」ですね。平成ライダーの積み重ねが相当高いレベルの仕事を可能にしてる…(んだと思う) ちゃんと子供が楽しめる脚本であり、特撮の宿命である「おもちゃ展開」にもアピールし、おそらくスケジュールや予算などの大人の事情もクリアしながら、うちらが見てガチに面白い。ドラマより絶対レベル高いと思う。LOSTとかの洋ドラマに対抗できる可能性があるのは断然こっちだ 凄いなあ。勉強になるなあ

で、さっき朝やってるのをリアルタイムで見れた。おお、憑依してるイマジン増えてる このそれぞれの憑依体に対して戦闘フォームと人格が変わるんだ。平成になってから定着した「複数のライダーが対立する事によって盛り上がるドラマ」をこんな形で崩してくるとは脱帽。龍騎は衝撃的だったけど確かにそろそろ少々マンネリだったもんなあ。

そっか、ヤッターマンなわけですね。「今日はヤッターペリカンだ!」とかそんな感じ。奇しくも(と言うか意識してるのか)タイムスリップ物なわけだし

電車だけあって銀河鉄道999も思い出した。パスが絶対なあたりとか。

あと聞いてた印象よりは、ちゃんとバイク乗ってて安心しました。ゲーセンの体感バイクゲームみたいだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思いつくまま雑記

●アマゾンで注文した「バガボンド24巻」「バガボンド画集 WATER」「バガボンド画集 墨」が来ない。配送予定が25日~26日になってる。しまった。画集に合わされた? 少なくとも24巻はもうコンビニに置いてあるのに。ショック。

●「いじめゼロ件」報告ヒドすぎだね。おまいらに教育のキョの字も語る資格ナシ。結局本人が強くならなければどうにもならない部分はあるからいじめそのものにどうこう言う気はあまりないんだけど、その「事なかれ主義」には反吐が出る。でも日本人の体質なんだよね。ぶつかり合ってでもより良くしていこう、という姿勢よりも、なあなあで丸く治めることを良しとするのが日本の「和」の思想だから。談合しかり。派閥へのポスト振り分けを餌にした総裁選前の根回ししかり。(小泉の派閥破壊はなんだったのだ?) そのムラ思想に合わない人間は、「問題児」として疎んじられる。自分も仕事関係で感じる事あるし、どこでもそうなんだろうけど、やはり教育の現場でもそうなんだろうな。根は一緒だ。(勿論そうじゃない方もたくさんいて、そういう方たちの評価のおかげで、今、何とか頑張ってます。)

●ディープインパクトの子供になっても、早く走れなかったら殺される。ハルウララの取材してた時競馬関係者が言ってたけど、稼げない馬の維持費を出せるほどみんなお金持ちじゃないんだよね。その辺は人間社会以上にシビア。だから、ハルウララ人気には競馬関係者自身が釈然としない顔をしていた。勝てなくて殺さざるを得ない馬を身近で何頭も見ていたからだと思う。野生はもっともっと厳しいだろうし、動物に幻想を当てはめるのはよした方がいい。たぶん、なんやかんや言ったって人間社会が一番やさしい。

●でも確かに自分の子供がそういうスパイラルに陥ったら…と思うと、やりきれなくなる。子供いないけど。だから、自分の大事な人には「強くなって欲しい」と思う。

●話はガラッと変わって、野球に興味ない私が適当に発言。新庄的なものを押さえて押さえて、それで人気回復すると思ってるのかしらん、野球関係者は。まあ、自分たちの大事なもの(なんじゃそりゃ)を守って滅んでいく覚悟があるならそれはそれで美しいけど、ファンを楽しませるために孤軍奮闘していた新庄が哀れなような気がしてきたり。新庄を押さえてる人間たちは、野球人気回復に何か貢献してるのか?(www 

●近況。うわあああ、9話原稿UP以来、寝ても寝ても眠たくなる!!!どうしちゃったんでせうか。原稿中のラストは寝なさすぎだったからか?にしても時間がもったいない。原稿中パソコンが1台クラッシュしちゃったんだが、その復旧もまだやってないです。早くやらなきゃ!!

●先日の「絵師バトン」の「尊敬する絵師」に、富士鷹ジュビロ先生を入れていませんでした。自分を作っている細胞の一つなのに!なんて失礼な。

お詫びと言うわけではないが、初めて食玩以外のいわゆる「美少女フィギア」を買ってしまった。(後ろに見えるユマ・サーマンとGOGO夕張@栗山千秋は無視する方向で。)Img_0735

Img_0736

しろがね~~!!!  (´Д`;)ハアハア

でも本当は加藤鳴海とセットで欲しいの。もっと言うと「うしおととら」が欲しいの。なんで「女の子のみ」で出すのだ!

(実は一緒にシェリス・アジャーニーも買ってしまったのだが、これも本当は劉鳳・カズマ・かなみとセットで飾らないと意味ねーなーと思ったり。)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ウメコがモナミに!!

capeta_09 我が尊敬する心の師匠(勝手にね)の一人、曽田正人先生「capeta」。モータースポーツが舞台の漫画ということもあり、当然、今最も続きが気になる漫画のウチの一つです。

その「capeta」、今アニメもやっているのですが、1月10日からの中学生編から、主役達の声優陣が代わるそうです。おお。

そしてなんと、ヒロインの鈴木茂波役に、あのデカレンジャーのウメコこと、菊地美香さんが!! (いろんな意味で)キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!

ソース。菊地美香さん本人のブログ。(チェックしてるのかよ!)

特撮から離れてた僕を引き戻してくれたのは「仮面ライダー555」「仮面ライダー龍騎」だったんですが、一年間リアルタイムで追って最も楽しませてくれたのが、去年までやっていた「特捜戦隊デカレンジャー」でした。

いやもうアツい!毎回の話がバリエーション豊かで工夫されている!厭きさせない!

そして何と言っても、5人(+3人)のキャラクターがめちゃくちゃ良かった!

dekaforeverphoto

(C)2004テレビ朝日・東映エージエンシー・東映 掲載に問題があったらお知らせください。削除します。

仮面ライダーの「ちょっとオトナ路線」の良さとはまた違ったスタンスで、あくまで子供向けの爽快感を大事にしながら、大人としてもニヤリとする要素がたくさんあったのが良かったです。イケメン俳優そろえてヤンママ味方につけたライダーに対して、こっちはおとーさんアピールの要素も高かったと思う。基本が刑事ドラマって事でオトコ臭い話が多かったのも良かったし、なんと言ってもヒロインのジャスミンウメコがかわいかったのだ!(笑)

女性陣だけでなく男性陣(バンホージーセンちゃんテツ)もみんな気のいいあんちゃんたちで好感持っちゃったんで、デカレンジャー終わったあとも俳優さんたちのその後の活躍はけっこう注目してました。「富豪刑事」で深キョンの相手役をやったバン、「アストロ球団」で主役を張ったホージー、あの「ガラスの仮面」のアニメで麗役をやってるジャスミン、NHKの「ニャンちゅう」のおねーさん役を射止めたウメコ(こーゆーのめっちゃ似合ってるなあ)など、情報入るたびにちょっと嬉しくなっちゃったもんです。特にジャスミンとウメコは声優としても活躍し始めたようで、なんというかより身近になった気分。実際こうやって、思い入れのある作品に登場してきちゃったりするもんね。

てなわけで、10日からの「capeta」中学生編、(いろんな意味で)楽しみです。

曽田先生作品、原作はホントに凄まじいカリスマ作品だから、是非頑張って欲しい。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

横浜ヨドバシ開店 & 映画「ルパン」

横浜西口のヨドバシカメラオープンしましたね!!! 早速行ってきましたよ。秋葉原に次ぐ国内最大規模のヨドバシ。家からこんな近くに出来てひゃっほう!です。これからは職場近くの上大岡ヨドバシを羨ましがらなくてすむぜー(笑)。でかかった。混んでたなー。

ま、でも、いくつか不満点。

1、駐輪場がなかった。でも駐車場もなかったし、しょうがないかな。

2、あそこまで品揃え抜群なのに、WACOMの筆圧感知液晶タブレット(CintiQシリーズ)が置いてなかった。(展示してあった奴に比べてこっちの方が格段に優れ物ですから、ぜひ置いといた方がいいですよ>ヨドバシさん)

3、DVD売り場、特に洋画コーナーがイマイチ小さ目・・・? あれならジョイナスの新星堂の方が大きいかな・・・? もっとドビックリするほどの品揃えを期待してしまった(笑)

まあでも、基本的にはあそこに行ったらなんでもそろうような物凄さだと思います。ガンプラや食玩やフィギュアも充実してたし。あと、夜横浜駅西口を出たらヨドバシの照明がギラギラしてるのは、ちょっと派手でエネルギッシュでよかった。今後あっち中心に発展していくのかな? だと面白いな。いろいろ出来てほしい。

★★★★

映画「ルパン」見に行きました。もう近くの映画館では公開終わってたんですが、厚木の方で特別上映やってたんで、ちょっくら遠征。自分の漫画にまで登場させちゃうほどの筋金入りのアルセーヌ・ルパン・ファンのこの俺が、見に行かなくてどうする!! (危うく見損なうとこだったぜ!)

で。

フランス映画なんであまり期待はしないようにしてたんですが、いやいや、思いのほか傑作でした!! 「ルパンファン」心理差っぴいて1映画ファンとして見ても、そんなに悪くないと思います。出来の良し悪しで言っても少なくともスターウォーズのEP1あたりやローレライあたりよりは、僕なら断然お勧めする。 それどころか、今年は「バタフライ・エフェクト」「キングダム・オブ・ヘブン」「バットマンビギンズ」とかなり高レベルのお気に入り良作が続いたんですが、ルパンファンの贔屓目まで加えちゃうと、これらの映画よりもさらにぐっと来ちゃったかもしれないです。まさか今になって、これだけのレベルでアルセーヌ・ルパン映画が見れるとは!!!

ってわけで、近いうちにレビュー書きます。DVD出るかなあ。出たら絶対買う。

続編作らないかなー。次こそは是非「奇巌城」か「813」で!!!

| | コメント (6) | トラックバック (1)

S.I.C. ナイト&王蛇届いた

ヤフオクで手に入れた(と言っても高くないよ)ナイト&王蛇届きました。
ってわけで、こないだの続き。龍騎とタイガを狙うゾルダを止めに、ナイト参戦!


ナイト「…おい北岡、どういうつもりだ」

ゾルダ「あれ?邪魔するの?」

knightouja

ナイトとゾルダ、対峙。その時背後に王蛇が。

王蛇「あ~、イライラするぜ…」


一方、龍騎。泣きながら謝るタイガに気勢をそがれてしまう真司くん。

龍騎「…くそ、わかったよ、もう…」

ryuukiabunai

しかしタイガ、背後からキラーン!! 危ない真司くん! 志村後ろ後ろ!!


一方555。

ポツーン。

555-01

まだ絡ませれる相手がいないんで寂しいです。早くオートバジンでねぇかなー。

★★★

なんていうかコレクター魂止まりませんね、俺。一度買い出すとこうなるから最近のフィギュア&食玩ブームにはしばらくあえて目をつぶってたんですが、結局やはりこうなった…。まあいいけど。

言い訳するわけではないが、一応SF系冒険モノ系ヒーロー物系描きたいものにとっては、いやそれ以外の者にとっても、こういう最先端の造形美に触れていることはとても大切なことなんですよ。なんですってば!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

仮面ライダー響鬼とホーリーランド

近いうちに仮面ライダー響鬼について書こうと思ってたんだけど、ちょうどがんまくんとメッセでやり取りしたので、横着してそれを転載(笑)。 TAKが俺です。

がんま :昨日の響鬼みた?

TAK :みたみたー

がんま :なかなか名作の悪寒なんですが

TAK :お、そうかー。うん、斬鬼さんと轟鬼さん良かったよねー

TAK :あきらちゃん 裸フラグ立ったか? と評判(笑 次回「はだける胸」

がんま :うはは(笑

がんま :なし崩しだったブレイドに比べて、クウガの時のようによく人物描写が出来てると思うよ

TAK :うん、それはそうだよね。(俺クウガはまだ見てないんだけど)

TAK :でも、実は俺ちょっと、明日夢君がちょっとあまりにも不甲斐なさ過ぎてちょっとイライラしてるかも。

がんま :明日夢君はねぇ...あの今風じゃないキャラはどうにかならんものかね(笑

がんま :今の若い子を描写するのって難しいのかなぁ

TAK :うーん、普遍的なものでいいと思うんだけどな。なんていうかさ、響鬼さんへの憧れの方向性もなんか気持ち悪い。沖田艦長と古代進も、ランバ・ラルとアムロも、赤木総一郎と軍馬も、伊藤一刀斎と佐々木小次郎も、ストレイト・クーガーとカズマも、あんなにべたべたしてないじゃん。

がんま :うん、なんか期待してるって感じが嫌だなぁ

TAK :鬼(ヒーロー)になりたい、憧れたりとかもあまりにも全くないのも感情移入できないかなあ・・・あのキャラ使って何がしたいんだろう・・・(まあわかるけど)

がんま :そうそう、弟子になりたいワケじゃないってセリフがあっさり出てきたのもドキッとした

がんま :え、そうなん~って(笑

TAK :そうそう!! あと、響鬼さんたち側もね、ちょっと甘やかせすぎかも

がんま :まぁ、いつまでも見てるのは嫌だ、俺がヒビキさんを守るんだぁ~うおおおおおってのもどうかと思うけどね(笑

TAK :んー、でも傍観者で何もアクション起こさないよりはいいかなあ>うおお

TAK :それで無力さを痛感してかえって迷惑かけて、弟子入りを決意するとか

TAK :いや別にすぐ弟子になります!!ってんじゃなくてもさ、部屋で一人でちょっと響鬼さんの構えをとってみて、はっと我に返って赤面するとか・・・その程度のもないんだもん。

TAK :ドラマが絡んでるように見えなくて、「明日夢くんイラネ」って気になってきちゃって・・・ 。ちょい役ならいいけど、一方の主人公が毎回慰められて終わりって、それじゃあフラストレーションばっかりたまってカタルシスがないっす。お姫様か、あの子は(笑)。

がんま :明日夢君が何をしたいか全く見えないのが一番問題かな(笑

TAK :そうそう。一話で見せてたように、「ブラバンやりたいんだ」って確固たる気持ちがあるんなら弟子にならなくてもぜんぜんいいんだけど。

がんま :70年代的な熱血バカヒーロー路線ではなく、深い思慮があると考えたい。。。

TAK :バカヒーロー>演出はあれだけど(笑)、根っこのところは普遍的な気持ちだと思うけどなあ

がんま :やりたい事の見つからない最近の若者をモデルにしているのかもしれないし

TAK :だいたい、同じ歳の女の子が同じ受験をこなしながら鬼の弟子やってるのを目の当たりにして、それでも気持ちが動き初めないところで決定的に感情移入できなくなった。自分を省みて衝撃受けるでしょ普通。若ければ特にさ。

がんま :あ~あきらキュンと比べてあまりにもイタイ瞬間だった>心動かず

TAK :なんか、俺ずっと好意的に(ある意味目をつぶって)見てたんだけど、あそこで決定的に「ダルイ」と思っちゃったんだよなー

TAK :職場では好評なんだけど、俺だけちょっと醒めた目で見気味(苦笑

TAK :流れ自体はいいんだけど、10話もかけてるんだから、もうちょっと一歩一歩絡んでいって欲しかった。デザインや他のシーン(戦闘とか音撃とか魔化魍封印とか)がかなり好きなんで、好意的に「待ってた」んだけど、ついに10話目前後で気持ちが離れちゃった・・・ でも、斬鬼さん達登場でまた気持ちが盛り上がってきたかも

がんま :オメーイラネ と思ってた中、斬鬼さんエピソードで急上昇ですよ(笑

がんま :実は、ここ三週ばかり見てなかったんよ。明日夢君万引きストーリーあたりから(笑

TAK :そっかー(笑

TAK :俺も、ビデオとってても、「見たい」って気が起きなかったんだよね、最近

がんま :んで今回見て、お、面白くなってるんじゃん、ってなもんで(笑

TAK :

TAK :ここで、離れかけてた気持ちがまたぐいっと惹きつけられました(笑) まあ、ライダーたちに関しては、一貫してかっこいいし。

がんま :斬鬼さん残ってほしいなぁ

TAK :うん。あの二人はキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!だったから、消えないで欲しい>斬鬼

がんま :なんかね、響鬼に出てくるライダーの皆さんは職業意識?ってのがあるでしょ。あれがイイね

がんま :平成ライダーにはなかなか生まれてこなかった要素だ

TAK :あ、それはほんとにそう! >職業意識

TAK :ブレイドも放送前は設定見てそこに期待したんだけどねー。 あっという間にプー(笑

TAK :デカレンジャーもそこが良かったかなあ。

がんま :確かに、デカレンもそうだね

がんま :まぁ、戦う意味を見つけるってのも最近の流れなのかもしれないけどね

がんま :その辺はやっぱ龍騎がね

TAK :龍騎は良かったー

TAK :あ、そうだ、ホーリーランドって漫画&ドラマ知ってる?

がんま :気になってるんで今度読むつもり>ホーリーランド

TAK :ホーリーランド>めっちゃいいよ!!! 主人公元引きこもりなんだけど、明日夢くんに比べてずっと「自ら切り開いてる」感じがしてずっと気持ちいいしカッコイイ。「戦う意味」についても、光と闇どっちについてもガッツリ描いてる。そういうテーマ的にも、もうホント凄くいい。

がんま :あれ白泉社だっけね

TAK :俺今イチオシ、原作もドラマもめっちゃはまってます。 あっちも若い奴に人気(主役のイケメン俳優さんももともと原作の大ファンで、監督に猛アピールしたそう)なんだけど、あっちはぜんぜんわかるんだよ。

がんま :ヤングアニマル?

TAK :そうそう。確かベルセルクと同じだよ

TAK :ドラマ版もできがいいんだ、これが。

TAK :脚本黒田洋介さん。

がんま :へ~そりゃすごいな

がんま :それだけで見る気がするわ(笑

がんま :黒田脚本結構クセモノですから(笑

TAK :今回は原作すっごい大事にしてるから、その辺はないかも(笑>クセモノ

TAK :でも多分黒田さん好きな仕事だと思うよ。スクライドだし

TAK :監督、平成ガメラの金子修介さん

がんま :おおっ、そうなのか!

TAK :画面作りがめっちゃカッコイイしテンポもアクションもいいっす

がんま :早速チェックするよ。

TAK :http://www.tv-tokyo.co.jp/holyland/

TAK :ホーリーランド・ドラマ版HP

TAK :響鬼についての記事書こうと思ってたんだけど、これちょっと編集して使っていい?

TAK :ちゃんと書こうと思ってたんだけど、書き方が難しくてねー。響鬼にすっごい期待してる気もちと、どうしても明日夢くんの使い方に文句がある気持ちとあって(笑

がんま :うん、いいよ~どぞ~

がんま :全てネタであるべきの私スタンス(笑

TAK :さんくす!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ビバS.I.C.

龍騎 「お前、なんであんなことをっっ」

タイガ 「やめてくれよぅ~」

IMG_0322

真司くんは格闘技はシロウトなので、こぶしを振り上げちゃってます。だから神代ユウなら多分簡単にパンチ入れられます。あんなマスク殴ったら多分こぶし痛めるけど。ちなみに右上はゾルダの足。

IMG_0318

ゾルダ 「・・・ふん。油断しすぎだね」

弁護士先生、真司くんごと狙っているのでしょうか。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この前発売したS.I.C.の555(ファイズ)があまりにどこも売り切れなもんで、買うつもりなかったのに思わずゾルダ&タイガを買っっちゃいました。(龍騎はすでに持ってた。)ところがこうやって戦わせて見たら、なんとまあ、思いのほかなかなか楽しい。最初かっこ悪いと思ってたゾルダのデザインも、S.I.C.の名アレンジの賜物かめちゃくちゃかっこいいって気になってしまったし。計算外にいい買い物しました。もうホクホク~。こうなってくると、是非ナイト&王蛇も欲しいぞ!!

ナップスに行ってちょいとバイク用品を買ったあと、散髪してもらいに実家に帰省。(弟が美容師なのさ。)

するとそこで、驚きの事態が…!!!

IMG_0321

あった!! あったよ555!!!!

ボークスにもコトブキヤにも秋葉原にもなかったのに!!!

実家のマンションの入り口付近の、人通りもまばらな閑散とした場所に新しくできた、小さな小さなホビーショップ。なんと言うか、「うち専用か!?」って思うぐらいの笑っちゃうくらいの位置にできた小さなホビーショップに、それはありました。ウホッ、いい555!なんじゃそりゃあッ!! ここかよ!

へい、買ってきました。今から遊ばせていただきます。

もうむっちゃカッコイイですよ、ええ。

ちょっと今テンション高いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)